母が見に来た 
中学生の時になにかで「親が自分より馬鹿であると早く気づくと生きやすい」って見てから何年か母に、馬鹿だからしかたないなあといろいろなことを諦めていたし、仕方ないと思ってた。

今日泣きながら「胸が一杯だった、胸が詰まった」と言っていて、母も虐げられていた当事者なのだとわかった。

1人目は流産してるし、父はギャンブラーとアル中で、祖父も虐待父だし、離婚後めちゃめちゃお金を稼ぐのに苦労してたし、考えてみれば当事者として一番近い人だったな。私もまだまだ勉強不足

「いちばん、一番良かった」ってずっと言ってて、母は応援しに来てくれるって事で、話は分からないかな難しいから、寝ちゃうかなって思ってたら泣きながら見てて
ずっとママが悪いみたいに馬鹿にしてごめん、と贖罪の気持ちと親子のフェミニズムの壁を少し乗り越えた気がして嬉しかった。

ずっと言いたかった、「私も妹も成長したし、ママはママの人生を生きてね」と言えた

良かった
これが私のフェミニズム、明日も立派に生きよう




が、最近わかってきたのでメモ

①筋トレよりストレッチ とにかくほぐす、ゆるめる、剥がす
②コーヒーを1日二杯、水を2リットル以上飲むこと
③お腹が空いたら野菜ジュース
④食前の防風通聖散
⑤小麦が一瞬で太るのでパン、麺類は基本的に禁止。ご褒美食!
⑥お米はいくら食べても太らない
⑦糖質より脂質を抑えた方が痩せやすい
⑧野菜、汁物から先に食べる
⑨甘いものは食べてもいいけど小麦類は避ける。果物、ゼリーとか氷菓がいい
⑩モチベはマドンナ

クリエーションをしてると辛い時ネガティブになりがち
まあ大変な事だから

でもそんな時こそポジティブである事
今朝あ〜疲れてるな〜って時に、いろんな連絡がきてやられてしまってダウンしてたんだけど
ドラァグクイーンの曲聴いてマドンナ見てたら元気になってきた!
なんだってポジティブに 怒りと愛が状況を変える
人は絶対に変わらないから自ずから変わる事

何か疲れてる時は自分の人生ルールに反してることをしてる時がおおい。
なんでも、ポジティブに話すし、前向きじゃなくていいから、前を見て生きること。
今日も一生懸命に、今日という日を楽しんで生きよう。
忙しさという波を乗りこなして、忙しいことも楽しむ

いってきます!

↑このページのトップへ