チビ珍獣は料理を作るのが大好きで。
何かってーと作りたがる。

作れないならせめてアイスコーヒーを。
せめて温かい緑茶を出したがる。

そして喜ばれるのが至福のひと時で
必ずしや喜ばれるものと信じてますw

私が初めて料理らしきものをしたのも、
確かこれぐらいの歳でした。

休日で両親より早く起きる子供は
朝の時間を持て余す。

ある日、急に閃いたんですね。
朝ご飯を作ってあげよう!
絶対に喜ぶぞ、
と。(やっぱり信じてるw)

そして出来上がった物は、
甘い味付けのご飯と、
ポテトチップスを並べたワンプレート。


これを自分なりに綺麗に並べて、
両親が起きて来るのを待って。

いよいよ起きて来る。

ジャッジャーン!!
(お披露目)

これは喜ぶぞ…
あら凄いじゃな〜い!
ありがとう♡

て言われるに違いないと信じて。

ところが返って来た反応は
激怒でした。
(なんでやーーーwww)

朝っぱらからポテトチップスが食べられるか!と。
この甘い味付けのご飯は一体何なんだ!と。

あの時に、子供心に傷ついた事を
今でも覚えてまして。
(ネチネチさんかw)

なるべく子供のそういう気持ちは
台無しにしない様にって思ってます。

そんな訳で、昨日のお昼時。

チビ珍獣が今日はレシピが閃いたから
どうしても作りたいと言い出しまして。

『ママ、料理は実験ていつも言ってるもんね♪』

と。(な、何も言えねーw)
image
やはり甘い味付けのご飯…
(((( ;゚д゚)))ぶるぶる…

材料は炊いてあったご飯、水、
メープルジャム、チョコスプレッド。

めっちゃ突いてます。
テーブル、ガン!ガン!言わせてます。

image
うっぷ…(胸焼け)

メープルチョコレートおはぎ

だそうです…
image
めっちゃ美味しい!!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

と本人、とにかくこの笑顔ですよ…

そりゃもう、
凄いね〜と褒めるしかないんです。
良い所を少しでも見つけて。

ご飯にお水を少しずつ加えて突くと
お餅みたいになるってよく思いついたね〜

お餅みたいにすれば甘い物とも合うかなって
よく思いついたね〜

と…(げっそり)

ただ家族全員に食べる事を拒否られたもんで
彼はラップに包み、思い出しては大事そうに
自分で食べてましたけどもw
 
片付けまでが料理と教えてるんで、
その辺は、まぁいいんですが
彼は毎回味付けや発想が斬新過ぎて
ちょいちょい家族を恐怖に落としますww

でもこういう好奇心とか想像力とかは
大事にして行かないといけないなぁ…と思う
ある日の休日でした。

うっぷ…(胸焼け)