_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9581.JPG
せんだい。


お疲れ様ね。
たくさんの仲間が集まってくれたね。やるね仙台。


細かいことはさておき、最後の『DOUBT』でこの日の全ての答えを見た気がする。
絶景だった。


こんな日々を過ごしているとぶっちゃけ「今日の自分はダメだったんじゃないか。」とか思ってしまう日もある。
だけど、そんな自分のちっぽけな事情はどうでもいい本当に。
「目の前にいるこの人は、もしかしたら次はいないかも。」って思うと、どうにかして最高の一日にしてやるしかないって、弱い自分を刻み殺して踏み台にして歯食いしばって自分を奮い立たせてステ-ジに立ってます。
一発勝負のこの世界は毎度すごく怖いけど、それでも好きで選んだこの人生だから逃げたくない。


このバンドは恐ろしい。
バンドもファンも常に成長し続けている。
だからこそ先陣をきる者として、これからも死ぬ気で戦い抜いてやろうと思う。
その先でみんな一緒に笑い合えたらなってそんな事をいつも思ってます。


さて、このツア-も残すところ関東圏のみとなったけど、更に盛り上げていこうかね。
とりあえず、あともう少しでファイナルもソ-ルドできる(と信じてる)のでファイナルは絶対みんな来てください。
俺らの音楽はすごいぞマジで。


それではまた会場で。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9537.JPG
かなざわ。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9538.JPG
にいがた。


北陸お疲れした。
なんでしょうね、このツア-は一日一日色んな表情を見せてくれるね。
ステ-ジ上の僕らは勿論、フロアのみんなも含めて。
今まで以上に日々を濃い時間ですごせてる。思惑どおりを通り越して想像以上です。


最近ブログを書くのも一苦労だよ。なにせ本当にその場で全てを出し切れてるから。
だから、改めて文章を書くとしたら「ありがとう。」以上の言葉が見つからない。
これを語彙力のなさと言われたら「ライブハウスに来たらこの言葉の意味が分かるよ。」としか言いようがない。


何回もやってるはずの曲に何度でも感動できるのは、毎回違った景色を見れるからだ。
演る側の僕ら自身が自分たちの音楽に飽きるということがない。メンバ-全員が専らのコドモドラゴンファンなのだ。つまりコドラなのだ。


だから毎回君たちと同じようにワクワクしてる。今日はどんな一日になるだろうかって。
だからこんなにも面白いんだろうな。


これからも君たちらしくコドモドラゴンの音楽を愛しておくれ。
その先でお互いが見たい景色を一緒にみよう。


さて、もう言うことないんで、この素晴らしき過去を塗り替える為に今日の一日をどうしてやろうか考えよう。


今日の僕らはどう生きる?

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9474.JPG
たかまつ。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9473.JPG
おおさか。


うん、いいツア-になっている。
どこもかしこも多くの仲間が集まってくれる事に感謝してるし、何より前のワンマンツア-とはまた違う、一曲一曲に対する重厚感を作り出せているという実感もある。
そしてセットリストから何から全てがバシッとハマった時にまた想像を超える何かが生まれ、それを残す事ができてる。


セットリスト一つ組むのも楽じゃない。けど、すごくワクワクするよ。毎回みんなのこと考えるから。
前日までの自分たちは勿論、過去その会場での記憶とか空気感とか。全部残してあるやつを見返したりして。その度に記憶が蘇る。
これは最早『愛』だ。
愛と呼ばずしてなんと呼ぶ。


好き好きは一方的な感情でも成り立つけど、愛情ってのは相手あっての感情。『恋は盲目』とはよく言ったものだ。恋なんて身勝手なものだ。
愛って深ぇ…。


求めるだけがア-ティストならそんな楽な事はない。そんな無責任な事はない。
『求めたければ、こっちが先に提示する』それが俺らの音楽スタンス。
これからも人の感情を揺さぶる音楽を求め続け、それを突き付けていこう。


さて、そろそろファイナルのチケットは残すところ100を切る頃だろうか、はたまたその手前で苦戦してるのだろうか。
まだ詳細は分からないけど、どちらにせよあとそれくらいの数字です。
数字に拘る気はないけど、どうせやるなら一人でも多くの仲間と音楽したいんで、このブログを読んでくれたなら是非遊びにきてください。


そんな感じで、残りのツア-も全箇所よろしくお願いします!!

↑このページのトップへ