月別アーカイブ / 2019年08月

パリ旅行での最後の食事は「フォション・パリ本店」でランチ。
席もお店の雰囲気もゆったりしていて素敵。

メニューは全体的にベジよりの構成だった気がします。
私が頼んだのはベジコースで、なんとメインはカリフラワーのソテーでした。
(フランス語のメニューが今一つ解読できないまま注文。まさかそれだけ?はないよね~、と思っていたら、本当にカリフラワーとロメインレタスのソテーに、豆のペーストソースが載っているだけでした!)

↓前菜
トマトのサラダ、ということですが、丸いのはにんじんに見えてメロン!
色々なトマトが入っていて、トマトソースをテーブルでかけてくれるスタイル。

IMG_20190823_122249.jpg

オイスター!
これは夫が食べました。


IMG_20190823_122255.jpg

チーズとスイカのサラダ!
スイカは他のレストランでも前菜に出てきました。

IMG_20190823_122300.jpg

カリフラワーのソテー。

私のお昼はこれがメイン。すぐにお腹がすきます^^;

IMG_20190823_124247.jpg

↓長女のマグロのステーキ。
これが一番おいしそうでしたが、これはアラカルトメニュー。

IMG_20190823_124254.jpg

夫と次女が頼んだメイン。
ツナコロッケ的なものと、ほろほろ鳥?うずら?のグリル。
IMG_20190823_124427.jpg
IMG_20190823_124433.jpg

デザートのレモンタルト。
本当にレモン果肉が入っていてすっぱい!
下の甘さと合わさるとおいしい~

IMG_20190823_131219.jpg
IMG_20190823_131224.jpg

こちらは単品で頼んだミルフィーユ。

パリパリというよりザクザクでおいしい。

↓ベリーのタルト。

IMG_20190823_131230.jpg



全体を通して、パリのちょっと高いレストランは、ヘルシー志向が前面に打ち出されているのかな?という印象でした。

高いところほど野菜率が高い気がする、というのも今回の発見。

お菓子はよく「甘すぎる」と言われますが、意外と嫌な甘さではなくて、どれもおいしい。
また地方や違うお店だと違うのかもしれませんね。
また機会があればいろいろ食べてみたいです!



★お仕事のご依頼は↓からお願いします
chiesakashita@gmail.com

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください。
企業のレシピ開発、イベント出演、メニュー開発も得意としています。

★ラインブログ「読者登録」ぜひぜひしてくださいね


↓レシピブログランキングにも参加してます。 応援してもらえるとうれしいです♪





決定版 朝つめるだけ!作りおきのやせる!お弁当389 [ 阪下千恵 ]
↑楽天ブック↓

★先週はつばいしました!書店で見かけたら、どうぞよろしくお願いします。
連休のお片付けモチベーションアップにもおすすめです^^


キッチンがたった1日で劇的に片づく本 [ 阪下 千恵 ]



フランス旅行中に食べた一番おいしかったものは、パリの一つ星レストランで食べたフランス産の牛ステーキです。

↓カルボナーラ風前菜。
ベーコンがカリカリでおいしかった!

IMG_20190821_202722.jpg

↓こちらも前菜。
たぶん白なす、なのですが、日本で食べる白なすは固いしあくがあるしおいしくないイメージが強かったのですが、これはオーブンかグリル?で焼いてあって、とてもおいしかったです⁉
上にはトリュフ。

IMG_20190821_202726.jpg

なんとお肉用のテーブルナイフがわりが、日本の果物ナイフ的なミニ包丁!
当然お肉もよく切れる~(笑)

なんと思いがけず、シェフの一人が日本人だったので、その影響かもしれませんね。

IMG_20190821_204120.jpg

メインのお肉はこんな感じ。
フランス産のお肉、アイルランド産お肉、ポーランド産のお肉と3種いただきました。


IMG_20190821_204912.jpg
IMG_20190821_204703.jpg

付け合せはグリーンサラダ、マッシュポテト、フライドポテト。

IMG_20190821_204658.jpg
IMG_20190821_204710.jpg
IMG_20190821_204920.jpg



デザートは桃のパフェ。
日本とは違って、生の果物があまりおいしくないせいかコンポートになっています。


IMG_20190821_213335.jpg

焼きパイナップルのアイス添え。

予想以上に焼きパイナップル、砂糖がたっぷりで痺れるほど甘い~!

IMG_20190821_213328.jpg


お肉は、ポーランド産のお肉は臭いに癖があり、子供たちには不評。
味、柔らかさ共にフランス産のステーキが一番おいしかったです!

こうしてみると、なんだかんだ言ってパリでも結構色々食べました。続きはまた後ほど^^



★お仕事のご依頼は↓からお願いします
chiesakashita@gmail.com

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください。
企業のレシピ開発、イベント出演、メニュー開発も得意としています。

★ラインブログ「読者登録」ぜひぜひしてくださいね


↓レシピブログランキングにも参加してます。 応援してもらえるとうれしいです♪





決定版 朝つめるだけ!作りおきのやせる!お弁当389 [ 阪下千恵 ]
↑楽天ブック↓

★先週はつばいしました!書店で見かけたら、どうぞよろしくお願いします。
連休のお片付けモチベーションアップにもおすすめです^^


キッチンがたった1日で劇的に片づく本 [ 阪下 千恵 ]




IMG_20190819_213741.jpg

パリ旅行では色々なレストランに行きました。

外食が高いパリでは比較的ファミリー向け?ファミリーレストラン的な位置づけだというレストランでのごはんです。

サラダは大皿に山盛り!
基本的に海外はシェアして食べるということは少ないのかと思うのですが、これは一人一皿だとかなりきつい量です。

シーザーサラダ、なんだけど、フライドチキンが載っていて、食べごたえ十分。
これだけでもメインの一皿となりそうな感じでした。

↓はイタリアンサラダ的なもの。
バルサミコ酢のドレッシングです。


IMG_20190819_213753.jpg


↓ハンバーガーとポテト。

ハンバーガーとピザは、パリのあちこちで見かけて、カフェでの食事はピザかハンバーガーを食べている人が多数でした。

バーガーのハンバーグはハンバーグというよりひき肉を焼いた感じ。
パサパサです(笑)


IMG_20190819_215556.jpg


↓こちらはおすすめされたステーキ。
必ずポテトもこのスタイルでついてくるみたい。
ポテトのソースがおいしかった!

IMG_20190819_215619.jpg


お店のメニューの中では高めですが、お肉はやや固め。
この後食べた高級店のお肉と比べるとやはりそれなりで、値段相応、というのがフランスは日本以上化と思いました。

家族4人で食べて、このお店でも100ユーロ(12000~13000円)くらい。
日本のサイゼリアとか、いきなりステーキとか、神価格ですね~。


私たちが想像するフレンチ的な食べ物、煮込みとかスープ?はパリのカフェではなかなか見かけませんでした。田舎のレストランや高級店に行かないとないのかな、、。と、これは調べてみないとですね。



★お仕事のご依頼は↓からお願いします
chiesakashita@gmail.com

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください。
企業のレシピ開発、イベント出演、メニュー開発も得意としています。

★ラインブログ「読者登録」ぜひぜひしてくださいね


↓レシピブログランキングにも参加してます。 応援してもらえるとうれしいです♪





決定版 朝つめるだけ!作りおきのやせる!お弁当389 [ 阪下千恵 ]
↑楽天ブック↓

★先週はつばいしました!書店で見かけたら、どうぞよろしくお願いします。
連休のお片付けモチベーションアップにもおすすめです^^


キッチンがたった1日で劇的に片づく本 [ 阪下 千恵 ]



↑このページのトップへ