9/11にリリースしたアートブックアルバム「and love」の発売を記念して、スペシャルコンテンツ、メンバー対談公開!

第一弾は、Chris Van Cornellの新加入組みの、ボーカルmiuと、ベースの垣守。

新加入の二人ならではのトークをご覧ください。
_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8444.JPG
miu『よろしくおねがいいたします』


垣守『よろしくです、最新アルバム "and love"について話しましょうか』

miu『アルバム、完成しましたね。今回は私が加入して初のアルバムということで無事完成してすごくホッとしています。前回から比べて、今回のレコーディングはどうでしたか?』

垣守『基本、変わってないと思うけど、前回のレコーディングからより洗練されてクオリティー高く早くなったかな。レコーディングスタジオ(Endhits Studio)も何回か使わせてもらってるので、自分たちも慣れてきたのも大きいのかも?』


miu『そうなんですね、Endhit Studioは本当にお家みたいで、いい意味で段々とリラックスしてしまいましたね笑』

垣守『そうだね笑、今回のレコーディングは松井さん(ikanimo/YOUR SONG IS GOOD)、田渕ひさ子さん(NUMBER GIRL/toddle/LAMA)、ハヤトくん(MORE THE MAN)がゲストで参加してくれたのも良かったよね。元々YOUR SONG IS GOODは大好きなバンドで、松井さんが参加してくれるのが決まった時は嬉しかったなぁ。
パーカッションがCVCの楽曲にどう入ってくるか
最初想像つかなくて...で、当日、色々な楽器を持ってきてもらって、レコーディング進めるにつれどれもすごく彩りが豊かになって行って、しかも無茶振りで面白い楽器も色々アドリブで音入れてもらったりして、どれも最高すぎて...ほんと想像を超えたマリアージュだった...』


miu『本当にそうですね。。
曲にパーカッションが入って今までのあった曲が
鮮やかに広がっていく光景は
ワクワクして感動しっぱなしで


垣守『ひさ子さんの歌入れも、僕は現場には参加できなかったけど、仕上がったラフミックス聞いて鳥肌立ったよ...これも想像を軽く超えてきたね』


miu『そうですね。ひさ子さんは私がバンドを始めた頃から本当に大好きで。
今回後藤さんに『Elioでは、誰か女性ボーカルとコラボしてみたいんだけど、誰か一緒にやってみたい人いる?』という風に聞かれて。
『現実味なくてもいいよ!』ということで、田渕ひさ子さんの名前を挙げさせてもらいました。
それから、実際に音源をお送りしてオファーをしてオッケーをいただくという流れで、、本当にご一緒できると思っていなかったのですごく嬉しかったです』


垣守『そうだよね。自分たちの曲も聞いてもらったうえで、オッケーをもらったっていうのがすごく嬉しかったね』


miu『本当にその通りです!』


垣守『このGoodnight Elioを初めてデモで聞いた時、後藤くんの新境地的な曲だなと、メンバーながらに感心したんだよね。笑
ホールのような響く舞台で演奏できたら気持ちいいだろうなーと思ったり』


miu『すごくわかる気がします。私もデモを聴いて、後半の広がり方が、
すごく気持ち良いなと思って。ハモりを入れる時もその広がる感覚を大事に考えました。
ひさ子さんの声が重なることによってよりその世界観が表現できたかなと思っています』


垣守『そうだね。ベースに関しては生のドラムに合わせてブリッとエッジの効いた演奏に注力したからけっこう鳴らしてたり。
今回のアルバムでは全体的にポップさが増えたんじゃないかな。
miuが入ってからの、今のCVCらしさが詰まったものになったかと』


miu『そうですね。ミュージックビデオに関しても自分たちで広い空間を借りてハシゴに登ってライトを設置する作業をしたりすごく楽しかったです。笑
これからも、自分たちが良いと思ったものを表現していけたらなあと思います』

垣守『僕もこの世界観が観たり聴いたりしてくれる人に伝わるような多幸感の広がる音・ライブを目指したいですね。これからもよろしくお願いします』


▼9/11発売アートブックアルバム▼
「and love」


次回はドラム堀田とトランペットヨサの対談を公開いたします。