月別アーカイブ / 2011年01月

テーマ曲「Fight & Love」着うたフルにて配信スタート!



蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-蝶野さんリング


2009年10月12日の蝶野正洋25周年両国大会のテーマ曲となり、その後蝶野選手の新テーマ曲としてご紹介しておりました『FIGHT&LOVE』が、『レコチョク』『プロレス/格闘技DX』の配信サイトにて、着うたフルの配信がスタートしました。


『FIGHT&LOVE』は2009年10月30日より着うた(楽曲の一部抜粋)にて配信スタートしておりましたが、この度4分11秒の着うたフルバージョンにて配信となりました。


下記『レコチョク』URLもしくはQRコードにてサイトアクセスの上ダウンロードしてご利用下さい!(ダウンロードには315円かかります)


◆『FIGHT&LOVE』着うたフルサイト直リンク

https://recochoku.jp/search/Srch?fkw=%92%B1%96%EC%90%B3%97m&tgt=mid&o=0&ext=&mid=0%3A20375740%2C&ftgt=akw&sort=c-%2Cr-%2Cm%2B%2Ca%2B&st=


◆携帯QRコード(3タイプ:上より「i-mode」「Yahoo」「EZ-web」)


蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-i-modeQR.jpg



蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-yahooQR.jpg



蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba-EZwebQR.jpg




※QRコードの携帯対応機種一覧(下記リンクよりご参照下さい)

http://recochoku.jp/site/service/models.html#uta


◆『レコチョク』PCサイト

http://recochoku.jp/index.html


◆i mode『レコチョクフル』
*iMenu→メニューリスト→着うたフル→J-POP→『レコチョクフル』
<月額不要>


◆i mode『プロレス/格闘技DX』
*iMenu→メニューリスト→スポーツ→格闘技/大相撲→『プロレス/格闘技DX』
<月額315円(税込)/525円(税込)>


◆ARISTRIST HOMEPAGE
◆ARISTRIST MOBILE


今年は新年早々、病院通い…あれ去年もか





今回は親子のダブル、年末のお兄ちゃんを入れると、トリプル





俺自身、水ぼうそうの経験は無かったが




子供の病気だと思ってたので、いい大人が感染発病はないだろうと思っていた





年末のお兄ちゃんに続き、大晦日に下の女の子にそれらしき症状が…





ほんと子供には辛そうで、可愛そうな病気だ





一方自分は、元旦朝から、微熱と軽い目まいが





まずは子供を病院に連れて行くのが先




やはり、下の女の子も、水ぼうそうと診断




お兄ちゃんより、あっという間に全身に水ぼうそうが広がり…グッタリして元気もない




正月2日の朝、かなりキツイめまいに寒気





子供も水ぼうそうだし、この日のスケジュールは全てキャンセルして自宅でゆっくりする事に






あれ、胸元に水ぶくれ?
まさか、水ぼうそう…




正月3日はアリストトリストの仕事初め…朝から完全に水ぼうそうの症状になって来た




この歳で、水ぼうそうか




最初は家内と笑ってたが、徐々にそんな余裕もなくなる位、怠くなってきた




水ぼうそうの日記は、昨日に途中まで書いてたのですが




「キツイ」「辛い」「痛い」しか書いてない…書けない




多分昨日が、ピークだったのかもしれない





39度以上の高熱で、久しぶりに病人状態。 7~8年前のインフルエンザ以来のノックアウト状態





発しんは、上半身~頭部まで





痛いし、かゆいし、だるいし




ここ最近、ここまで病気、病人の気分になった事がなかったから
こういう時には、改めて全ての源は健康にあると感じるよ





病人や病気の人達の気持ちも、あらためて察する





これじゃ今週いっぱい、仕事や外出は無理だ




顔から頭皮まで、手の平にも口の中にも、いたるところに出ている
ほんと、参ったよ




やっぱり、辛い痛い話しになっちゃうよな 
山崎君じゃないけど…ほんとに辛いんです





この手の話しは、治ってから書いたほうがよさそうだな





人の痛みは共有出来ないし
本人しか分からない事だから






年末に、自分のおっちょこちょいから、感動した話しを今度書こう





水ぼうそう中の日記でした










ほんと辛いんです

新年 あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

蝶野正洋

↑このページのトップへ