月別アーカイブ / 2012年09月




さ!ハンバーグをチンしている間に
おさらいするよー

今日先生がお話ししたポイントとか
レシピにメモしてね

でもね。

結構子供達、覚えてるんですよ。

また別のレッスンの時に、
覚えてる人ー?と聞くと、
ちゃんと答えが返ってくるんです。

ん~まったく可愛いんだから




ほんとはね、レンジでポタージュ温めるんだけど今日は時間がないから、先生が
お鍋で温めておいちゃうね。

お家ではレンジでチンで
温まるからね

でも、せっかくなので温める時の事なんかも
話しておきますよー。

いつかね、役に立つからね




お皿持っておいでー
ハンバーグ完成だよー

はーーーい!!

お皿持って並んでる図が何だか
配給待ってるみたい




こちらが完成したお料理

奥に見えるスイーツは、
前日の夜私か焼いておいたものです。

ラング・ド・シャ風マフィン

サクッとラング・ド・シャの様な食間も
楽しめるマフィンです

食べきれなかった子は、お持ち帰り




食べる前に…と。

お手々のシワとシワを合わせて、
幸せナームー

古くさいCMの真似をして、
ちょっと子供達に苦笑いされてます

そして、いっただっきまーーーす

みんな美味しい美味しいって
言ってくれてて嬉しかったなー

私はみんなで食べる時に何度も
顔を見て美味しい?と聞きます。

「美味しい」って言葉が大切だからです。

「美味しい」って言葉は魔法みたい
口にすると何倍も美味しく感じる
楽しくなる。

だから、美味しいって言葉は心の中で
つぶやかないで絶対口に出そう




そして食べ終わったらきちんと
洗って片付けました

それからね。

今日は洗い物に関して少し突っ込んで
教えました。

みんなの様子を見ていると
油汚れが落ちていなくても、
ソースなんかがついてままでも
洗えば終了
になっちゃってるんだよね。

洗うっていうのはね、汚れを
落として初めて洗った事になるんだよ。

キュッキュッてなるまで洗うんだよ。

食器とか汚れたまま閉まっちゃうと
次に使う時にバイ菌がいっぱいになってて
食中毒とかになっちゃうよ?

お家のお皿もキレイに洗ったものを
使ってるでしょ?

沢山お話しして、汚れが落ちていないものは
洗い直し。

手が疲れちゃった~~

なんて言ってましたが、
みんなのお母さんはね、これを毎日
やってるんだよ

と言うと、初めて気付いたといった感じで
そっかぁ~そうなんだよね~
と感心してました






ちょっと長くなってしまいましたが、
とうでしょうか
どんな様子でレッスンをしているか
知って頂ければ嬉しいです

そして、最後に。

今日カメラマンをやってくれた
さくらちゃんのお母さん、
本当にありがとうございました



エノキの帽子

って何のこっちゃ

でもよくよく考えてみると
エノキの帽子…

可愛い子供ならではの言い回しだな



ソースも入れちゃうよー

キノコからも野菜からも水分が出てくるし
肉汁も出てくるからね。
ドロドロだなーと思っても
お水で薄めたりしないでね

そうなんだー

なんて会話をしてます。




クッキングシートでの包み方。

開いちゃうなぁーなんて悪戦苦闘しながら
頑張ってました

でも、ちょっとコツ掴んでたね




各家庭のレンジがどんなものか聞きながら
説明します。

さ!チンするよー




今度は私が洗う係りね!
じゃぁ私は流す係り!
じゃぁ私は拭く!

どんどん洗い物をしていきます。




あと何分かな?
どんな具合かな?

レンジの中をチェックしてます。

うん、それってとっても大事だよ




続く→



お次はメインのハンバーグ。

今日添えたものは、
エノキとじゃがいも。

今日は大量に一度にチンしたせいか
じゃがいもの火の通りが悪かったね
サクサク、カリカリしちゃいました

お家で家族か多い方は
2回に分けてチンした方が
早いと思いますのでやってみて下さいね

もしくは、じゃがいもを添える時は
予め切ったじゃがいもをラップに包み
レンジで加熱しておくと
間違いはないと思います。




洗い物をしつつ、エノキの説明

時間が押していたので、ちょっと
急ぎ気味です




だいぶ洗い物をする事が「普通」。
という感覚が身に付いてきました

パパっ!と係り決めをして
こなしていきます




カメラマンさんに、しっかり遊んでいる所を
キャッチされてまーす

パパラッチさくらちゃんママ←(笑)




ちょっとヤバ顔だったので(いつもだけどね)
隠させてもらいました

ハンバーグの成形。

真ん中を凹ます理由を話し、
その凹んだ部分の活用法も説明します。




こうして、こうして…

ペタペタ…

こんな感じ


そうそう!みんな上手




続く→

↑このページのトップへ