ついに帰るときがくると

名残惜しいものです。

朝食は宿から歩き

黒門市場へ

DSC_0178.JPG
DSC_0179.JPG

朝なのでまだ人は少ないです。

こちらも道頓堀同様

若干外国の方が目立つ場所です。


ここへは別の用事があり

立ち寄りました。


それから南海なんば付近まで歩きました。

実は今回の日本橋、なんば往復3回目

なんでかは後日談で語ります。


帰りは御堂筋線から新幹線

DSC_0185.JPG

新幹線乗ることすら、
もう数年来無かったかなぁ、、、

のぞみはやっぱり早い

寝不足気味の新幹線は心地よい揺れ

うつらうつらしつつ品川着

ここで一気に冷めます

まずエスカレーターに、


左側にスペースを作ってしまうのに慣れてしまっているのでしょうか??

あ!東京なんだ。と我にかえる瞬間。

荷物あったので総武快速線のグリーン車に乗りました。

DSC_0196.JPG
DSC_0197.JPG

東京駅発の瞬間。

スカイツリーは普段は見えるのですが、

霧雨で煙って見えないですね。

DSC_0199.JPG
DSC_0200.JPG

関東の天候、ずっとこんな感じだったらしいですね。

今回の旅は、天候に恵まれたのが、
一番ラッキーでした。


成田は祇園祭のハイライトなので

JRからロータリーにも出られなかった&大雨なので、バスで家路へ

ありがとう大阪

また、来たいな!!

よし溜まってる仕事頑張ろう。

充電してやる気マンマン


出会い、再会、を通して

自分の生きる意味を再確認しましたね。


それではまた明日
後日談から通常時間投稿しますね。

3日目の食いだおれパーツは焼肉

日本橋  安安!

地元の方の案内で、

予約を取ってもらった

炭火焼き肉

お店の立地は、

日本橋に側にあり

駅の南西側の好立地。

DSC_0159.JPG

↑スタートメニュー(これを焼いてからお肉の注文が出来ます。)
DSC_0160.JPG

飲み物はリアルゴールドをあつかったものが印象的(写真はビールとオレンジジュース)
DSC_0161.JPG
DSC_0162.JPG

↑シーザーサラダ
DSC_0163.JPG

タン
DSC_0164.JPG

↑焦がしすぎないようによく注目しながら焼きましょう。
DSC_0165.JPG

カルビ系は焦げ付きやすいので注意!
DSC_0166.JPG

↑一番旨かったハラミ

食べ放題がメインなメニュー

安安コースで100分食べ放題。

飲み物の飲み放題付きで2名8400円コースを選択です。


肉旨いっす!

炭火で焼く本格派!

やっぱり炭火で焼くだけで旨さ違いますよね。


やはり食べ放題ならサイドメニューも(写真はシーザーサラダ)、アイスなんかもあるのですが、

やっぱり肉をひたすら食らうこと。

ご飯はあまり食べない方がいいですね。

メニューの注文はタッチパネル

DSC_0167.JPG

ドリンクなどもこちらで注文。

ドリンク飲み放題はグラスが開いたら交換。

炭火焼きでクーラーをかけているのもあり、

目に煙が染みます。(またこれも良い思い出なのですが、、、)


上手な焼き方のポイント。

薄い肉はこまめに裏返すべし、

炭火は網の中央が火力強いので、

網に乗せすぎないことですかね。


焼きながら、食いながら、
なかなか忙しく時間終了。

オーダーストップから20分あるので、
ちゃんと食べきれる分頼みましょう。
(残すとお金をとられる場合があります。あまりにもひどい場合)


しかし、網の交換のタイミングやスタッフの対応も早く。
細かく動いてくれますね。

今回はお相手の方が
20時に予約してくれました。

丁度お店開店後の食べ放題の人が帰るタイミングなので
20時予約おすすめですよ。

詳細はスタッフへ聞いてください。
細かいことまでいろいろと気持ちよく対応してくれました。

あー今日も食い倒れたーーーー!!



チェーン店ですが、地域ごとにメニューが異なります。

日本橋店は立地もよく、そこそこ混まないので、おすすめ!

南海電鉄側のTAKASHIMAYAに来ました。

ちょっと人待ちをしている関係でこの場所にいます。

DSC_0158.JPG

この写真の左側に高島屋の社員やスタッフの通用口があり、少し異様な光景を目にします。

皆さん取って付けたようにお辞儀をします。

そこでの子供の会話

「なぁなぁここおもろいで!お辞儀の仕方でキャリアが解るねん!」

「あ!これ2年目やな!」

「あ!しなかった!JRの社員やな!」

「あ!しっかりお辞儀した!納入業者やな!」
「違うねん。新人さんやねん。」
「アホかお前。あの年期の入ったスーツのどこが新人か。」

(すみません。聞いた記憶を元に再現しています。間違い関西弁ならご指摘下さいませ。)


的確にツッコミを入れていく子供。

笑いのセンスはこのようなところで

磨かれているのでしょうか??

↑このページのトップへ