今回は、私の学校でもうすぐ卒業式があるということで、私の中学校生活について書こうかなと思います。

私は元々、馬鹿真面目というか、ノリが悪いというか、つまりそういった静かな類の人間でした。コミュニケーション能力も高くなく、中学2年生の頃には「地味ーズ」と呼ばれる人達の一部でした。
中学生活の中で積極的な自分に変えていきたいと思ってはいたものの、変わるきっかけもつかめず、真面目なことも馬鹿にされ、だんだん真面目であることが嫌になっていきました。

そんな中、インターネットで歌詞太郎さんを知りました。真面目に頑張ることはかっこいい、と堂々と胸を張って言っている歌詞太郎さんが、とっても輝いて見えて、ああ、真面目でいいんだ、と思うことができ、すっと心が軽くなりました。
こんな人になりたいな、と憧れの人を発見したのもその時です。

そして歌詞太郎さん、またその後に知ったイトヲカシの楽曲をずっと聴いていたら、元気が湧いていて、いつのまにか不思議と前向きで積極的な性格になっていました。昔と変わらず真面目でありながらも、失敗を恐れず、笑顔で生活できるようになりました。
そのおかげか、3年生になると真面目で口下手な私も受け入れてくれるような素敵な友達が増え、楽しい学校生活を送ることができました。

中学生の時期のこの成長は、これからの人生でも役に立つ、すばらしいものだと思います。
心身共に変わることの多い思春期に、歌詞太郎さん、イトヲカシに出会うことができて、本当に良かったです。自分の人生を明るい方向に変えることができました。心から感謝しています。