とあるライブの打ち上げで、チェコチームのスタッフの方に言われた一言がありました。その一言を境に、歴史は動いた ってやつ!!本当ターニングポイントだと思う。

最初はきっと認めたくないから反抗してた。少なからず私達は私達なりのスタイルを持って全力でやっているつもりだったから。。。でもそのスタイルってものはただの逃げ道だったのかもって思う節もあります。本当難しい。


もらったその言葉を改めてメンバーで考えた時に心にくるものがあって、ずっと誰かに言って欲しかったような、この痛みが気持ち良かった!!


その時絶対に負けたくないって思ったんだ。もちろん皆凄くヘコんでたけど、でも一周回る事ができた。まだまだ私達やれる!!反骨精神ってこういう事だ!



大きな大きなライブが決まりました。今の私達には本当に大きな挑戦だと思う。でも今の5人になら絶対にやれる。!!!


大阪城野音ワンマン!!!!!!!!


そんな自信がふつふつとメラメラと湧き上がってくる。こんな気持ち久しぶりだ!!!
 


メンバーがより一つを想って、より一つを大切にするようになって、楽曲達が笑ってる気がします。今まで出してきた沢山の曲達、どれもこれも最高な曲達!!!!少し前の私達が演奏しているのと、今の私達が演奏しているのとじゃ全然輝きが違うんだ!!早くその曲達を皆に届けたいな。



今を本気で観に来てほしい。

人生の大切な時間を、チェコのライブを観る為に使ってくれる時間を、絶対に無駄にしない。人生をかけて、来てくれる方々にハッピーを届けます!!

本当に本当に 楽しみにしていてほしい。

私達も笑顔で迎えられるように毎日を頑張って生きるっ。!!


7/2、大阪でみんなの事待ってます!

7月2日は大阪城野外音楽堂でワンマンをします。
今の僕たちにとってとても大きな挑戦です。

武井のブログと重複する部分はありますが、
今バンドは遅まきながら、いままでにない良い状態になってきていると思います。演奏もライブも。
それはいつも気にかけてくれているお客さん、周りのスタッフ、関わってくれてるのみなさまのおかげです。

これまで数年間活動してきて、いろいろな方向にいったり
どこかまとまりがなかった部分が確かにありました。
でも最近はバンドとしての強い意思が生まれてきたように思います
みな個や恥を置いて目標に向かって動けるようになってきました。
大阪の野音は、お客さんにも見えるその第一歩だと思います。

今回はずっとお世話になっているFM802へのお返しの念もこめてます。
メンバーみんな好きですFM802が。お客さんもそうだと思うけど。
そしてまたチェコとFM802の面白いことが待っている気がします。

最近はリハーサルもみっちり入っていて、それに楽しいことも多いです。
当たり前だけど、演奏の息が合うと楽しいということを改めて思い出しました。

昔からライブを見てくれている人も、今回はじめてみてくれる人も
絶対に後悔しないワンマンにします。

大阪の野音7月2日、まってます!

なんていうか、、

日常生活でも、バンド活動でもそうなんだけど。

あーじゃないとか、こーじゃないとか、、
無理だって思ったり、ふざけんなって思ったり、、、




でも答えが見つかった時、
乗り越えれた時、
本気で向き合って、それが出来た時の達成感。








涙腺が緩む。








いたって真面目です。
ドラムの山崎正太郎です。

俺がバンドへ還元できるもの。
バンドの屋台骨として、ここ最近、今まで以上にかなり真剣に向き合えています。

ドラムプレイやサウンドへの探究心もふつふつと湧き上がり芽生えてます。
恥ずかしながら、正直遅すぎるかもだけど。

遅すぎることなんて何1つないんだぞと。

やはりドラマーとして、プレイヤーとしてスキルアップしてこそ、よりバンドに還元できるっていう、当たり前のことを最高の仲間達が今一度思い出させてくれたし、
チェコは5人で奏でて1つの音楽という再認識。



ONE FOR ALL(ひとりはみんなのために)
ALL FOR ONE(みんなはひとりのために)










とにかく、もう一度書くよ。







見渡す限りみんなの超最高な笑顔で埋め尽くされた大阪城野音を作りたい。

その為にする努力は惜しまない。




その光景をメンバー4人の背中越しに






俺は涙腺が緩む。






是非とも参加してください。
俺の涙腺崩壊させに来てください。

802円、安いから観たい!も充分な理由だし、きっと損はさせません。
1人なんだよなーという方も、
友達誘って行こうかなーという方も、
初めてだけど、、、いう方も、
いつも応援してくれるあなたも、

7月2日、大阪城野音で待ってます!

ちなみに先行。
4月16日23:59までだよ!

↑このページのトップへ