11月13日(水)の映画「小さな恋のうた」DVD発売を記念して、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁で組んだ「小さな恋のうたバンド」が、9月20日(金)に開催されたMONGOL800のライブ「MONGOL800 ga presents 800だヨ♪全員集合」にアンコールでサプライズ出演しました!


saru1-17.jpg

すでに熱い盛り上がりを見せていた会場は、シークレットゲストの「小さな恋のうたバンド」の登場でこの日一番の盛り上がりに。湧き上がる歓声を聞いたMONGOL800のボーカル・上江洌清作は、「今日イチの驚きと拍手やめてもらっていいですか?笑」と言いながらも、登場したキャスト5人を劇中の役名で呼びハイタッチをするなど、久しぶりの再会を喜びあいました。

saru1-13.jpg
saru1-43.jpg
主演を務めた佐野は、「映画の出演が決まって5人でモンパチさんのライブを見させていただいたのですが、その時からいつかこの5人で、モンパチさんのライブに出られたらと思っていたので、今日は夢が叶いました!ファンのみなさんの温かさ、盛り上がり本当に最高です!」と感動を言葉にしました。

saru1-9.jpg
映画「小さな恋のうた」の劇中で披露した、MONGOL800の名曲「小さな恋のうた 映画Ver」をこの日限りのスペシャルセッションで披露すると、会場内のボルテージはさらに上昇!佐野が観客をさらに盛り上げ、会場に集まったファンとの大熱唱となりました。「小さな恋のうた 映画Ver」の披露が終わると、話は映画に演奏指導や楽曲アレンジとして参加し、映画公開後の今年6月に亡くなったヨースケ@HOMEの話に。清作は「小さな恋のうたバンドにゼロから楽器を教え、映画を支えてくれたヨースケにも今日のこの素晴らしい再会を見て欲しい。」と思いを語り、佐野は「ヨースケさんが僕たちに最後まで熱心に教えてくれたからこそ、この映画が完成したんです。ヨースケさんが亡くなってからはじめて歌うんですが、届いていると思います。」というと、森永も「(ヨースケさんは)観客席にいたよね!」と熱い気持ちを語りました。

ライブの最後は合計17人で「DON’T WORRY BE HAPPY」を披露。キャストたちはタオルを振り回したり、佐野と森永はダンサーの粒マスタード安次嶺に誘われコミカルなダンスを披露。会場一体となって盛り上がり、ライブを締めくくりました。

saru1-48.jpg
<キャストコメント全文>
Q.久しぶりに小さな恋のうたバンドで再集結して、ライブに参加してみていかがですか?
佐野:「映画の出演が決まってから5人でモンパチさんのライブを見させていただいたのですが、その時からいつかこの5人で、モンパチさんのライブに出たいと思っていたので、今日は夢が叶いました!ファンのみなさんの温かさ、盛り上がり本当に最高です!
ちい恋バンドメンバーには、個々のお仕事で会ったりはしてたけど、5人でこういう形で集まったのは映画のイベント以来3か月ぶりなんです。けど『久しぶり~!』みたいなことはなくて、撮影をしていた頃の空気感と全く変わらず、『おっす!』と毎日会ってるバンドメンバーに会うような自然な空気感でした。」
森永:「小さな恋のうたバンドはベーシックなバンド編成だったのですが、今日はツインドラムでブラスまでいて!本当に贅沢な中で歌わせて頂けて楽しかったです。」
山田:「シークレットゲストでしたが、実は後ろからこっそりライブも見させていただいていて。
ファンのみなさんがすごく温かくて、お祭りみたいな楽しさで、ステージ上で純粋に楽しんでしまいまし
た!」
眞栄田:「袖で控えているときから本当に楽しくて。ステージに上がったら出演者のみなさん、そして会場のみなさんの盛り上がりに圧倒されながらも、とても楽しく歌いました。」
鈴木:「自由な空間の中で音楽が生まれていくのを間近で楽しめました!みなさんが自由すぎて、ステージ上で迷って不思議な動きをしてしまいました笑。」

Q.DVD発売がきっかけで本日再集結しましたが、注目してほしいポイントは?
佐野:「特典に映画の撮影メイキングが入るんですが、他の映画とは違う雰囲気の、お芝居するだけじゃないバンドに熱中する自然な姿の僕らが見られると思います。映画の熱さともに楽しんで欲しいです。」
森永:「擦り切れるまで見てほしいですね笑 でも擦り切れない限りは永久保存版なので、何度でも熱い青春を
楽しんでもらいたいです。」
山田:「映画館だとお気に入りのシーンを巻き戻せないと思うけど、何度も何度も巻き戻して楽しんで欲しいです!音楽のシーンとかは特に注目していただきたいです。」

saru1-56.jpg

Photo by SARU




軽cku_no2poster_ol190316.jpeg

日本で公開中の時からたくさんの応援の声をくれた台湾で、
ついに10月4日(金)から、本作の公開が決定しました!
台湾の皆様、お楽しみに!!

↑このページのトップへ