_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0138.JPG
無観客ワンマンお疲れ様でした。
平日にもかかわらず、たくさんの方に見ていただけたみたいで感謝してます。


届きましたかね。僕らの全力。
少しでも楽しんでもらえてたらなって思います。


本当にここ数ヶ月、自分の中で色んな葛藤がありました。あげたらキリがないくらい、答えの見えない中でずっと悩んでました。
メンバーとも何度も話し合いました。「これからどうしようか。」って。


悩んでも悩んでもなかなか答えはでなくて、時間はかかったけど、その中で出た答えが『今まで通り、今まで以上に全力を尽くす』でした。
それはずっと僕らが掲げてきた言葉で。
結局そこに返ってくるのかって感じで、その答えが出てからはまた少しずつ前を向いて進もうと思えました。


目の前にみんながいない空間に寂しさを感じるのは変わらないけど、それはきっとみんなも同じだと思う。
しばらくは画面越しでしか会えない日々になりますが、それでもみんなが退屈しなくてすむように全力でやれることをやってみようと思います。


そして、クラウドファンディングもたくさんのご支援ありがとうございます。
目標金額も高く険しい道のりではあるけど、たくさんの方のおかげで目標金額にだいぶ近づく事ができました。本当にありがとうございます。
まだ締め切りまで時間はありますが、どうか無理のない範囲で僕らの音楽やライブに興味を持ってもらえたらと思います。よろしくお願いします。


ということで、改めて『否定ノ否定』ツアー初日にしてツアーファイナルお疲れ様でした。
またみんなと一緒に音楽できるのを楽しみにしてます。
これからもコドモドラゴンを、どうぞよろしくお願いします。




こんにちは。
みんな元気にしてますか。


今日からコドモドラゴンもクラウドファンディングが始まります。
ここ数ヵ月はじめての事が多すぎて、自分でも何をどう伝えていこうか悩むことが増えてきたってことは、少なからず、それを見守る皆にも不安や心配が及んでるのではと思って、こうして久しぶりにブログなんて書いてます。
なのでクラウドファンディングに関して少しだけ言葉を足させてください。


ワンマンツアーが全て中止となってしまったけど、このまま何も残せず全てが終わってしまうのはどうなんだろうという思いがありました。
ライブで皆の前に立つことも叶わずに、時代やタイミングが悪かったという言葉で済ませるには寂し過ぎると思いました。
そして、何より僕らが動かなければコドラの皆に選択肢すら与えれないことが嫌でした。


僕たちは一人でも多くの人に音楽を聴いて楽しんでもらえればと思ってます。
一人でも多くの人にこのライブDVDを手に取ってもらえたらと思ってます。


はっきり言って、結果がどうなるかとかそんな事はやりきった後の話なので自分でも分かりません。
コドモドラゴンとコドラで自分たちなりに頑張って行き着いた先が結果ならばそれでいいと思ってます。
無理しなくていいです。いつも通り自分の範囲で全力で愛して全力で応援してやってください。


うまく伝えれたか少し自信ないけど、これからもコドモドラゴンを愛してもらえたら、まずはそれが一番です。
これからもコドモドラゴンをよろしくお願いします。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9679.JPG
2020年一本目にして『Hello,ANONYMOUS』ツアーファイナルO-EASTお疲れした。


5年ぶりのO-EAST、昔は大きな会場だなって思ってた。そしてこの会場をパンパンにする日を目指してやろうと思った。
そしてそれが叶う日がきた。
しかもあの頃よりもバンドもファンも格段にカッコよくなって。


今ツアーが今までの人生の中で一番楽しかった。
当たり前か。『昨日より今日』て言い続ける俺らのことだから。
でもね、本当に今ツアーの一本一本が今までで一番だった。そしてそれを日々更新してったって感じ。
全国のみんなサンキューな。


それで迎えたファイナルだもの。バンドもファンも何もかも含めて最高だったな。
やっぱりコドモドラゴンのライブは楽しい。
そしてツアーファイナルはセットが毎回すごい。


何があっても絶対に来た方がいいよファイナルは。
だってさ、あんなセット組まれた極上空間そうそう無い。少なくともインディーズ界隈ではどのジャンルでもなかなか見ない。贅沢な話さ。
あとでDVDで見るのとはわけ違うよ。スケールが違う。
そして集まる人数も多いからライブのパワーも格段に違う。


少しずつだけど、確実に前に進んでいるこのバンドはいつからか1000人規模の会場さえもライブハウスとして飲み込んでしまうまでになった。
それを証明した2019年。
次はまた一つコマを進める。
また険しい道を歩みますよ。


その一歩として、次のファイナルはホールで決めてやろうかと。


三年ぶりくらいになるのかな。中野サンプラザぶりのホールワンマン。
当時は悔しい思いしたな。動員的にも技術的にも。


だけど今回はそうなるわけにはいかない。そうなる気はさらさら無い。
平日だろうが何だろうがホールでも納得いく一日を作り出す。全てにおいて。


先にも書いたとおり、絶対にすごい一日になるから。音楽もステージセットも何もかも含めて。
だから、平日だけど全員集合です。


僕らの手で『渋公(LINE CUBE SHIBUYA)『ライブハウス』にかえてやろう。


ファイナルの会場をなかなか決めれなくて困ってたが、ギリギリでこの会場を抑えれたのも何かの縁だろう。もしかしたらホールへの因縁かもね。
で、最初は地方の本数も発表したものより少なかったんだけど「ホールワンマンへ向けてこれじゃ足りねぇ!!」てことで、無理矢理あいだをぬって本数追加してブチこみました。
平日が多くなってしまったのはその為です。すまんな。
スケジュール的にどうしてもブチ込めなかったところもあるけど、惜しくも地元公演がない人は今回はその気持ちを持って外へ繰り出してもらえたら嬉しい。


次に進む上で覚悟が大事になってくるわけだが、こう見えて実際俺は毎回ビビってます。
「もしかしたらダメかもしれない」ってそんな事が頭を過ります。
だけどここで引いてどうすんだよって感じです。今こそまた先へ進む時だと思えたから、ビビリながらでもなんでも前へ進んで行きます。
先陣はきるので、あとはその後ろについてきてもらえれば十分です。
FC先行やら何やらで慌ただしいとは思うけど、まずはエントリーせねば何も始まらないので話はそれからだな。
みんな後ろについてくる準備を!!


君たちが側にいてくれるなら、俺は安心して音楽探しの旅に逝ってきます。
みんなも現実と闘って頑張って生きてください。
それじゃあ、また会う日まで。





あ、ツアーファイナルもだけど俺の誕生日もどうかよろしくお願いしますよマジで。

↑このページのトップへ