こんばんは、スタジオ地図です。

先日、細田守監督最新作の製作発表が行われました。
最新作のポスターがこちらです!

m8vZ9ngt4k.jpg
細田作品を象徴する、青い空と入道雲。
そこでは手を取る2人、セーラー服の女子と小さな男の子。
タイトルは『未来のミライ』です。 

製作発表会見には細田守監督と齋藤プロデューサーが登壇しました。

_DSC6011.JPG

細田監督
「この作品をひとことでいいますと、
4歳の男の子に妹ができて、両親の愛を妹にうばわれ、
そのお兄ちゃんが愛をもとめてさすらい旅立つ話です。
ポスターの右下の男の子が主人公で、
そのお兄ちゃんにうまれた妹が空を浮遊している女の子、名前をミライちゃんといいます」

ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんが出会ったのは、
未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。

4歳の男の子を主人公することは、一般的な映画にはありえないことで、
新しいチャレンジだと言う細田監督。
主人公の名前は“くんちゃん”と『未来のミライ」という
タイトルをつけた意味も話しました。

細田監督
「なになに君、なになにちゃん、という意味で
くんちゃんという名前にしたんです。
これはアイデンティティが揺れ動いているという存在を表します。
その人はどのように未来を考えるのか、未来にたどりつくのか、という話なんです。

いまは多様な価値観を持つ社会になったぶん、
何をしたらいいかの基準がなくて、個人はすごく揺れ動いています。
その中で、どう生きるのか、未来はどこなのか、
を思いながら作っていくとこのようになったんです」

くんちゃんが出会うのは未来からやってきた妹、未来ちゃん。
(スタジオ地図ブログのアイコン画像にもなっています!)

未来のミライはまさに読んで字のごとく
未来から来たミライちゃんともとれるし、
そのミライちゃんの未来ともとれる。
そして未来という概念の未来とは何か、とかいろんな意味にとることができます。

細田監督
「いまの子供たちは何を思って育ち、どのように大人になっていくのか
すごくおもしろくて興味深い課題だと思うのです」

そして、細田監督がいままでの作品でも描いている“家族”というモチーフ。
『サマーウォーズ』は親戚
『おおかみこどもの雨と雪』は母親
『バケモノの子』は父親
そして『未来のミライ』で描くのは、きょうだい。

細田監督
「家族を描くのは今日的だし、家族が時代とともに変化していて
変化しているぶんだけ描く必要があるモチーフなんです」

『未来のミライ』の公開日は2018年7月20日(金)です。
公開に向けて、細田監督はじめ、スタッフ一同、
フル稼動でがんばってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします!

公式サイトもぜひチェックしてください!

細田守監督最新作『未来のミライ』
公開日:2018年7月20日
公式サイト:mirai-no-mirai.jp