「Re:Trigger THE LIVE ON STAGE」、3日間ありがとうございました!!

リトリガーという世界に入れたこと、ホクに出会えたこと、本当に幸せでかけがえのない思い出となりました。
しかも、スピンオフとして再び舞台に立てたのはすごく嬉しかったです。
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1019.JPG


ちょっとだけ長くなるかも知れないけど
せっかくなので、前回のリトリガー本編を含めて思うことを、色々振り返りながら書いてみたいと思います。



まず、最初にこの舞台の話を聞いたのは2018年の7-8月くらいだったと思います。当時、マレーシアに行っていた時くらいかな?

演技の仕事もしたことなかったのに、初めてがミュージカル。。
決して歌に自信があるわけでもない中で、果たして自分にできるのだろうか?Cry for the MOONを観て、圧倒されていたのに、その中に飛び込んで大丈夫なのか。。?という不安でいっぱいでした。

でも、その頃ちょこぼでは
ぱんめんは舞台を、れおはラジオを、たくとはSAMURAI TUNESを、と個人で仕事を外でやり、ちょこぼのことを広めてくれていて、
「自分もそうやってちょこぼのためになることができたら!」と強く思っていて、
この素晴らしい機会を自分のために、ちょこぼのためにしなければ!と、頑張ろう!と、その不安以上に気合いをいれて臨みました。


練習初日、台本の読み合わせをする日。
恐ろしく緊張してたのを覚えてますw

あの日のことを、めせもあ。のみんなや脚本家の浅井さんが褒めてくれました。
自分が演じたホクという役が不安に駆られて叫ぶシーンがあるのですが、そのシーンを通して、ゲルたんやのっくんが「こぬに引っ張ってもらった」と言ってくれました。
本当にめっっっちゃくちゃ嬉しかった。。

でも、俺からしたら、台本の読み合わせが始まった途端からのめせもあ。みんなの空気感や読み方、演じ方を見て、
「あ。。やっぱり、こんなにすごいんだ。。こんなにもガツッと役に入り込んでやっているんだ。。」
って、
「自分も、恥ずかしいとか初めてだから、、なんて戸惑ってる場合じゃない。やり切ろう!」
って、みんなに引っ張ってもらったからこそ出来たんだと思います。

その後も、自分が思っていた以上に早いスピードで色んなことが進行していき
必死になって食らいついていきました。

正直、『ハモる』とかもそれまで自分には出来ないと思ってたんだけど、リトリガーを通して、少し出来るようになった気がするwww

役への向き合い方、ストーリー内でそのパートごとの世界観の感じ方、セリフの意味、
様々なことを浅井さんは丁寧にそして熱く教えてくれました。
そして、自分自身でも沢山考えました。


そうやって出来上がったホク。そして、本番の舞台。
「良かった」と本当にたくさんの人に言ってもらえました。
嬉しかった。。
自分のセリフ、パートでめせもあ。のみんなや観客席に泣いてる人が見えた。
嬉しかった。。。

演技って凄い。演技って楽しい。
舞台って凄い。舞台って楽しい。
いや、
リトリガーだったから、ホクだったから、みんなとだったから、こんなに楽しくて、終わることが悲しいくらい素敵な時間だったのかも知れない。。。

何かちょこぼのために頑張りたい。と思っていたことが、初めての外での活動が、初めての演技が、
こんなに幸せなものだったこと、本当にありがたいし、全ての方々に感謝します。


また、絶対に演技に挑戦したいし、今回のことをしっかり糧としてこれからも頑張っていきたいと思っています。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0967.JPG
ホク、ありがとう。
きっとノクト、ノーチと共に世界中色んなところいったりABOの支援活動して幸せに暮らす未来が待ってるはず。その後が少し知れて良かった。




、、、
書いてたら本当に長くなってしまったし、
まだまだまだまだ書けてしまう。。

ので、また放送とかしてそれ以外のこととかは触れようかな。。

とにかく!!

また、舞台で演技したい!w


出来るように頑張ります


みんなも

「笑う門には福が来る」だからね!
明日も明後日も笑顔でいようね!!




最後にこの方の写真だけ載せておくね?
















_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1010.HEIC



www


あ!

11/20の18時〜
ちょこぼフリーライブが
池袋サンシャインシティ噴水広場にてあります!
お願いします!是非、来てください!!!!!
1人でも多くの方に来て欲しいです!!お願いします🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️






ということで、

またね