クリスマスが近づいている。

特に何をするわけじゃないけど、
クリスマスは季節の中で一番好きだ。
冬がまず好き。

クリスマスはなんで好きかと言うと、
やっぱり幼い頃の、サンタさんにプレゼントをもらうあの思い出が記憶に残ってるからだと思う



我が家はクリスマス当日の朝、ではなく
クリスマスイブの朝にプレゼントが届いていた

人よりも少し早いクリスマスプレゼント


朝、暖房も切れてやや冷え切った冬の寒い朝に、
あったかい布団から起き上がり枕元を見ると、
可愛い紙に包まれたプレゼントが置いてある。


欲しかったオモチャ。ゲーム。
シルバニアファミリーのお家、リカちゃんハウス、
ゲームボーイアドバンスのソフト、
プレステ2の太鼓の達人、
任天堂DSのどうぶつの森のソフト

などなど



誕生日にもらうプレゼントよりも、
プレミア感が増すのはなんでだろう。

どんな人が送ってくれたのか、
置いてくれたのか、わからないからかなぁ


いや、親だろそれ、って思う???



思うよねー、うん、

私は最高にアホで純粋な子供だったから、
かなりギリギリまでサンタさんを信じていた。


いや、なんなら未だに信じている。




サンタさんがプレゼントを置くあの瞬間、
私はだいたい毎年起きていたけど、
目を瞑って寝たふりして、絶対に目をあけなかった

そうすれば永遠にその正体を知らなくてすむし、
永遠に信じてられるじゃないか!



夢をひたすら見るこの性格はこの頃から変わってないんだなぁ



サンタさんのプレゼントはもちろん徐々に変化していき、
オモチャだったのがお菓子になり、
ああもうそろそろ来なくなるんだな、と気づく



そして、いつのまにかサンタさんは来なくなった





大人になって、当たり前に来るわけもないサンタさんからのプレゼントを、
今も癖でクリスマスイブの朝に枕元を確認してしまう。

あぁ、やっぱり置いてないなぁ、、、なんて





子供から大人になるのは寂しいな
できることは増えても、あの頃の青くさい初々しさはなくなっていくな

でもまだ完全に自分はなくなってないと思ってるから、こういう季節に、あの頃のような初々しい素直な感情を思い出して、また今の自分にも染み込ませるんだー




いつまでもずっと夢を見ていたい🎄



世の中バランスが大事だ


人同士も、全てが同じ性格だと絶対にぶつかるだろうから、案外正反対の方が仲良くなれたりする
でもやっぱり似てるところもないと仲良くなれない気がする


結局はパズルみたいにお互い足りない所を補ってパッとハマるんだろうな

あっちが持ってるものをこっちが持ってなかったらそれはぴったりハマる
こっちが持ってるものをあっちが持ってなかったらそれもぴったりハマる



モーレツもそれぞれが持ってる特技が良い感じにぴったりハマって、めっちゃ良いと思える。


しげるさんはとにかく曲作りの達人。毎回良い曲を作るけど、それだけじゃなく、ピアノはこうで、ドラムはこうで、ベースはこんな風にしたい、っていうアレンジの想像まで明確で、それを的確に伝えてくるのが凄いなと思う。


まきろんはリズム感がめちゃくちゃ良くて、さすがドラマーである。少しでもテンポがズレるとすぐ気付く。私はリズム感がすこぶるなくテンポを保つのが苦手かつ、音符の長さとかサッパリわからんから、凄いなと思う。


あこちゃんはなんせ歌が上手い。モーレツはコーラスもガッツリやるけど、コーラスを考えるときにあこちゃんはパッとすぐに歌う。すぐにうちらのコーラスも考えちゃう。とにかく早い。凄いなと思う。


3人とも私にないものを全て持っている。



自分は何ができるだろうか。。。
あるとしたら、自分はうざいくらいに耳が敏感で、ちょっとでも音違うと それ違う!ってなるくらいうざい部分しかないけど、
これが4つのモーレツのパズルのピースのうちの1つになれてたら良いなぁ。

4つがぴったりハマって、めちゃくちゃ良いバンドやん!めちゃくちゃ良い音楽やん!ってなりたいね




少なくとも私は今のモーレツは、本当にモーレツにしか出来ないことをやってて、他の人は真似できないだろうなぁって思う、それがすごく良いと思ってて、好きである


みんながやってることやってもつまんないじゃない☆
モーレツ始動して半年経つけど、本当にどんどん面白いことしてるなぁって思う
とっても楽しいよ、私はモーレツに入って!



今やってる新曲があるけど、これまためちゃくちゃ良いのよ。
録音を聴いてテンション上がっちゃうくらい。
この録音を聴いてるときは、純粋なモーレツファンになる瞬間だ。
そいえば自分、ここのメンバーだった、って思うよほんとに



とにかく今のモーレツめっちゃ良いのよ
早く新曲聴いてほしいし、ライブを見てほしい
もっともっと、私も頑張るからさ!
ただただ、見てもらうしか良さを伝える方法はないのよ。



たくさんライブやってるから、いつでも待ってます





さぁ、一番気合い入ってるライブ、イギリス人とのツーマンがいよいよ明日の土曜に迫ってきました



楽しみ。めちゃくちゃ楽しみ!!!!!!
イギリス人とツーマンとか、嬉しすぎるなぁ

持ち時間たっぷりです、モーレツトップ19時!
よろしくね。絶対楽しいからね
来る方乾杯しましょう たらふく飲む予定です🍺


では!






11月10日(土)千葉LOOK
★イギリス人 × モーレツアタック 2マンショウ★

出演

イギリス人
モーレツアタック

open18:30/start 19:00
前売¥2500


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2375.JPG



明日、いよいよギャーギャーズのレコ発に出る!

モーレツに入る前からファンの私にとって、
ギャーギャーズの企画に出るなんて事件でしかないのだ。


せっかくなのでギャーギャーズとの出会いからレコ発に呼ばれるまでのお話を書こうと思う!



(めちゃくちゃ長いです) 






ギャーギャーズとの出会いはちょうど一年前のアメ村天国。
サーキットフェス特有の被りまくるタイテの中、
次どこ行こうと悩んでいたとき
一緒にいた友達2人に「ギャーギャーズに行こう」と言われた

「ちいぼぼちゃん、絶対ギャーギャーズ好きだから!!」と。



迷わずギャーギャーズに一緒に行った。
もちろんギャーギャーズは知っていたが、まだ見たことがなかった

結果、めちゃめちゃ良かった。良すぎた。
最高にかっこよかった。
なんでもっと早く見なかったんだろうと思った
友達の「ちいぼぼちゃん絶対ギャーギャーズ好きだよ」という言葉がその通りすぎた。
この日私は一発でギャーギャーズが好きになった

男臭いとこ、演奏のクオリティが高すぎるとこ、
フロアの盛り上げ方もすごいこと、何より楽しいライブ、かっこいいライブ
とにかく超好きだった!!!


あと、なんとなく根拠も別にないけどこの人たちは永遠に近づくことのできない、ずっと遠くにいる存在?正反対のとこにいる人たち?
うまくいえないけどそう思った
もちろんこの頃まさか一年後自分もバンドマンになって対バンするなんて思ってもみない



そんなことが、勝手にありえないと思っていたからだ
まずこの頃はまだ私はモーレツに入るか入らないかくらいの時期だった



そんな忘れもしない初ギャーギャーズのあと、
偶然にもすぐに東京でライブがあった
アメ天では遠くから見てたけど、この日は近くで見た
蛭田さんがフロアに降りてきていきなり椅子を出して座り、お客さんを地べたに座らせて弾き語り始めた

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3912.HEIC

⇧これ


なんじゃこりゃと思いながらも真ん前で体育座りしながらじっと聴いてた


そして今ではもうやらないけど、チャリンで恒例の男たちと相撲を取って投げ飛ばしまくってて、
チクショウ私も男だったらよかったと強く思った




二度目のライブもサイコーだった
やっぱり、かっけえなぁ、、、
そしてやっぱりどこか遠いとこにいるなぁ、なんて思った
こんな目の前で見てたやつが言うなって感じだけど笑



それからは結構日が空いてしまった
次見れたのは6月の渋谷LUSH
久しぶりに見たギャーギャーズはやっぱりかっこよかったしパワーアップしてた
前の方でギャーギャー騒いで汗だくなった
終わった後、いやぁほんとかっけえええ!と友達に言いまくった記憶ある


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9383.HEIC


やっぱりどこか遠かった
いや、純粋に好きなバンドだから当たり前なんだけど、
なんかほんとに良い意味で正反対の世界いるなぁて思った
この頃の私はモーレツに入って、ライブがスタートした頃だ
初めて見たあの日はまだ普通のバンド大好き人間だった、対バンだなんてそんな夢すら生まれるわけもない、憧れの存在だった、しかしバンドマンになったこの日の私は、ギャーギャーズと対バンするのが夢になっていた 淡い淡い夢だ


ちょっと書いてることがぐちゃぐちゃになってきて意味わかんなくなってきた、ごめん

さぁ、この時点でまだメンバーと話したことがない
というか、話さないでおこうと決めていた



なんでかっていうのは長くなるから書かないけど、まぁこの頃ちょっと色々あって、
私は元々ライブ見に行ったらお話もしたいタイプの奴だったので、好きなバンド見に行って、メンバーと話すってのが多かったんだけど、
それが引き金になって、色々めんどくさいことがあったので、、

とにかくやめようと思ったんだ、うん
ギャーギャーズはひっそりと応援するぞと決めていた



だから話したことなかったし、近くにメンバーいるー!ってあたふたしながらもその日もライブハウスを後にした




で、またまた偶然にもこの一週間後にまた東京でライブがあった
高円寺HIGH。この日が最初のターニングポイントだ。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9586.HEIC

我ながらなかなか良い写真だ。笑


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9608.JPG
ワクワクさん大暴走写真に写りこむワシ。
(探してみよう)
これからも分かる通りすごく楽しかった
この日も、ギャーギャーズ最高だった
男だったらギャーギャーズになりたいと思った






さぁ、最高のライブみて元気もらたし、帰ろう
としたときに偶然ライブ友達と会った
そしてそこで喋ってたら、外から蛭田さんが歩いてきた

やべえ!!!!帰らねば!!絶対話さんのだ!!!
ってアタフタしてるうちに蛭田さん、
「この前渋谷来てくれてたよな?!」


うん、ひっそり応援予定がしっかりバレていた


アタフタアタフタしてたら友達はフロアに戻り、
私と蛭田さんだけになった
意地でも帰ろうとしたら(帰りたくはないけど)

「おい逃げんなや〜!!
まぁこのコーヒー飲み終わるまで付き合ってくださいな!」

これが初めてギャーギャーズとコミュニケーション取った瞬間だ



よし、もう良い!へんな自分の掟なんて捨ててやる!喋る!せっかく本人がいるんだから!いや喋りてええええ!!!!喋りたかったですうううう!!!!




バーーーンと吹っ切れてたくさんおしゃべりをした
なんで逃げようとしたかとかその理由を話したり
「そんなん気になさんなー!」って言ってくれたり




そして、ここであることを思い切って言った
「じつは8月に徳島の反逆フェスで一緒なんです!」

そう、この頃ちょうど反逆フェスが決まっていた
なんとギャーギャーズも同じ徳島編。
このニュースを聞いた時飛び上がったんだ。

これを言おうだなんて1ミリも思ってなかったし、まずライブみに来てるからその頭ないし、
なんか媚び媚びみたいですげー嫌だなぁって思うから、
でも、これは、言わないと後悔する気がすると直感で思った


恐れ多い「一緒なんです!」宣言。をしたのだ


すると蛭田さん、「そうなんや!!!!なんてバンドやったっけ??!よろしくなぁぁー!!!」

「モーレツアタック です!」

ここで初めてバンド名を出す。あぁ言ってもたーーー!!



「モーレツアタック、、!わかった!!タイテさえ被らなければ見に行くわ!!」




ま、まじでーー!!!?!?!?(叫)


えぇ、見てくれるんですかって返したら、いやいや被らなかったら見るやろそりゃあ!笑 
って笑って答えてくれた


それだけで超嬉しかった

そんな時ゲッテさんが来た
蛭田さん、「この子徳島で対バンやってー!」と話し、
いやいや対バンだなんてそんなそんな、、てわけわからんアタフタまた出ちゃって、

よろしくお願いします!!ってなって、


いやぁぁ同じステージ立てるなんて本当に嬉しいです夢のようです違う世界の人って感じなのに
って感極まって話したら、蛭田さんが
「いやいや全然関係ないで!俺ら全然敷居高くないから!そこら辺の兄ちゃんみたいなもんやから!」とこれまた笑いながら言ってくれた
自分にとってめちゃくちゃ高い所にいる人がなんも着飾らずにそう言う姿にますます自分もこうなりたいと憧れた


そして物販に行きずっと欲しかったCDを買った
物販でピッサンと対面。サインどこ書きますかーーて率先。
蛭田さんのサインはいつもと違うやつらしい。
ゲッテさんは、「もしかしてちいぼぼちゃん?」と聞いて来た。そうです!!!!震
「やっぱり!徳島、よろしくね」と仏のような優しい言い方。
そしてワクワクさんが来た。ワクワクさんは来るや否や囁くような言い方で「モーレツアタック」とだけ言ってきた。(どこで一致した?!笑)
やっぱなんか一足違うと思った
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9604.HEIC

結局、ちゃっかりメンバー全員と話し、ちゃっかりサインももらった



まさかこんなことになるなんてと自分が一番びっくりだったが、心はとってもハッピーだった

もう変な気にしすぎやめよーー!って
(過去のトラウマが消えた)







そして8月がきた。反逆フェス徳島編。


ついに同じステージに立つ日だ!
初のサーキットフェスに出れる喜びと、ギャーギャーズと同じステージに立てる喜びでWでワクワクしていた


しかし!!!!!
お盆の祝日、まさかの徳島まで18時間もかかる大渋滞。
本来、タイテはモーレツの次の次がギャーギャーズで、
モーレツは16:50からだった
とても間に合わない。。。。。。。。。
自分たちはライブできるのだろうか、その焦りと不安でいっぱいの車内だった


結局、間に合わなかった
主催の武装衝突の配慮、そしてトリ前予定だった猿真似乞食が出番を代わってくれるという、出演者とお客さんの全ての優しさと理解によりモーレツは無事ライブをすることができた。感謝しかありません。。。



代わってもらった時間も20:10から。
会場についたのは30分前とかの19時半頃だった。
楽屋に入ったらちょうどライブを終えたばかりのギャーギャーズがいた
ドアあけてまずソファに蛭田さんって感じだった

あぁぁーーー!!蛭田さんーー!ギャーギャーズ間に合わなかったーー!!泣

すると蛭田さん、「遠くから大変やったなぁ!俺らも渋滞で着くの遅れて、着いてちょうどモーレツの時間くらいだったけど、あれ?モーレツちゃうやん!ってなった!笑」

そうなんです、出番を代わっていただいたんです泣 
と色々会話をした


ギャーギャーズ見たかったなぁ、と思わず言葉を漏らしたら、すかさずヒーロー蛭田は
「でも俺らはそのおかげでモーレツ見れるから!!楽しみにしてる!!頑張ってな!!!」
と言ったのだ

自分たちのライブ間に合わなかったのにも関わらずこんな言葉言えるってヤバいと思った。ヒーローじゃないかと思った。自分もこういう立場になったらそう言える人になりたいと思った。




よし、頑張るぞ。ライブができる。よかった、無事ライブができる!


気を取り直し、無事にライブができることに感謝をして、ステージに向かった
トラブルも少しあったが笑、なんとか無事
ライブをやりとげた
たくさんの人が見てくれた。出番を代わってくれた猿真似乞食も見てくれた。

そしてギャーギャーズも見てくれた。
社交辞令の言葉ではなく、しっかり本当に見てくれた。


心から嬉しかった!!!!!



モーレツを見ているギャーギャーズは楽しそうな表情だった
自分の好きなバンドと同じライブに出て、同じステージに立って、なんなら自分を見ている。
まだ、バンドに入ってわずかな自分にとって凄い事でしかなかった



終わったあと、めっちゃよかったよー!!と言ってくれた

また、一緒にやりたいね、やろう!!!




また出来たら良いな、またできるように頑張ろう



心から思った




この反逆フェスが第二のターニングポイントだ。


いつか対バンできるといいな

そう思っていた矢先、



まさかの、まさかの、、、、、





東京で企画やるからモーレツに出て欲しいとの連絡が!!!!!



そう、また一緒にやろうな!!という言葉は嘘ではなく、しっかり現実のことになった



連絡もらった瞬間、人生でたぶん一番飛び跳ねた。実際にたぶん飛んでた。
携帯を何度見直したか。
今年間違いなく一番びっくりしたことだし、とんでもない出来事。



死ぬほど嬉しい!!!!!!!!!!!!!




これは奇跡と言いがちだが、奇跡ではなく、
紛れもなく縁と縁が重なって叶ったことだ


ちいぼぼ舞い上がってるーー!なんて感じかもだけどちいぼぼの力なんぞ何もなく、
この4人のモーレツにいたから叶ったことだ


本当に本当に、嬉しいなぁ。




もっともっと、モーレツやべー!カッコいいー!楽しいー!最高ー!ってたくさんの人に思ってもらいたい


明日は、めちゃくちゃ進化している最中のモーレツ、トップバッターでぶちかまします!!!


ギャーギャーズにも、徳島からさらにパワーアップしたなぁって思われるライブをしたい!する!



なんせ、対バン全て豪華です!!!!!
赤いくらげ、抱きしめるズ、ゴールデンローファーズ
ほぼ初めましてだけど、すごく楽しみ
ライブを早く見たい!!!!!まじで、豪華すぎる





すごく長くなりました。ここまで読んでくれた人ありがとう!笑 こんなん読んだら、どれどれこいつはなんなんだと見に行きたくなっただろう!笑

こんな感じでいろんなストーリーがあり、明日のレコ発を迎えます。
大好きなバンドのレコ発を盛大にお祝いするよ!
ぜひ、オープンから遊びにきてください!


お前のアンチヒーロー いや、最高のヒーローギャーギャーズとの夢の共演、見に来てね!!!






11月3日(土)新宿marble
ギャーギャーズ Release Tour 2018
~ON!OFF!カチカチやっちゃってツアー~

ギャーギャーズ
赤いくらげ
モーレツアタック
THE抱きしめるズ
ゴールデンローファーズ 

open18:00 / start 18:30
前売¥2000


モーレツ出番トップの18:30!


新宿マーブルで、待っている!!!


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2367.JPG


↑このページのトップへ