こんにちは。



来ちゃった♡(もうキターーーーー!)



珍獣ママです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すみません、冒頭に置かせて頂いてます。
レシピお気に入り登録と応援のお気持ち♡はこちら
↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回の記事で死に物狂い習慣に入ったのでしばらくドロンすると宣言しておいて来ちゃった。やっぱり、案の定来ちゃった。めんぼくねぇ。


ただ、ちょいとばかし、今日は駆け抜けますよ。
あっしが通りますよ。(口調なんなの)


レシピです。


ふと思いついてどうしても作りたくなった鍋を紹介させて下さい。
これが想像通りの美味しさに出来上がって、本当に感動したっ。



自分で。(またお前か)



どうしても食べて欲しくて、勧めたくて、女々しくて来ちゃったという訳です。(辛いよ~~~おおお~~)


では、駆け抜けますので瞬きをせずにご覧下さい。
(読み終わった頃皆さんの目、酷い充血)




<材料>26センチフライパン1台分(大体4人分)

白菜…1/8カット
じゃがいも…2個
しめじ…1袋
玉ねぎ…1個
油揚げ…2枚
ソーセージ…8本
ピザ用チーズ…200g
A
ごま油…大さじ1
コチュジャン…大さじ1
一味唐辛子…小さじ1
にんにく(チューブ)…2㎝
しょうが(チューブ)…4㎝
B
トマト缶…1缶(400g)
水…400cc
鶏ガラスープの素…小さじ2
醤油…大さじ1
砂糖…小さじ1




<作り方>

①白菜はざく切りに。玉ねぎは1㎝幅に切る。しめじは石突きを切り落としほぐす。油揚げとソーセージはそれぞれ2等分に切る。
じゃがいもは皮を剥き芽を取り除いたらひと口サイズに切り、ラップに包みレンジ600wで4分加熱しておく。

②Aをフライパンに入れ、火を点けたら中火で軽く全体を混ぜる様にして炒め、そこへBを加えてひと煮立ちさせたら弱火にする。

③①の全ての具材を②の鍋に詰めたら蓋をして、野菜がしんなりするまで弱火強で煮込む。最後にピザ用チーズを乗せて、チーズがとろけたら完成。




はい、これもう絶対に美味しいやつ。
ピリ辛・トマト・チーズ。
きたこれ。っくーーー。(全てが苦手な方もいるだろうよ)


ピリ辛で濃厚なトマト鍋。
そこにたっぷりのチーズが絡まってもう…(涙ぐむ)


具材は、この鍋に合うものをと考えて選んでいるのと、なんせ奥さん…。

野菜の高騰ですよ。

トマトをトマト缶にしたのも、トマトが高いから。
あとの具材に関しては野菜の高騰をうけても大概横ばいではないか?と思われる野菜を選んでます。

なので、このままのレシピがオススメ。



ただ、高くても家には関係なーござーますのよ。(扇子を仰ぐ)という方は、他の野菜でもいいです。


が。

もやし、豆腐などの水分が出やすい具材はオススメしません。


じゃがいもなんて足りないぐらいでした。
始めてだったわ、芋をこんなにも珍獣達と取り合うの。(譲れ)



チーズはこの際(どの際)もうたっぷりめでお願い申す。

更に追加してもいいぐらい。

もうチーズフォンデュでええやんてぐらいたっぷり乗せて。(チーズフォンデュでええやん)


んで、〆ですが、ご飯を入れてリゾット風にしてもめっちゃ合いますし、ラーメンを入れてグチャグチャに混ぜて食べても最高に美味しいです。



ただ、私は〆ってなんですかタイプでして。(なにそのタイプ)




鍋と同時にご飯が食べたい。

焼き肉も、サムギョプサルも肉と同時にご飯が食べたい。

〆ってなんですか。



そんな訳で、いつも大概同時にご飯を食べてまして。
〆に着手した経験があまりありません。


居らっしゃいますか?
〆ってなんですかタイプの方。

探してます。

我々、必死で探してます。(増えた)



皆さんのおかげで、話がだいぶそれましたけども(あんたのせいだよ)とにかくオススメ。これが見た目より飽きずに食べられるしご飯にも合うんです。(ご飯ご飯てはなわ3兄弟か)




・・・・・・・・

TVで紹介して頂いたレシピ本です。
Amazon、楽天共に再入荷しております。
どうぞ宜しくお願い致します!

沢山の方に読んで頂き、ただただ感謝です。゚(T^T)゚。
本当にありがとうございます!!

笠倉出版社
珍獣ママのガサツに楽ウマ!ごはん
Amazon→★★★
楽天→★★★





笠倉出版社
珍獣ママのフライパンでドーン!と楽々レシピ
Amazon→★★★




全体に散らかした緑色の物は微生物ではございやせん。

ドライパセリです。

今回の料理には…

全く不要です。
(いらんのかーーーい)




サッ。(皆さんの目に目薬注して立ち去る)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読んだよの印にポチッと応援お願いします!!
↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・