我が家は小4と中3の息子がいるわけですが、
小学校と中学校の差を考えてみた。

例えば小学校の個人面談の場合、本人達の個性を褒めてくれたりする。もちろん勉学の点についても話したりするが、どちらかと言うと楽しく過ごせているか、学校ではこんな一面を見せてくれますよ、という話題が上がる気がする。

一方、中学に上がり中1ぐらいまではそこそこ朗らかな話もしたりするが中2辺りから、もはや成績の話、提出物の話、進路の話ばかりになる。
小学校では元気が良い事を褒められていた彼らも中学へ行くと今度は元気=怒られる対象=困りますお母さん・・・となる。

我が家は良いか悪いかは置いておき、
本人の意思で何事も進める事にしています。

高校へ行きたい、行きたい高校に届かないから塾に行きたい。

それが本人の意思だから行かせている。

勉強したくなければ、しなければいい。
勉強しなさい!なんて言わない。
一見子供には『いいな~』と言われる環境だけど
実はめちゃくちゃ厳しい。

つまり、自分の人生だからやりたいようにやれ。
好きな様に生きろ。その代わり何があっても自業自得。それでまた自分で学べと。
ただ親として突き放すのではなく、その学ぶ為のぶつかり合いは真剣にやらなければいけないけど。

小中学生にはまだ分からないかもしれないし、
親や大人の敷いたある程度のレールが必要なのかもしれないけど、中学に入った途端にそのレールをがっちり敷きまくり、本人の意思や心はどこへやら??という親や先生も多いのかな、と。

もちろん、本人の意思を尊重するが故に起こる様々な事もあると思う。でもその都度、親や先生周りの大人達がぶつかって来てくれた事で『今の大人達』(私達)は成長してきたんじゃないだろうか。

例えば悪さをしてしまっても、その大人達の愛のムチでブーメランの様に必ずいつかきちんと戻ってきたり。

レール敷きばかりしてる先生や親に子供達は何を感じているんだろう。敷いてくれたレールを歩く楽ちんさを覚えた子供達の心に火はつくのだろうか。挫折した時に、誰かのせいにしたりしないのだろうか。

ある¨お偉い公務員さん¨が言った。

【PTAをやればおのずとお子さんの成績も良くなりますよ】

ただちに辞めて欲しいと思った。

今の教育はAIを作っているのだろか。

誰が子供達に夢を持たせ、心に火をつけるのだろうか。誰が個性を認め尊重してくれるのだろうか。

もちろん、問題は山積みで掘り下げるほど、改善しなくてはいけない点が社会と、教育現場に山程出てくるけども・・・。そしてもちろん私達『親』にも。

皆さんはどう感じてますか?


Twitter▶︎maiko__goto
Instagram▶︎maiko._.goto