月別アーカイブ / 2019年12月

いろいろ世間は声があるようですが、

89f8f712765b53a5fa1b5c3c0b4683ee_s.jpg

とりあえず私の罰ゲームのせいで

パプリカが大賞取れなかったら

責任を感じるところでした。←完全に自己保身


パブリカは本来

選考基準を満たしていません。

2018年8月の発売ですからね


本来のレコ大には

米津玄師の馬と鹿を選考したかった。のでは?


最後まで競ったのは

欅坂46の黒い羊と
パプリカ


乃木坂46は
インフルエンサーと
シンクロニシティと
比較されて落とされましたね。
あとは選曲が悪かった
純烈、DA PUMPとハッピーで
被りましたからね

その点で損をしたのかなぁと

その点foorinはバランスが良かったですね。

その分の加点がありました。

おそらく演歌系歌謡系からの審査員からの加点もあったのでは?


欅坂46の黒い羊は非常に良かったです。

どちらが選ばれても
おかしくなかったと思います。

ただ黒い羊は好みが分かれてしまうので、
多分パプリカの方が選びやすかったのでは?


乃木坂46は
生駒里奈の卒業の穴が埋められていないかと
やはり乃木坂の現メンバーには
迫力を感じるものが若干薄いかなぁ
と感じる
みんなキレイだけれどね。

まぁこれはAKB48にも言えることなのですが


なんかね
しごかれてないのよ。
追い込んで
追い込んで
とことんやりきった感が少なかったように感じてしまう。

生駒里奈には秋元康やクリエイター陣に
とことん言われて追い込こまれて泣きながら鍛えられた過去がありますからね。
作り込まれた気迫
そんなものがありますから、
それに変わるメンバーを求めるのは
今の乃木坂46、3期生4期生に求めるのはちょっと酷かなと。


乃木坂46はおそらくリトグリのECHO、日向坂46よりも
採点は低かったと思います。


Foorinは

今年パプリカだけで頑張りましたよ

何回パプリカ歌ったか

「一曲推しは強い」


レコ大は間違いなくこれが言える


昔のAKB48は水着シングル
選抜シングルがあったから
熱量が違った。

決して今のメンバーが頑張っていないわけではない

でも壁をぶち破った人間と
壁にもぶち当たっていない人間には
大きな差がでるのです。
嫌なことでも
辛いことでも
乗り越えたら人間は磨かれるのですよ。

これはどうしようもない人間力

あとは事務所の力ですね


坂道は日向坂をつくったことで
3分化した、
やはり一人のクリエイターがとびきりの傑作を作れるのは
1年に1曲が限度なのですわ。

クリエイターは秋元康
確かに数多く優秀な作品を生み出すヒットメーカーですが、限界はあります。
それぞれ作曲家は別についていますけれど

おそらく坂道グループでは欅坂46に取らせたい意向があったのではないかと。



グループは
ヒットメーカーの性として

いくつも年間に曲を出すから


本来のレコ大は曲を選ぶ特性から

その一曲への思いが強いほうが勝つのです。



乃木坂46メンバーが悪いわけではない
でもクリエイターから
この一曲で勝負への気迫が
一昨年のインフルエンサー
去年のシンクロニシティと
比べてやはり少しね、、、


作詞家目線から僭越ながら言わせてもらうと今年発売した坂道系のCDだと

間違いなく黒い羊の歌詞がダントツ。

平手のパフォーマンスと欅坂46の世界観がマッチしていた。

良かったですよ。
黒い羊とパプリカだけは仕事の手を止めて観てしまいました。



あれだけのメンバーに入ると
日向坂46もやや軽く感じてしまう。


時代に求められているもの

そう言ったものを素直に提供することが

大きな選考基準なのでは


とりあえずfoorinおめでとうございます。
それと

子供達
会場で踊った人
テレビの前の子どもたちも踊った

今回のレコ大は子どもたちの思いの勝利だと思います。

今日は紅白歌合戦かなぁ

生放送の歌番組
パフォーマンスは素晴らしい


優秀音楽賞の方も十分に素晴らしいステージでした。

本来は見たかったのですが、聞きながらなんとなくそう思いました。

それでは
また明日


今年のブログはこれでおそらく最後になります。

本当にお世話になりました。

また来年お会いしましょう。

裏ブログ〜選考にまつわる裏話などなど


LINEのリブログは1つだけじゃあーりませんよ。

2つ3つと貼り付けること可能。

リブログされた方には通知が行きます。

1つの記事のリブログの仕方は誰でもわかリますよね。

20191230_1715_25982.jpg
ここをおすと

20191230_1718_12418.jpg
↑これがリブログ(記事1本)


2本以上は、、

URLをコピーして

貼り付け

20191230_1720_43074.jpg
そしてコピーしたやつを↓↓↓

20191230_1725_19910.jpg
ちなみにここへ↓

20191230_1727_21342.jpg
URLを貼り付けると
何記事でもリブログできます。


もし他人の方のLINE BLOGの記事を
同様に貼り付けた場合でも
リブログの通知が行くようです。


間違っていたら
教えてくださいませ。

知っている方へ
通知すみません

写真白ベースで読みづらかったら
言ってくださいませ。

注、機種により若干違うかも、それも教えていただけると幸いです。

見本記事

日本がこれから超高齢化社会を支えるために、

いくつかの提案を行いたいと思います。

4032745b5d6e16839ce5820598c1c966_s.jpg
(紺色らいおんさんによる写真ACからの写真カ)


若者には無くて
高齢者にはあるものとは?


会社でも
ビジネスでも
1つだけ言えることは

信頼できるパートナーを見つけるということ


私はフリーライターとしてひとりですが、

仕事上では

ビジネスパートナーが常にいます。


記事の校閲者や

仕事の編集部などですね。

要は1人でやっていると
言うことでも
実は複数名の人が関わっているのです。


少し話はそれましたが

高齢者にはあるものとは?

人生体験です。(経験とは言わない)


これから
キーボードではなくて
その人の声を解析して

自動的に文章に落とせる

そんなアプリなど


高齢者だけでなく
流行るのでは??


あとは高齢化を見通した

ミニマリスト的な生き方を提案したり

自動化したテレビ、家電
家事ロボット

さらには介護ロボットなどの導入。


さらに

その人の人生の
回顧録なんかを
自動的にして
エッセイにする


その人が体験した
ものを残していく仕事なども大事なのでは?


伝言ゲームで語り継ぐよりも
その人が書いたもの直接語ったものの方が価値があるような気がします。


高齢化社会には
大きな闇をはらんでいますが、

その人の人生体験には
興味があります。


何より健康
病気をしないこと

ご長寿には学べる点がたくさんありますね。


私がブログを読むことが好きな理由も

人の人生を垣間見られるからかも知れないですね。


あと今年も少し。

皆さまご健康に!!


裏ブログ〜

↑このページのトップへ