福島のいわき総合高校の芸術・表現系列 演劇16期生の卒業公演の作演出をさせていただくことになった。

福島県立いわき総合高等学校は、福島県いわき市に所在する県立高等学校。様々な学科があり、「芸術・表現系列」で実施されている演劇教育は全国的に有名で、学校設定教科として「演劇」の科目があり、全国区で活躍する劇作家を毎年講師として招き、書き下ろし脚本提供と演出の指導をする。歴代の講師には五反田団の前田司郎さん、マームとジプシーの藤田貴大さん、飴屋法水さん、バイバイの岩井秀人さん、ロロの三浦直之さん、悪魔のしるしの危口統之さん、FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介さんなど錚々たるメンバーが担当してきた。

↑ほぼウィキペディアのコピペ。


いわき総合高校ホームページ

いつか僕もそのメンバーに並んで講師を担当してみたいなぁと思っていた。いつか……去年の神保町花月公演の終わりでツイートしたのを覚えている。しかし、まさかこんなに早くその時がやってくるとは!

系列演劇第16期生の方々との出会いは、昨年7月のエンニュイ第2回本公演「  」に、系列演劇・東京研修としてみなさんで観劇してくれた時。チケットの売れ行きが悪かったので、突然メールをいただき、20枚以上一気にチケット予約が入ってめちゃくちゃテンションがあがった(笑) その時のメールに、僕のやっている即興舞台、瞬間を紡ぐ時間が気になっていてと書かれていたのも嬉しかった。その後も、先生方は神保町花月でのエンニュイ初演の再演、エンニュイ番外公演と、遠い中見に来てくださった。熱心でキラキラした先生方で一緒に作品を作れるのが楽しみ。


しかし、今まで担当してきた方は演劇を10年以上やってる凄い人達ばかり。まさか、演劇始めて2年ちょいの売れてないお笑い芸人に白羽の矢が立つとは思ってもみなかった。




高校生の卒業公演。一生に一度の時間。大切にみんなで作り上げたい。ゲラゲラ笑いながら楽しく、ふざけながら。

お笑い芸人の僕にだからこそ教えられることがあるはず。身近な面白い芸人も何人か連れて行けたら面白い。一度みんなでコントや漫才を作りたいな。

とにかく楽しみ。熱い夏になりそう。

1月に生徒達が作った自画像公演というものを観に行った。生徒達が自分と向き合い自分をテーマに作った1人芝居をオムニバスで見せていた。これが凄く面白かった。みんなそれぞれ個性があるのに、なにか引っ張り合って、影響し合ってて。刺激を受けた。

僕の作風をどうのとかではなく、生徒達一人一人の個性をしっかりと丁寧に、それでいて雑に、光らせられるような公演にします。

過去の実績やバックボーンにとらわれず、作品だけをちゃんと見て、僕を選んでくださったいわき総合高校の先生方の気持ちに応えられるよう全力で頑張ります。


2019年8月10日(土)、11日(日)に、いわき芸術文化交流館アリオスにて公演。

8月にいわきで待ってます。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0114.JPG



僕は中卒なのだが、まさか36になって高校に通う事になるとは思ってもみなかった。しかも講師として。人生なにがおこるかわからないものだ。

久々の更新。

更新しない間に色々な事があった。まだ3月なのか。

僕の運営する劇場チャラデのコント舞台チャラ劇の第二弾があった。芸人とアイドル、会社員が雑ざってやるコント舞台。僕はそれの企画、構成、演出をしている。それぞれみんなが持ち寄った台本でコントをやるという全員が制作者という変わった舞台。その分演者の熱量が上がる。今回も色々と勉強になった。そして、とにかく楽しかった。またやりたい。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9972.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9976.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9977.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9978.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9979.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9973.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9974.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9975.JPG

今回のブログは、そんな会場チャラデの為のもの。会場がある阿佐ヶ谷のアニメストリートの契約満期により、チャラデは移転することになった。移転費用がない為クラウドファンディングをした。必要な費用は、400万円以上。チャラデの貯金が30万弱。はじめてのクラウドファンディングなので恐る恐る目標額を180万に設定。それでも、100万も集まらないのではないかと半信半疑でスタート。

チャラデをたくさんの笑いで終わらせたい。そんな想いで最後の三ヶ月くらいは、たくさんのライブを打った。とにかくみんなでの思い出をたくさん残したかった。クラウドファンディングの宣伝にも尽力を尽くした。

すると、なんと目標額どころか200万を超える額が集まった。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9980.JPG

支援総額2224800円

目標達成率123%

パトロン数165人


先輩、後輩、お客様、昔の知り合い、考えに同意してくれた方、、、様々な方が熱い想いをもってパトロンになってくれた。それだけではない。封筒にお金を入れて持って来てくれた芸人やお客様もたくさん。

勢いで始めて、ただ何も考えず笑いながらやってきた会場がこんなにもたくさんの方々に愛される場所になるとは思ってもみなかった。

とにかく、みんなが幸せになれる場所を目指してやってきた。それは、恩着せがましい感じとかではなく、冗談抜きでただみんなと笑っていたい。そういう想いでやってきた。この時間を続ける為には、みんながもっとお金をもらえる環境を作らないとと考え模索もしてきた。未だ結果は出ていないが、面白い人達がバイトしなくて済む環境を必ず作る。これも別に人の為にとかアツイ想いではない。ただ、みんなと長く面白いことをしたいだけ。僕の作るライブや空間は、周りの面白い人達がいて成り立つ空間。だからいなくなってもらっては困る。ずっと芸人続けてもらわないと面白いライブが作れなくなるから。

お客さんだってそうだ。僕の作るふざけた適当な空間を楽しんでくれる変わったあなた達がいないと成り立たない。

そんな愛するみなさんがクラウドファンディングをしてくれた。

本当に感謝してもしきれない。必ず良い劇場を作って恩返しするしかない。また、同じ空間でみんなで笑えるように。

ありがとうございました!! 

新劇場への移転、自由度の高い劇場へのさらなるパワーアップのため、現在メンバー一丸となって動いています。

移転時期や新劇場の詳細は決まり次第お知らせいたします。

移転後も皆様に楽しんでいただける劇場作りに努めてまいります。

今後ともCHARA DEをよろしくお願いいたします。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9981.JPG

『ラスト チャラデLIVE~さようなら、そしてありがとう阿佐ヶ谷』

という最後のチャラデ阿佐谷のイベントが2月26日に行われた。



_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9982.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9983.JPG

このイベントでチャラデ阿佐谷は閉館となった。

多くの方にお越し頂き、多くの方にイベントを創ってもらえた恵まれた場所だった。


3年間走り抜いたチャラデ阿佐ヶ谷。振り返れば、ずっとふざけていた。毎日笑い声が聞こえてくる場所。支えてくださったお客様、演者の皆さん、関わってくださった全ての方々、そしてチャラデ阿佐ヶ谷に感謝。でも、まだまだお話は途中。一緒に笑ったみんながもっと笑顔になれる場所へ。

先程も書いたが、終活でたくさんライブをした。そして4時間以上笑いの絶えない最後。有終の美を飾れたと思う。

忙しい中、チャラデに関わってくれた方々がたくさん来てくれた。嬉しかった。

相方の桑原も来て、最後にクレオパトラでMCできたのも良かった。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9984.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9987.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9985.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9986.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9988.JPG



そして、打ち上げをして次の日に、チャラデ阿佐ヶ谷全て撤収。





_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9989.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9990.JPG
なにもなくなった空間。しかし、そこには確かに劇場があった。こんななにもない高架下の真っ白な空間に劇場ができるなんて誰も思っていなかった。でも、確実にそこに存在した。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9992.JPG
終わりは始まり。

これからも、遊ぶ、試す、繋ぐ、雑る、笑う、、、そんな場所を作り続ける。

3年間お疲れ様。たくさん笑わせてもらったよ。ありがとう。この場所が、劇場でなくとも人を笑顔にできる場所に生まれ変わることを願っています。


さようならチャラデ阿佐ヶ谷。



_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9991.JPG





noteにチャラデ移転のことやお笑いへの考えを綴った。近況などはこのブログに書いている。noteは過去の脚本、描いた漫画、そして舞台を作る時の思考メモなどを保管する場所にしている。そこに「お笑いについての考察と提案」という項目を増やした。

今僕がお笑いについて感じたことや今後の提案などを書いていくつもりだ。何故そんなことをするか。もう少しお笑いというものが文化として解体されていいのではないかと考えたからである。ポップカルチャー、サブカルチャーとして瞬間瞬間の時代で消えていく笑いの歴史。これをプレイヤーでもある人間が解体していくことによってなにかヒントが生まれるのではないかと思った。文学、音楽、美術、演劇のようにメインカルチャーとされもっと評論などが盛んに行われるようになったら面白い。きっとそれに反発する芸人なども現れて更に面白くなる。

……あ、こういうことをnoteに書こうとしていたのにここに書いてしまった!

僕の意見を書くだけだけど、それによってみんなが意見を言いやすくなったり、自分にはこの道もあるかもっていう新しい笑いの道を選択しやすくできたらなと思って始めた。この時期に始めたのには色々と意味がある。そのことも徐々にnoteに書いていこうと思う。

noteを呼んで心を動かされてくれた見ず知らずの人達から連絡がたくさん来る。嬉しい! もっと批判があると思ったら意外とストレートに感じ取ってくれた方々が多くて凄く嬉しい!

またnote更新します。


では、ブログに戻ることにする。僕の芸人仲間と運営する劇場チャラデの移転先の内見に行ってきた。1番良い物件だったが、やはり欠点はある。欠点がない物件を求めるなら、一から建てるしかない。その欠点をどう埋めるか。みんなで考える。立地と雰囲気は最高な物件。たなしゅうより少し小さいくらいの大きさ。


一昨日は、せらみかるさんとのライブだった。せらさんとは、昔ニコラジという番組で一緒になって以来仲良くさせてもらっていて、不定期でハセラセラという配信もしている。で、今回チャラデが移転ということで、せらさんに頼んでライブを一緒にやってもらった。

テレビゲームや、アナログゲームをたくさんやった。せらさんチームは、せらさんが呼んでくれたニコ動メンバー+畠山達也。内容やメンバーをメモ書きしたのでどうぞ。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9070.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9057.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9054.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9055.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9056.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9051.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9052.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9053.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9048.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9049.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9050.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9045.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9046.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9047.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9040.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9041.JPG
芸人といつもは絡み合わないニコ動の方々が混ざって盛り上がり、打ち上げで仲良くなる。まさにチャラデという感じのライブだった。みんな良い人だし面白かった! またこのメンバーでライブやりたい!

今日は、白金高輪で面白そうな展示見て、そのあとマッハスピードの単独というスケジュールだったのだが、展示の場所がわからず見れなくて残念! 諦めて渋谷へ。タイトスケジュールすぎた! ゆっくり探せたら良かったのに! 残念! 

面白そうなのでお時間ある方は是非! 明日までです。

そして、マッハスピード豪速球の単独を渋谷の伝承ホールで観てきた。良い単独でした! 同じフリーだから単独やるときの大変さは痛いほどわかる。人との繋がりを大切にして常に感謝を忘れない彼らだからこそできる単独。感動しました! 面白かった!

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9066.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9067.JPG
チャラデのこと、お笑いのこと色々と考えを真剣にnoteに書きました。読んでいただけたら嬉しいです。

チャラデの移転についてと劇場への考え。|長谷川優貴(クレオパトラ/エンニュイ)|note
僕が芸人仲間と運営する劇場CHARA DE(チャラデ)が移転することになりました。移転資金の為にクラウドファンディングも始めました。この記事では、チャラデがどういう場所かということと、僕がどういう考えでチャラデを運営しているか、そして今後の展望を伝えたいと思います。 今まで笑いを中心に様々なジャンルのイベントを公演してきました。 そして、劇場運営と並行し、阿佐ヶ谷全域を使った謎解きイベント、高円寺での無料イベント、八王子での謎解きイベント、 八戸での謎解きイベント、コント舞台「チャラ劇」など、街ぐるみでのイベントなども行ってきました。 そんな劇場チャラ
note.mu
予約受付中!
今回のメンツらとにかく凄い! 瞬間を紡ぐ時間史上最高の舞台になるかも! というか、チャラデ史上最高のライブに!


即興舞台「瞬間を紡ぐ時間」
2019年2月16日土曜
会場:CHARA DE阿佐ヶ谷
1公演目
15時開演

2公演目
18時開演

出演:渡辺敬之(照明家)、大原巧(演奏)、グルパリ
田畑真希(ダンサー)
長谷川優貴(クレオパトラ)、槙尾ユウスケ(かもめんたる)、篠崎大悟(ロロ)、高木健(エンニュイ)、せとたけお、久保田(インデペンデンスデイ) 、野津あおい

予約・詳細

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8701.JPG


以前の公演の映像



チャラデの移転の為のクラウドファンディングのことをお笑いナタリーさんに掲載していただきました!


それでは、また明日。

明日もみなさんにたくさんの幸福が訪れますように。

おやすみなさい。

【新作DVD発売開始!】
去年やったクレオパトラ第10回単独公演「イシツナギ」のDVDネット販売がスタートしました!

クレジットカードも使えます!

是非ご購入を!

クレオパトラ第10回単独公演「イシツナギ」DVD | 色彩マーケット


【告知1】
2/12(火)
『お絵描きの会』
@チャラデ阿佐ヶ谷
開演19:30 ¥2.000 
出演
内田春菊
長谷川優貴(クレオパトラ)
岸田メル
せらみかる
田中光
ナターシャ(ニュークレープ)
畠山達也
熊本アイ 


今回は最初で最後のチャラデ公演!

予約・詳細
お絵描きの会
開催日:2019年02月12日 出演:内田春菊,クレオパトラ長谷川,岸田メル,せらみかる,田中光,ナターシャ,畠山達也,熊本アイ, 会場:チャラデ阿佐ヶ谷 19:15開場 19:30 開演¥2000出演:内田春菊、長谷川優貴(クレオパトラ)、岸田メル、せらみかる、田中光、ナターシャ(ニュークレープ)、畠山達也、熊本アイ 他お絵描きで色々なゲームに挑戦する大好評ライブ!
tiget.net
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8517.JPGチャラ劇第2回公演
『可愛い妬み』
2019年2月22日(金)〜2月24日(日)
CHARA DE asagaya

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8679.JPG


阿佐ヶ谷にある芸人の運営するチャラデ阿佐ヶ谷が作るコント舞台。芸人、アイドル、俳優 混ざってのエンターテイメントライブ!


【脚本構成・演出】
長谷川優貴(エンニュイ)


【コント台本】
安達健太郎
新妻悠太
田邉利博(ゴールドラッシュ)
長谷川優貴(クレオパトラ/エンニュイ)
大桶純一
ササキユーキ(ねじ)
三福エンターテイメント
たなしゅう
ナターシャ(ニュークレープ)
リーダー(ニュークレープ)
畠山達也
根本羽衣
葵あおい


【出演者】
ニュークレープ(浅井企画)※22日・24日のみの出演
たなしゅう(トゥインクル・コーポレーション)
根本羽衣
葵あおい
野々原さやね
インデペンデンスデイ久保田(浅井企画)
三福エンターテイメント(人力舎) ※22日・24日のみの出演
ねじ(ケイダッシュステージ)※23日・24日アフタートークのみ
畠山達也※23日・24日アフタートークのみ
ウクレレ高円寺

ゴールドラッシュ(トゥインクル・コーポレーション)


【タイムテーブル】
2月22日(金) 17:00★(ゲネ公演)/ 19:30
2月23日(土) 14:30 / 18:00 / 20:10♪(アフタートークのみ)
2月24日(日) 13:30 / 17:00 / 19:10♪(アフタートークのみ)


※★はゲネプロ公演、♪はアフタートークイベントとなります。
※開場は、ゲネ・通常公演→開演の30分前、アフタートーク→開演の10分前となります。


【会場】
CHARA DE asagaya
(〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷南二丁目40番1号 阿佐ヶ谷アニメストリート内)


【チケット料金】
◎通常公演
前売 3000円 当日3500円

★ゲネプロ公演
前売 2000円 当日2500円

♪アフタートーク
前売 1200円 当日 1500円


【チケット販売開始】
1月22日(火)22:00


【チケット取扱】
カルテット・オンライン


[一般予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/charageki02


【スタッフ】
照明:渡辺敬之
音響:内田早紀
演出助手:池田亮
制作:宮野風紗音(エンニュイ/K-FARCE)


主催:CHARA DE



クレオパトラInstagram


■クレオパトラオフィシャルサイトhttps://clepat.amebaownd.com


◆クレオパトラ長谷川LINE@
最新情報や、ここでしか見れない動画など盛りだくさん! 是非ご登録を!

https://line.me/R/ti/p/%40utc8175p





↑このページのトップへ