今日は通院です。

MVIMG_20200117_105000.jpg
成田の駅前の興味惹かれる
松本零士♥銀河鉄道999♥


この付近のバス停から
病院までバスが出ているのですが、

何か「ブツブツ」つぶやいている男性。

一瞬少し「?」と思いつつ

よくみてみると白杖


あ!と思い。

私「どうしました?」

男性「あ!バスがここなのかと、、、」

私「どちらまで行かれます?」

男性「○○病院まで」

私「ここですよ。あと2分で来ます。私も一緒なので一緒に行きましょうか?」

男性「ありがとうございます。ごめんなさい。助かります。」


我思う「ごめんなさい?」

そこまで丁寧に、、、しなくても??

でも理由は帰りに分かりました。


この○○病院はバス停が病院から離れています。

帰りもバス停で待っていると

その白杖の男性が、、


車道スレスレを歩いてきます。


通行人のオッサンが居て
白杖がぶつかりました
男性「すみません。ごめんなさい。」

オッサン「チッ」(舌打ち)


私「大丈夫ですよ。バス停こちらですから」


白杖って調べてみたら
弱視の証

でもしょっちゅう人にぶつかるので

謝りなれてしまうそうです。


横柄に
「どけどけ」って来たら流石に嫌ですけれど

そこまで謝る必要あります?


私が声をかけると

男性「行きも声をかけてくださった方ですよね。」


私「そうです。解るなんて凄いなぁ。」

男性は少し不機嫌そうに

「目が悪いとね耳が鋭くなるのです!!」


あ!ちょっとセンチな部分に触れたのかな、、、

と思い黙ってしまいました。


フリーライターの仕事をするようになってから

だいぶズケズケと人の中に土足で入り込むようになってたつもりですが、

やはり少し相手が明らかにガードしてしまうと


田舎の街は障がいを抱えた方には
優しくないようです。


田舎に限ったことではないか、、、


それにしても
病院の前までバスが来てくれないものか?

今度成田市に陳情してみようと思います。



それでは
また明日


裏ブログ〜