先日、また一年に一回の誕生日を迎える事ができました。

たくさんのメッセージ、本当ありがとうございます。

私の家族は、誕生日にまったく重きを置いていません。

今年も、私は自分で、母に、あなたから生まれた日だよ〜っ申告しました。w

明るく、忘れてたごめ〜んと返ってきましたわい。

だから、今でも、お誕生日を盛大に祝ってもらうと、どんな顔していいのかわからない。

祝われるより、祝いたい。
(愛されるよりも、愛したい。的な)w

昔は、ワクワクしていたような気がするんだけど、いつの間にか、自分の誕生日すら忘れるようになっており、今年に至っては、仕事のスケジュールを入れて、普通に過ごそうとしていたの。

おぼろげな記憶で、母から、誕生日は生まれた人が主役じゃなくて、産んでくれた人に感謝する日なんだって!とか言われてさ、反抗する気もおきず、どうでもよくなっていったわけです。

近年では、SNSの発達により、毎年誰かしら教えてくれるかのごとく、メッセージをくれるので、大変嬉しくありがたい。

もちろんプレゼントとかくれる人にいたっては、涙出る。

ちなみに、毎年一番乗りでメッセージをくれるのは、大学の同期のヤギくんで、どうやら他の同期にも、まめに一番乗りメッセをしているらしい。

ただ単にまめなのか、そうゆうアプリかなんか使ってんのか。

今度あっら聞いてみよ。

私にとっての誕生日は、みんなと久しぶりにメッセージを交わせる日です。

これからもよろしくお願いします。