月別アーカイブ / 2018年04月

「AppleのiTunesの音楽ダウンロードは来年3月末に終了を発表するとの報道」
‭http://fnmnl.tv/2018/04/11/50905‬

この記事を読んで、Twitterで衝動的に呟いてしまったのだけど、CDが無くなるんじゃないか!と皆に危惧させてしまった気もするので自分的な解釈をここに書いてみる。

つまりAppleは音楽ダウンロードサービスのiTunes storeを終了する予定があるとの報道なんだよね。

僕も物凄く良く使っているけど、1曲200円なり250円で曲を販売しているサービス。

もちろん24時間利用可能で、例えばテレビやラジオで聞いた曲をすぐ調べれば、数分後にはiPhoneなりスマートフォン、パソコンでダウンロードして聴けてしまうというサービス。

iTunesだけでなくてAmazonとか他社も競合はあるんだけど、基本的には皆iTunesという媒体に曲を取り込む事が多いのでやっぱりAppleは強いよね。

iPhoneを使っている人はわかると思うんだけど、曲を何千何万曲と入れておくと、スマホの容量を圧迫するでしょ?それが今までの音楽ダウンロードという形。

逆にね、記事にあるApple MusicやSpotifyというのはサブスクリプション方式と言って、期間に対してお金を払うというシステムなんだ。

スポーツジムなんかもそうだよね、何度行ってもどれだけ行っても基本的には月額でしょ?それがサブスクの形。

だけど、マクドナルドはハンバーガーが200円、ジュース飲んだら200円、ポテト食べたら150円、って重なって行くよね。それが従来のCDやダウンロード販売の形。

サブスクはその巨大な音楽倉庫をぜーーーーんぶ自分の好きなように聴き放題なんだ!それも世界中の!

世界で一番大きいTSUTAYA、どれだけ借りても定額だよ!みたいな感じ。

逆を言えば、そこに登録されていないアーティストを聴くとなると少し手間がかかる。カラオケでもDAMには入っているのに、他社にはないのか、、って残念になるときない?あんな感じ。

特に、日本の大きなメジャーレーベルはサブスクへの参入もまだまだ入ってきていない。世界では既に標準になっているSpotifyやApple Musicが、日本ではまだ知る人ぞ知るなレベルなのは、それが大きな要因だよね。良い悪いではなくてね。

それは日本がCDがまだ売れるというマーケットがあるからなんだ。

それは素晴らしい事で、先人たちがいかにCDというものに対して思い入れを持って作ってきたか、だから僕らも一枚に対して本当に想い入れを詰めて作品作りをしている。


あ、あと、サブスクはストリーミングという配信方法が基本的。つまりオンラインである環境がベスト。んー例えばYouTubeならケータイの電波もWi-Fiも無かったらなーんも見れないよね?あれと同じなんだ。

課金方法や環境によってはオフラインでも聴けるようなシステムも勿論あるんだけど、基本的には、っていう話でそこは置いておくね。

だけど、CDや今までのスマホの容量を圧縮してたダウンロード販売っていうのは電波がなくてもいつでも聴ける、まずはそこが大きな違いかな。

サブスクというのはいわゆるクラウドサービスだよね。

今までは一人一つずつ抱えていたものを、空の上の大きな倉庫を世界中の人で共有する、そういうシステムがクラウドというんだ。

少し話は逸れるけれど、CLØWDという名前を考えたとき、あれは活動するもっと前だから2014年かな?くらいにきっとこれからはあらゆる媒体、紙媒体も音媒体も、ハードディスクもなんでもクラウドサービス化すると見越してクラウドという言葉が近い未来にはとても耳馴染みのある言葉になるだろうと思って、CLØWDと命名したというのもあるんだ。かなり昔のインタビューに残っているはず。

ここまで聞くと、ダウンロード販売も、サブスクリプション配信も両方のメリットがあるよね。

けれど、なぜAppleがiTunes Storeでの配信をやめてしまうのか。

Appleという会社はとても前衛的で、それまでCDやMDという記録媒体が標準だった世界の音楽シーンをデータ化して持ち運ぼうよ、というスタンスを作り上げた会社なんだ。それはiPodの誕生によってね。

それまではCDを買って、それをMDに焼いて、チャリとか漕いでたよ僕(笑)

多分もっと上の世代の方はそれがカセットテープだったはず。

iPodが生まれ、みんな音楽をデータとして持ち運ぶようになった。

そしたら当然AppleとしてはCDを売るよりも音楽をデータとして売る方が良いよね。

そうして生まれたのがiTunes store。

時が経って、AppleはパソコンからCDドライブを排除したんだ、みんなが今までよーしCD取り込もーう!って入れてたあそこね。

更には今のMacbookからはUSBの差込口も排除した。

つまりは「これからの時代は全部インターネットを通してやりとりしようぜ」ってこと。

CDもDVDもいらないよ、容量圧迫するからハードディクスもいらないよ、ぜーーーんぶのデータはインターネットから取り込んだりやりとりすればいいんだよ!ということ。

なんでヒドイやつ!!CD作って皆に届けてそれがバンドの天命なんだぞ!!僕もそう思うよ!!

だけど100年後には音楽を聞く形って変わってるよね、きっとCDじゃない、みんなも思うでしょ?

そのタイミングが思ったよりも、早く来てしまったんだ。

時代が変わる瞬間というのはとても早くて、

そんなもの誰が使うんだい、と思っていても数年も経つと当たり前になっている。

なんなら僕高校の頃、iPhoneを学校に持って来てる奴がいて、「いやー趣味悪いわーこんなもん絶対流行るわけないし、ガラケーはガラケーでいいんじゃん!」とか思ってたんだよね。

それがもう今やiPhone何台目なんだろうっていうくらいずっとiPhone。

あの頃、趣味悪いとか言った友達ごめん。笑

だけど!ここからは自論で、僕はCDが無くなるとは思わない!

なぜなら人が愛を作って詰め込んだパッケージという創作物はきっと人の心に残るからなんだ。

どれだけプラスチックが安くて丈夫で便利であったとしても、やっぱり輪島塗は絶対なくならないし、人の心へ訴えるパワーを持っている。素晴らしいよね。

僕らは今までもそうしてCDを作ってきたよ。

だから、これからはよりそういう想いを込めて作っていくんだ。

それが前に話していた、コアなファンアイテムになるという予測にあたるんだよね。

最近は著名なアーティストさんでも、物凄く作り込んで1万円とかするアルバムとか出したりするでしょ?

あれはその文化の走りなんだ。ただ、儲けたいとかそんなこと考えているんじゃないはず。

とにかく曲が聴きたい人へ曲を詰め込んだ3000円のCD、そして更にそのアルバムの世界を大いに感じ取りたい人へ存分に魂を注ぎ込んだ輪島塗のようなパッケージ、そういう出し方をしていると思うんだよね、多分。

ファンの方々への愛の形だと思うんだ、何事も。

うちがどのスタンスでいくかはわからないけど、僕的にはCDは絶対に欲しいし、僕自分が作った曲がマスタリング終わって、はい完成です、ってデータだけ渡されたら寂しいもん。笑

だからあのキャラメル包装を開けて、パリッとCDを出す瞬間まで皆に感動を味わって欲しいし、インストアイベントではCDを買ってくれた方々へちゃんと感謝を伝える時間としたい(インストアかなりご無沙汰なので早くやりたい)。

そう、それが皆へ伝えたかったことで、時代は変わっていくけれど、自分達も変わらずに居たい部分は変わらずにそばにいるよ、ということ。

改めて「NO BORDER」本当に良い作品になったと僕は思っているし、この記事を読んだあなたにはよりCDって良いなと思って「NO BORDER」を味わってもらえたらと思っているよ。

会場限定CDに対して2作品連続で衣装やレコーディング、MVもこだわりを持って制作させてくれた事務所にも本当に感謝します。

4月28日川崎のライブから販売するので、是非!

長くなりましたが、今日はCD、ダウンロード、サブスク、のお話でしたー。ばいばい!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3565.JPG

猟平

「Force TRIANGLE」池袋EDGE、「百戦錬磨ツアー2本目」浦和ナルシス

連日ありがとう、猟平です。

ツーデイズの1日目「Force TRIANGLE」

Blu- BiLLioNさん、S!Nさんとの3マンイベントでした。

ほぼ初対面に近い先輩方との共演の中、

今までにもほとんど体感した事ないくらいのアツさまで持って行くことが出来ました。

インスタグラムにも書いたけれど、ジャンルの壁なんてものはもともとなくて、

大人が音楽を商品化しやすくする為に作っただけだから。

ステージじゃなくても、楽器がなくても、一緒に音を重ねて楽しめたら、それが音楽で、

それがロックンロールだと思うからこそ、きっと7日は会場がああやって一つになれたんだなと実感しました。

またBlu- BiLLioNさん、S!Nさんと共演したい。素直にそう思います。

会場の笑顔が(凄く在り来たりな言葉ですが)印象的な1日でした。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3560.JPG

そしてツーデイズの2日目「百戦錬磨」浦和ナルシス。

先週始まったツアーの2本目です。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3572.JPG

会場へ足を運んでくれる人へ、少しでも驚きや、感動を与えたい、

その思いから、急遽サプライズ新衣装のお披露目でした。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3466.JPG

それはどの会場にもあるし、どのライブにも考えています。

同じ会場でも、違う景色や、印象、感想をおうちに持って帰れるように。

僕個人的には久しぶりの腕を出す衣装で、

前回はフルアルバム「TENDERLOIN」以来なので約二年ぶりかな?

ずっと出したかったけどね、タイミングも見つからず、

ここぞ、という決めてになる作品で出したかったというのもあって、

「NO BORDER」僕らのターニングポイントになると、信じているので

このタイミングを選んだというわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3573.JPG


なんだろう、とても性に合うというか、

ライブしてて、物凄くスイッチの入る衣装でした。

勿論、テーマ在りきでの衣装になるわけですが、

良かったらWEB NEWSも是非見て欲しいのもあり。

‭http://www.visunavi.com/news/273468/‬

CLØWDが始まった頃から皆にも伝えていた世界に届く音楽を作りたいという意図。

バンドはまだまだ小規模ですが、こうしてYouTubeやSpotifyなどのサブスクリプションサービスが急速に世界中で伸び続けている時代であり、

デビューとも言わずして、事実上の世界進出が容易に出来る時代となりました。

実際、CLØWDのSNSやYouTubeなどには多くの海外の方からのコメントやフォローで溢れており、

そんな時代にそこの部分をないがしろにすべきでは無いと僕は思っています。

「NO BORDER」はちょうどそんな事を昨年からずっとイメージしていたタイミングで降りてきた曲で、

3周年という節目を越えた僕らにとって未来を見据えるにあたって、

とても強い意志を与えてくれた曲だったんですね。

僕らの規模感で、世界世界なんて容易に言うもんじゃない、なんて言う方がいるものであれば、それも大層ごもっともであると思うのですが、

これからのCLØWDの10年後、20年後を見据えたときに、

これからきっとその進出を目論むアーティストが沢山増えるであろう時代に、

少しだけ早く、アクセルを踏み出した、というだけです。


今回の写真から見てわかるように、

どこにも境界のない世界を表しています。

それは先ほど話した音楽のジャンルの"BORDER"や、

人々の見た目や生まれ持ったものに対する"BORDER"、

差別に対する"BORDER"、

身近な部分で言えばライブ会場で感じるファン同士の隙間にも"BORDER"を感じます。

その"BORDER"に対して賛同していないからこそ、「BORDERLESS」では無いんです。否定の「NO」「BORDER」なんです。

そしてどうしてエスニックなテイストを取り入れたのかという部分。

ざっくりというとテーマはヒッピーです。

ヒッピーとは1960年代に世界にムーブメントを起こした人々の総称で、

日本だとその名残として民族系みたいなジャンルとしてアパレルだったり、アクセサリーショップだったり、形を残しています。

彼らはルールに縛られすぎてしまった既成の価値観に対し、それを解放することを信条とし、人間らしさの回帰を求めた生活を訴え続けました。

自然と愛と平和とセックスと自由、全てに解放された自給自足の生活。

日本で言えば、学生運動なんかにも当たると思います。

僕らは現代に生まれ、発展した日本に育ち、いまこうして音楽を届けています。

それは素晴らしい事であり、きっと人々はもっと発展させ、消費し、幸せを求むでしょう。

ただそれが人の幸福度に繋がっているかと言ったらきっとそうではないのです。

確かに世の中は物凄く便利になったとは思います。が、きっとスマートフォンが無かった時代も幸せだったはず。

パソコンが無かった時代も、電車が無かった時代も、幸せと思える基準は人それぞれ、時代に応じた幸せがそこにはあったはず。

つまり、発展、消費こそが幸せのテーマではないのです。

それ故に僕は音楽制作者として、一枚のCDや、音源に対しての意味、対価を問うようになりました。

沢山インストアイベントをやって、沢山CDを作って、オリコンに入って、やったー!

って思っていた頃もありました。

けれど僕が子供の頃、

平気でCDが100万枚も売れていた時代に、

僕はCDをたった一枚買う事に凄く価値を感じていました。

初めて買ったCDは「ポケットビスケッツ / Yellow Yellow Happy」。

幼稚園時代のことですが今でも覚えてます、500円の8cmCDをお母さんに買ってもらいました。

たった一枚のディスクでも宝物のように感じていました。

時代は変わった、一言で終わる世の中であるかもしれません。

ただ、制作者の情熱だけは絶対に変わってないと思います。

CDが売れる時代だから、売れない時代だから、作家は関係なく自分の人生を賭けた全力の曲を書いているはずです。僕らもそうです。

なので、僕らはそのCDを安売りしたくないが為に、会場限定で販売することにしました。

ちなみにそれを永遠に続けたい訳でもなく、インストアイベントなど当面長い間やってないですが、

CDを手に入れてくれた方々へ感謝を伝えたい気持ちは多くあります。

なので、また然るべきときが来たらやらせてください。是非会いに来て欲しいです。


話は逸れてしまったけど、ヒッピーも持つ自由という信条、まさに境界なき世界、これがまさに僕らの提示する世界とマッチした為に、今回そういうテーマをリンクさせました。

お堅い事は抜きにしても、素敵な衣装に、素敵な写真となったと思います。


こんなこと、CLØWDを結成したばかりの頃は考えもしなかったのにな。笑

カッコ良さそうなもの纏って、誰かにウケたい、気を遣ってばかりだった。

「NO BORDER」をライブで演奏して、皆からのアンケートを読んでいると、

大きな会場で見たいという声がとても多いです。

「NO BORDER」に限らず、CLØWDにはそういう声を頂く事が多い気がします。

僕らは3年も過ぎ、きっとバブルのような大きな波はここまで来なかったと思います。

結成からどれだけでどう!みたいな。

やっぱりそういうのに憧れた時期もあったし、今考えればですけど。

けれどそれよりもずっと大切なものを見つけました。

ひとことでは表せません。

けれど、今のCLØWDにはそれが沢山あります。

バブルはいつか必ず弾けます。

バブルが無かったからこそ、積み重ねられたものがあります。

それこそが僕らが未来を感じられる瞬間です。

本当に微量かもしれませんが、きっといつかそれが大きな一番大きな波になります。

だからこそ、その"大きい"舞台と唱えてくれる方々があって、僕らの夢でもあって、

共に叶えたいが為に、今こうして長い目で見据えた活動をしています。

そして8月25日に待ち構える、渋谷クラブクアトロONEMAN SHOWがそのキーとなる節目です。

はっきりと、僕らももっと大きい会場でライブがしたいです。皆を連れて。

その為に強い意志を持って、まずはとにかく核を持ったバンドを作る事。

芯のある、強い、ぶれないバンドとなることを一番の信念として、

この百戦錬磨ツアーを歩んでいきます。


長くなりましたが、ツアーは長いです。

是非もっと皆に多くの会場へ会いに来てもらいたいし、

その都度進化をしたライブを届けるので、

毎回、塗り変わったCLØWDを共に作りましょう。


いつも、ありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3583.JPG

猟平

↑このページのトップへ