あなたが楽しいと言ってくれるならば、内容はどうであれそれでいいと思う。


本日のクリーン活動は、珍しく一人ではなく
トラッシュ・ロワイヤルと言うイベントに参加をしてきました。


北千住駅に集合


ん?時間通り、、、
誰もいない、、、


置いていかれた???


時間をみると

1時間早かった^^;

これは失敗です。(余談は明日のブログへ)



約45分後に集合場所へ

一人の若い落ち着いた雰囲気のメガネをかけた女性が目に付きました。 



珍しく話しかけもせず、1人Twitterにて他の参加者を探す私。(あとあとハッシュタグをミスって理解していたため、間違った検索をしていたことはナイショです。)






しばらくすると
トラッシュ・ロワイヤルの主催者が到着。

若い男性

高校生ですね。

良い目をしている青年。

そして先ほどの目に付いたメガネの若い女性も輪の中へ
あとは知り合いのクリーン活動ベテランのJUNKOさんも。

その若い女性は大学生かと思っているぐらい落ち着いている雰囲気で、こちらから話しかけると高校生だそう。


(hiro)「このようなご活動は何回めですか?」
(女性)「初めてです」


正直ビックリとしました。

でも慣れるとクリーン活動のベテランさんは時間ギリギリに来ることは多いので

なんとなく納得をしました。


(時間を持て余させてしまったことに少し後悔)



少しの雨模様は北千住駅から荒川河川敷までの徒歩の最中には土砂降りになり

もはや傘をさすのも辛いくらいです。

隣を歩いてくれた先ほどの女性は、メガネに雨のしずくが当たり少し視界が遮るのでしょうか。

(話を聞くのが上手いタイプ)
大抵このような方は、人生の舵取りを失敗しなければ、どこでも上手くいくタイプです。


驚いたのははじめてのこういったイベントに
友達も連れず来たこと。

いや怖くなかったのかなと思います。
たぶん怖かったと思いますよ。


そういった不思議は徹底的に解明したいと思うのがフリーライターの思うところですかね。



荒川河川敷についた一行

PXL_20210328_032552645.jpg
PXL_20210328_032538130.jpg
旗が立ててあり、このトラッシュ・ロワイヤルの
参加者一同は集合
メンバー
一行には濃いメンバー(クリーン活動のプロ)

その中で学生たちもいましたが、
それぞれお友達と話をしており、

年配の方や男性などには

平気で話しかけられる私ですし


その場所はここのため

PXL_20210328_031857364.jpg
分かりますか?


電車が通るたびに会話が聞こえなくなるため


ある意味私のような人間にとって

格好の"舞台"なのです。


主旨説明はほぼノンストップで来る電車の騒音にて

作為的に遮られます。


トングと軍手が渡され

それぞれの班に分かれてスタートです。


ここからは恒例Twitter投稿です。
(先に謝っておきます、ハッシュタグ間違えております。ごめんなさい。#トラッシュロワイヤルとつけるべきでした。)


ビデオテープ!!

荒川河川敷に来てみて

生活ゴミの多さに驚きました。


川から海に流れる中

このようなものが当然海へとも流れ出ているのであり、

やはりごみ問題の解決の難しさを痛感しました。

一部のクリーン活動のプロは真剣になって
取材で来ていたラジオの記者の人は、
取材をそっちのけでゴミを拾ったとか
↑これはこれで問題かと

しかしこの啓発活動については
オプティニズムに伝える

これは明るく明るくと
学生さんから教わった43歳のフリーライターは

ブレませんよ。


ひたすらに笑いをとりまくる(すべっています。)

真剣に拾うのも大事なこと。

ただクリーン活動の普及を目指すならば


面白く、楽しく
汗をかいて

スッキリとしてもらうのが

良いかなと思いますね。

ただ

ドリキャスとか。

ヘルメット(Rさん笑いに使わせていただきました)


集めました。

基本的に良心の塊の方々は

クリーン活動に対して

真摯に取り組み


やり切るまで拾います。

(これは正しい人間らしい行動です)


ゴミの量これです


廃棄の場所が揃っているため、
なせた技ですし

お金がかかるのも
仕方ないのかなと思いますね。


運営の方にもう少し聞きたかったのですが

おそらくこの回収量では
かなり廃棄にお時間がかかることを想定されました。

この人数をこの期間内に集めたこと

それを実行したこと

そのものに敬意を表したいと思います。


学生の企画してからやり切る力。

凄いですね。


さてさて

今回クリーン活動初参加のメガネの若い女性は、
チームのメンバーとは馴染めなかったみたいですが、運営の方のサポートもあり、真剣にクリーン活動を
そしてその後
「楽しかったです」と言いました。

それがすべてではないかと思います。

こう言ったはじめての参加の人たちが


楽しめるイベントは、純粋に応援をしたいと思います。

沢山の笑顔をいただいたので

素敵な出会いに感謝です。


あなたが楽しかったと言ってくれるそれだけですべてのものごとには"価値"があると思う。
だから私は目の前のあなたを笑わせようと頑張る価値があると思う。


新たな"気付き"でしたね。


ご参加のみなさまお疲れ様でした。

トラッシュ・ロワイヤルにご興味のある方は
こちらのTwitter
もしくは公式ラインへ
次回は企画中です。

追伸1、何名か途中で消えた方?がいらっしゃいますが、基本クリーン活動のプロの方なので^^;
追伸2、若い女性曰く、一人で来た決め手は「プロフィールの顔出しがあったから」と言っていました。
追伸3、大雨の原因は隣の南千住でとある団体がイベントをしていたせいらしいです。(終了13時らしい)
追伸4、ラジオの方には報道をさせるべきかと思います。そのほうが宣伝になるので(T_T)