チャペルでの式が終わると、ペグクという韓国式の儀式を行います。

日本では披露宴がありますが、韓国では披露宴はなく、受付するともらえる食券で、式後、会場にあるビュッフェ(食事)を楽しみ、新郎新婦が簡単に挨拶をして終わるのが多いそうです。

みんなが食事をしてる間、ペグクの儀式が行われました。
本来はあまり見る人がいないペグクですが、日本側親族は部屋にぎゅうぎゅう詰めで興味津々。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1979.JPG

純白のドレスから、韓国の衣装着替えて儀式を行います。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2024.JPG
これもすごくチャーミングで可愛かった。
新郎新婦の前に両親が座り、お酒を飲んだり、お菓子を食べさせあったり、「結婚とは」を表現するような儀式のように感じました。

ドタバタと一気に駆け抜けた1日。
旦那さんもとても良くしてくれて、感謝です。

韓国両家含め、父方、母方の親族一同が集結したウェディング。
交流が深まって本当に心が満たされる時間。

88歳のおばあちゃんはアルツハイマーなので、もしかしたら、もうこの幸福な時間のことわすれてしまっているかもしれないけど、私は忘れないよ。

みんなで韓国に行けてよかった。
改めて家族ってすごい!
家族って最高っ!!って思えた。

なかなか海を越えて会いに行くのはままならないけど、どんなときも家族でいることを忘れない。

心からおめでとう。

peace   

chihiro

【LIVE】




マイクチェックで心を乱されている間に、どうやら親族は無事、パラパラと会場へ到着したみたい‼️

本当によかった😌
みんな、すごい顔疲れてたけどw
35名が親族無事到着。

誰もこちらに連絡しないあたり、自由過ぎて笑う。

どんなに心配した事かw

ほっと一息。

式が始まる頃には、立ち見が出るほど会場が人であふれていました。

韓国では、ご招待状を知り合いに送って、来れる人が参列する方式みたい。

それにしても、たくさん来てくれて、姉としてとても嬉しかったです。

式が始まると、まず、母と旦那さんのお母さんが、バージンロードを手をつないで歩いてきました。

韓服と和装。

母に後から聞いたのですが、緊張してると韓国で伝えると、旦那さんのお母さんが手をぎゅーっと握ってくれたんだそう。

両家の母が挨拶をした後、続いて父と妹がバージンロードを歩いて来ました。

白い花嫁姿の妹。

その手を握る父の手と表情は、なんとも言えませんでした。

華やかでにこやかに歩いてくる妹。

淡々と歩いてくる父。

柔らかく、なにか思い返しているような、
そして、一瞬時が止まったような時間でした。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2033.JPG
写真:ビクシー

旦那さんに妹をゆだねる時、父と旦那さんがハグをして、妹を隣へいざないました。

父が二人へ祝福の言葉を話す光景は、一生忘れないと思います。

多くを語らず、いつも遠くから見守ってくれた父の背中は、そこでも健在でした。

一通り儀式をして、いよいよ私の本番。

二人を直接みたら、きっと歌えない。

階段の一番高いところから、一番遠い場所を見据えて、心を落ち着かせて1フレーズ目。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2017.JPG
とりあえず、無心!!

思い出しすぎたらかき乱されちゃう!!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2020.JPG
最後のフレーズだけ、二人を見る事ができました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2032.JPG
「心からの おめでとう」
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2019.JPG
peace   

chihiro

【LIVE】











前日の、母の留袖帯締めるぞミッション。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2038.JPG
妹、ウェディングドレスの前に留袖を着るの巻。

父に、こうやるんだよ!と教えています。
みてわかる通り、見てるだけです。

心配です。

一夜明けて式当日、15時にみなさん集合してくるとの事で、12時半から着付けスタート👘✨

母と私、パートナーのコンビネーション。
ゆっくりではあるけど、前日の反省を生かし丁寧に着付けてくれました。

が、ところどころ気に入らないところが出たり、手順がわからなくなったりで、なんと着付けに1時間半もかかったの😨💦

着付けられてる方も立ちっぱなしで、足が棒。
母の額には汗、せっかくヘアメイクしてもらった髪も少々乱れ気味。

そして、なんと、空港で旦那さんの友達が親族をピックアップしてもらうはずが、
会う事ができなかったと報告がありました。。。。

WHAT'S!!????😱

88歳のおばあちゃんもいるし、どうしたものか。

聞くところによると、空港への到着が1時間も早く、迎えがくる前に、どうやら親族が、
それぞれの家族で移動を始めたとの情報が、、、、

なんてこった‼️

なぜ待っていてくれなかったんだ、、、、

母が汗だくで私を着付ける中、私は着付けられながら片手で親族に連絡をとる事を試みるも、
だ〜れも通じない。。。。。

Oh my god........😨

すると、友達と、おばあちゃんだけはタクシーでホテルへ向かっていると情報が。

ん?なぜばーさんだけがタクシー!

88歳のばーさんだけが空港に?

一体全体どうゆーこっちゃ。。。。

計7家族がそれぞれソウルへ散り散りに、、、
30名の家族は今どこに?!

一刻一刻と時間が過ぎる中、どうやらおばーちゃんを入れて3名はタクシー、そのほかの人たちは、それぞれの家族にわかれ、メトロやバスを駆使し、己らで向かっているとの事。

なぜそんな過酷な道をえらんだんやw

連絡もつかないし、みんな大人だからきっと大丈夫と信じて、母の着付けへ。

途中まで、留袖を自分で着付けおわった母、帯を父、そして私のパートナーの手を借りてあーでもねー、こーでもねーとやり直したり、締めたりしている。

着付けって、なんかもっとキレ良くて厳かなイメージあったけど、そんな雰囲気は欠片もなし。

ようやく集合ギリギリで着付けが終わったときには、もうHPが50パーセントくらい。

これからが本番なんて、夢じゃないか?と思うほど。

草履を履いて、私はリハーサルのため会場へ。

会場には、すでに受付をする人がちらほらいて、賑わい始めていたところへ、
主役がドレスで通り過ぎてびっくり!!!

堂々と受付の前を、新婦が通っていく。

出しおしみなく、潔く。

韓国では、披露宴がない代わりに、チャペルで式と簡単な余興をおこなう形式が主流のよう。

花嫁との写真も、式の前に控え室がオープンになっていて、式の1時間前から、花嫁と写真撮影ができるようになっているの。

日本だと、式場で父にエスコートしてもらいながら登場する姿をみて、わ〜ってなるんだけど、
まったく違いますw

度肝抜かれて、そうだそうだ、リハーサル!
と会場の中へ。

マイクチェックしたい旨伝え、ワイヤレスマイクを渡される。

マイクOn.

A~ A~.........

?

おわり?

あれ、あれれ?動画、音チェックできない系?
歌わない的な?!

はい、本当にマイクの音出るチェックだけでした。

マジで洗礼😂

お〜!地方営業よりなんかすごい、なんてゆうかワイルドだぜ。

もうこうなったらしょうがない、なんとかしたる!!

あとは歌うタイミングまで、心を落ち着かせるだけ。

散り散り家族の行方はいかに。

つづく。

peace   

chihiro

【LIVE】



↑このページのトップへ