原案 


ミサ様ありがとうございます。
リブログさせていただきます。

注:付け加えた部分等はあくまで創作です。

20191211_1746_09073.jpg



題名は「still〜鏡の中のわたしは」に決定しました。



still〜鏡の中のわたしは

心は顔にでるの
心を映す鏡はないけど
今映してる青白い顔
理由は知っている

言葉は顔にでるの
言葉を映す鏡はないけど
今発してる冷めた台詞
理由は知っている

私ってこんな
顔も出来るんだよと
あなたは知らない
私の顔を
今度は見せてあげる

心をもっともっと温めて
青白い顔は見せないで
あなたの望む私になれたら
きっと目の前に現れると思う


木の葉が風に流れる
木の葉を目で追い続けていて
どこへ行くのどこへ消えるの
行方は知らない

コルクは転がっていく
コルクを目で追い続けていて
冷めたワイン飲み干してみる
渋苦い恋の味

私ってこんな
女だったっけかな?
あなたは知らない
私の顔を
次会うとき期待して

ここへ来てそばに来て
私の温もりになってください
あなたに抱かれ私は知るの
きっと恋の味を知ると思うの


そうして月日過ぎ
黄金色の銀杏も消え
裸になった木々たちと共に
私も冷えていくの全て


心をもっともっと温めて
青白い顔は見せないで
あなたの望む私になれたら
きっと目の前に現れると思う

ここへ来てそばに来て
私の温もりになってください
あなたに抱かれ私は思い知る
きっと恋の味を知ると思うの

薄暗く冷めたワインは
鏡の中の私の恋の味




以上です。


ありがとうございました。