あ、

え?

だれのことだっけ。


忘れるくらいならそんなに強い想いではなかったのかもしれない。

ね。