月別アーカイブ / 2016年04月

 

こんにちは。

 

 

スッピンで髪染めをしている写真を

たっきーママに送りつけ(過去にもあり)

笑ってくれるかと思いきや

 

 

「どうした…疲れた顔して…」

 

 

と心配されました、珍獣ママです。

 

 

 

 

笑っておくれよ…

欲しいのはそんな言葉じゃなかったんだ…

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
すみません、冒頭に置かせて頂いてます。
レシピお気に入り登録と応援のお気持ち♡はこちら
↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

3月7日より全国の書店やネットにて新刊

 

珍獣ママの絶品ズボラごはん。(宝島社)

 

が発売になりました。

どうぞ宜しくお願い致します!!

 

 

 

レシピです。

 

 

今日は、脱・焼き魚レシピ

 

 

 

どうしても焼き魚になりがちな、魚もこうして食べると

ボリュームも出て立派なメインおかずに。

 

熱々でも冷めても美味しいので、

早めに作って夕飯にというのもアリ。

 

今回はサバを使用していますが、他の魚で代用も出来るので

良かったら作ってみて下さい。

 

アレンジ例はレシピ後に。


 

 

 

<材料>作りやすい分量(大体4人分になります)

 

サバフィレ…2枚

長ネギ…1本

えのき…1袋

しめじ…1パック

小麦粉…大さじ1

ごま油…大さじ2

酒…小さじ1

A

水…150cc
撮りガラスープの素…小さじ2

塩、はちみつ、レモン汁…各小さじ1

にんにく(チューブ)…1センチ

粗挽きこしょう…ひとつまみ

 



 

 

<作り方>

 

①サバは骨を抜き、1.5センチ幅に切り、

ビニール袋で小麦粉とシェイクしてまぶす。

長ネギは斜め薄切りに、えのき、しめじは石突きを切り落としほぐす。

Aを予め混ぜ合わせる。

 

②ごま油を熱したフライパンに①のサバを皮目を下にして

並べたら酒を振り、中火強でこんがりするまで両面焼く。

 

③②に長ネギ、えのき、しめじを加えサッと炒めたら

Aを加えひと煮立ちさせて完成。

 



 

 

アレンジ例です。

 

サバ→小鯵、鱈、カジキ、鮭など

 

長ネギ・きのこ→玉ねぎ、人参、ほうれん草、

小松菜、キャベツ、三つ葉、他のきのこ類など

 

使用しているレモン汁は、生の物でなくて大丈夫。

(ポッカ的なアレです)

 

もし無ければ省いても可。

 



 

今回はサバという事で食べやすい様に骨抜きしてありますが、

そこはお好みで。

 

気にならない方はザクザク切って食べながらプエッと出して。

(こりゃどうもご親切に)

 

鱈や鮭、カジキなんかは、小骨も多くないですし、カジキ(切り身)に至っては骨もほぼ無いと思うので、使用する魚によって作業して頂ければと思います。

 

 

 

ちなみに。

 

 

鶏もも肉や、胸肉なんかで作っても美味しいです。

(魚推しじゃなかったんかい)

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の記事へのコメント、ありがとうございます。

じっくり何度も何度もその背景などを想像しながら読ませて頂きました。

 

東日本大震災の時は、震源地より離れていた東京ですら大きく揺れ、

更に余震で怖い思いをしました。

 

買い溜めパニックが起きて、スーパーや商店の品はなくなり、

ほんの少しの外出でも余震に怯えて。

 

 

それでも社会は、日本は回っていて。

 

全国、世界の人が復興を願って動いたり。

 

 

日本は地震から逃れられない国。

 

 

今まで全国各地で大きな震災が過去にも起こって来て。

 

その地の気持ちが分からない人はきっと居ないはず。

きっと日本中の人が味方で応援している。

 

 

 

 

IMG_20160417_090152207.jpg

 

 

みんな味方。

1人じゃない

大丈夫!!!

 

 

 

今は救援物資やボランティアなどについても情報が錯綜したり、
何が本当で、どの情報が新しいのか、私たちも翻弄されてしまいますが、

きっと1人1人が何か小さな事から、そのタイミングが来たらできるはず。

 

コメントで頂いた様に、落ち着いたら観光に行くのも復興支援かと思います。

 

 

 

よし。

私も明日からまた少しでも笑ってもらえる様にブログ書きます!

 

 

 

その為にネタ探します。(芸人か)

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
読んだよの印にポチッと応援お願いします!
↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 


 

 

 

 

 

↓主な著書や掲載本です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本の皆様、その他近県の皆様、

本当に不安な時間をお過ごしの事と思います。

 

 

私が知り得る情報はニュース番組やSNSでしかなく、

実際に被災された方の生の声は、心中は…と想像すると

何て声をかけていいかすら分からなくなるほどです。

 

 

考えて考えた結果、私に実際出来る事は本当に限られていて。

 

 

いつも通りここに居よう。

 

そう思いました。

 

 

そして実際に生の声として何か私に出来る範囲の事が生まれた時には

協力させて頂こうと考えております。

 

 

今はブログを読みに来るとか、

料理どころではないかもしれません。

 

もしも私でも何か役に立てる事がありましたら

出来る事は限られてしまうけれど、遠慮なくご相談下さい。

 

 

明日は我が身。

他人事ではないです。

人間、助け合い。

 

 

 

皆さん、頑張りましょう!!!

 

 

 

 

…ダメなんですよ。

ブログは文章だから。

 

どんなに思いを込めて書いたとしても、文章だから。

 

色々、色々、書いたとしても実際の現場は何を求めるのか。

本当に実際に被災された方々が今どんな状況で心境なのか。

 

 

そう考えると上手く書けない。

 

 

だから、私はあえて普通で居させて下さい。

こんな私でごめんなさい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
すみません、冒頭に置かせて頂いてます。
レシピお気に入り登録と応援のお気持ち♡はこちら
↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

レシピです。

 

 

今日は切って和えるだけ。

 

セロリと沢庵の和え物です。

 

セロリ苦手な私が自分が食べられる様に考えて作ったもので、

長い事出さずに居たレシピ。

 

今回はホワイトセロリという種類を使用していますが、

普通のセロリでももちろん大丈夫です。

 

 

他に、レタスや水菜、春菊や三つ葉などでも代用できます。


 

 

<材料>作りやすい分量

 

ホワイトセロリ…1袋
※普通のセロリなら2本

沢庵…150g

※100g程でも大丈夫

白ごま…大さじ2

ごま油…大さじ1

塩…小さじ1/2

 

 

 

<作り方>

 

①ホワイトセロリは洗って食べやすい長さに切る。

沢庵は細切りにする。

 

②セロリ、沢庵、全ての材料を混ぜ合わせて完成。

 

 

 


 

ホワイトセロリは葉物の様な感じで売っているんですが、

少し通常のセロリよりも癖が弱く食べやすいんです。

 

ただ、いつでも売っている物ではないので、

上記にもあります様に、普通のセロリや他野菜でも代用できます。



 

沢庵と和えると、沢庵の味がセロリの癖をやわらげてくれて、

更にごま油と塩が、食べやすくしてくれます。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭ですとセロリはちょっと…

という事も多いと思うんで、レタスや水菜が食べやすいかなと。

 

今回、セロリとの和え物に使用していますが、

今までもいくつか沢庵を使用したレシピを紹介してます様に、

沢庵は結構色んな物と合います。

 

サラダ、和え物、そういった混ぜるだけの料理。

炒め物や、混ぜご飯など、本当に色々合うので、

是非アレンジもしてみて下さい。

 

 

 

料理に使う沢庵は少し甘めのタイプがおススメ。

 

 

 

ほんで沢庵会社の回し者やないで。

(沢庵会社て)

 

 

 

 

 

 

 

1日も早く、1分1秒でも早く、

皆様が安心して眠れる時間が来ます様に…

 

 

 

珍獣ママ

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

↓主な著書や掲載本です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

男の子ママあるあるかと思うんですが、

先日チビ珍獣に

 

ママと結婚したいなぁ。

 

と言ってもらえた時の話。

 

 

私「ほんとにー?嬉しいな~」

 

チビ「でもさ?ハルが大人になったらママ生きてる?」

 

チビ「もうお婆ちゃんでしょ?」

 

私「あんたママをいくつと思ってんねん」

 

チビ「今のママのままだったら結婚したいけど…

もうしょぼんでるでしょ?」

 

 

 

 

しょぼみ。

 

 

 

 

チビ「しょぼんでたら、結婚したくないやっぱり。」

 

 

 

 

ごめんな。

 

多分ママ…

 

 

 

 

 

しょぼんでる。泣

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
すみません、冒頭に置かせて頂いてます。
レシピお気に入り登録と応援のお気持ち♡はこちら
↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

3月7日より全国の書店やネットにて新刊

 

珍獣ママの絶品ズボラごはん。(宝島社)

 

が発売になりました。

どうぞ宜しくお願い致します!!

 

実際に反響の大きかったレシピ、Amebaトピックスさんで取り上げて頂いたレシピ、テレビで紹介して頂いたレシピなどを詰め込んだ1冊です

 

 

 

 

レシピです。

 

 

今日はTVでも紹介させて頂いた酢衣シリーズ

 

 

 

酢衣を使って、たった大さじ2の油でもサックサクに。

そしてある事で、パサパサになりがちなササミをしっとり柔らかにしました。

 

 

一緒に混ぜるだけのガーリックマヨソースも良かったらどうぞ。


 

 

<材料>ササミ6本分

 

ササミ…6本

マヨネーズ…大さじ1

サラダ油…大さじ2

A

小麦粉、片栗粉、水…各大さじ2

お酢…大さじ1/2

B

パン粉…30g

粉チーズ…大さじ2



 

 

<作り方>

 

①ササミは両面全体を包丁の先で刺し繊維を断ち切り、縦2等分に切る。

ビニール袋でササミとマヨネーズをよく揉み込む。

Aを混ぜ酢衣を作り、別のビニール袋にBを入れシェイクしてチーズパン粉を用意する。

 

②ササミを酢衣→チーズパン粉の順にまぶしたら、サラダ油を熱したフライパンに並べ、蓋をして中火でカリカリになるまで蒸し焼きにする。

 

③ひっくり返したら蓋を外しもう片面もカリカリになるまで焼く。

側面も立てて同じように焼いて完成。



もし良ければこちらのガーリックマヨソースもどうぞ。

 

 

<材料>上記のササミフライ分

 

マヨネーズ…大さじ4

にんにく(チューブ)…4㎝

水、牛乳…各大さじ1/2

粗挽きこしょう…ひとつまみ

 

<作り方>

 

①全てを混ぜて完成。




 

ササミ全体を包丁の先でとにかく沢山ぶしぶし刺して下さい。

ササミがボロボロにならない程度に沢山。

 

まずこの作業によりササミの繊維を断ち切ります。

 

そしてマヨネーズで揉み込む事で柔らかしっとりに。

 

まずササミを切って、マヨネーズに揉み込んでおいてから、

酢衣とチーズパン粉の準備などをすると、その間ササミ漬かってる状態になってより柔らかくなるので、最初にササミから作業するといいです。

 



 

今回はスティック状にしていますが、

ひと口サイズに切ってもいいですし、大きいままでももちろん大丈夫。

 

ソースをかけたり、上記で紹介させて頂いたガーリックマヨソースで食べても。

 

我が家で人気だったのは両方付けでした。

 

チーズ衣で味わい深くなりますが、

もしも粉チーズがなければ普通のパン粉で作っても大丈夫です。

 

 

ササミならではのパサパサ感がまるでなく、

衣もサクサクでめっちゃ美味しかったです。

 

 

温め直す場合は、ラップをせずにレンジで軽めに温めるか、

トースターなどで軽く焼き戻しても。

 

 

おススメです。

 

 

 

やだ……真面目♡(レシピには真面目や)

 

 

 

 

 

 

 

今日はチビ珍獣DAY。

 

もう1つお話させて下さい。

 

しょーもない小話をw

 

 

 

チビ珍獣とショッピングモールに行った時の事。

 

 

洋服屋をあちこち見たくて、連れ回していたんですが、

とある店で気に入ったスカートを見つけて。

 

 

私「ね、ね、ハル!これどうかな?可愛くない?」

 

チビ「うん、すっごく可愛いけど…」

 

私「ダメ?」

 

チビ「言いにくいんだけどいい?」

 

私「なになに?似合わないか…?」

 

 

 

チビ「ママ、それ……

 

 

 

 

 

 

 

女性物だよ。

 

 

 

 

 

 

ボンヨヨヨーン。

 

 

 

 

 

私「う、うんそうだよ…だってママ…女性だし…」

 

 

 

チビ「え?ママって

 

 

 

 

 

女性だったの?

 

 

 

 

 

ボンヨヨヨーン。

 

 

 

 

その後、冗談だよって笑ってくれると期待して凝視したんですが…

 

 

 

ずっと真顔でした。

(嘘だと言ってくれーーー!)

 

 

 

 

私「ハル…ずっとママを男性と思ってたんか…?」

 

 

チビ「いや。」

 

 

 

ちゃうんかい。

 

 

 

 

チビ「女性と男性が混ざってると思ってたの。」

 

 

 

 

 

あーら、この人ったらや~ねぇ~♡

(髭生やして)

 

 

 

 

 

まさかのオネエ。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
読んだよの印にポチッと応援お願いします!
↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 


 

 

 

 

↓主な著書や掲載本です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップへ