月別アーカイブ / 2011年02月

蝶野選手『Gillette Fusion PROGLIDE』プロモーションイベントに登場!

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-P&Gkokuchi1.jpg

蝶野選手が15日、都内で行われたP&Gの新商品『Gillette Fusion PROGLIDE』のプロモーションイベントに特別ゲストとして登場しました。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-P&Givent3shot.jpg


『Gillette Fusion PROGLIDE』が2月下旬から発売されるにあたり、蝶野選手は同商品のWEB・CMに出演しています。ただ、15日のイベントを迎えるまでは、髭を剃る寸前までの映像(エピソード0&1)が展開され、そして今回『公開髭剃り』が行なわれました。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-P&GiventSori.jpg

いざ、公開髭剃りが始まると、「髭が濃いので髭剃りが痛い」という理由でぐずる蝶野選手でしたが、司会の川平慈英さんと優木まおみさんの勧めでシェービングをスタート。25年間剃っていないトレードマークの髭を剃り出すと「風邪を引いちゃうよ」と心配しつつも、「痛くないし、引っかからないね」「剃るというより、滑るような感覚で気持ちがいい」と新感覚のシェービングに驚いていました。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-P&GiventPose.jpg


最終的にはすべての髭をそり落として、まったく別人の顔となった蝶野選手は、「I am new CHONO!」といつもの決めポーズ。一方で「恥ずかしいですね。裸になった感じ」と照れ笑いも見せていました。

なお、蝶野選手が髭を剃るバージョンのWEB・CMエピソード2は、下記のURLでご覧になることができます。

http://fashion.yahoo.co.jp/closeup/gillette/201102/

◆ARISTRIST HOMEPAGE
◆ARISTRIST MOBILE

蝶野選手 プロレス参戦情報!

蝶野選手が、4月17日(日)和歌山・きび体育館大会で開催される、大阪プロレス所属の空牙選手のデビュー15周年記念大会に特別参戦することになりました。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-kugasan2shot

今回の参戦は、現大阪プロレス王者にして、ヒールユニット“ジョーカー”のリーダーである空牙選手の要望を受けて実現。蝶野選手は、空牙選手に真のヒール道を伝えるためにタッグを結成します。対戦相手には初代タイガーマスク選手が名を連ねており、“黒のカリスマ”vs“黄金の虎”の激突も実現します。

◆『無茶利舞礼パラダイス3~空牙デビュー15周年記念興行』
 【場所】和歌山・きび体育館(和歌山県有田郡有田川町庄814-1)
 【日時】開場14:00/開始15:00
 【前売りチケット】
 1階指定席S=6000円(完売)
 1階指定席A=5000円
 2階自由席/一般=3000円
 2階自由席/中高生=2000円
 2階自由席/小学生=1000円
 2階自由席/未就学児童無料
 ※当日は500円増し。
 【対戦カード】
 <メインイベント>
 蝶野正洋&空牙&ヲロチvs初代タイガーマスク&ビリーケンキッド&ツバサ

 【大会問い合わせ】大阪プロレスグッズショップ(06ー4708ー1141)

◆ARISTRIST HOMEPAGE
◆ARISTRIST MOBILE

国際こども花基金 チャリティグッズ発売情報!

蝶野選手が賛同している国際こども花基金から、チャリティグッズ『インビトロガーデン 生きてるストラップ』(900円税込)が発売されました。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-hanakikin1.jpg



国際こども花基金は、日本や世界のこどもたちにお花を届ける「フラワールド活動」をしている団体になります。

蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-hanakikin2.jpg


チャリティグッズ『インビトロガーデン 生きてるストラップ』
バイオテクノロジー技術のジェルに水や栄養が含まれており、なにもしなくてもビンの中で植物が育ちます。オンシジウム、カトレア、サボテンの3種類があり、購入するとグッズの収益金は全てこどもたちにお花を届ける活動に使われます。一つ購入するとバラ約15本がこどもたちに届けられます。購入はフラワールドショップ(http://floworld-c.shop-pro.jp/ )でできます。

◆国際こども花基金
http://www.floworld.jp/

◆ARISTRIST HOMEPAGE
◆ARISTRIST MOBILE

↑このページのトップへ