月別アーカイブ / 2016年01月

今まで作ったお弁当画像、ランダムにピックアップしてのせてみました。
日々の子供の幼稚園用だったり、一緒の自分家用だったり、お姉ちゃん小学校お弁当などもまじっていますが、せっかくなのでまとめて

こうやって眺めてみると、野菜でもおかずでも、おにぎりでも、我が家の娘の好きなもの=ワンパターンお弁当だな~って思います

でも、子供はそのワンパターンのママ弁当が大好きと言ってくれるので、きっとそれでいいのかな、なんて最近思います。
デコもちょっと気が向いた時や、リクエストがあった時などはたまーにします。
できる範囲でですが

我が家は長女、次女とも『味&食べやすさ重視派』なので、どちらかというとおかずをおいしく料理することに労力を割いているかな~?
かわいくしてほしい!というお子さんに答えた見た目かわいいお弁当もあるし、忙しい中一生懸命作っている地味だけど美味しそうなお弁当もあるし、それぞれの家ごとのお弁当がステキだと思います

自分がお弁当毎日作ってみると、「作ってもらうお弁当」のありがたみはもちろんだけど、おいしく食べている姿を想像し、お弁当箱を持って帰ってくる子供とのつながりが貴重だなー、と感じるこのごろです。
(↑でも、あとちょっとで幼稚園弁当卒業でうれしい

これから幼稚園弁当スタート、というママたちは、もしかしたらちょっとプレッシャーなどもあるかもしれないと思います。
でも、大丈夫!!
お弁当作りって結構楽しく、思い出に残るものです


IMG_0907
IMG_0905
IMG_0892
IMG_0891
IMG_0806
IMG_0837

↓続きの写真はこちらから。





IMG_0798


IMG_0675


IMG_0673


IMG_0308


IMG_0306


IMG_0263


IMG_0250



IMG_0244


IMG_0242


IMG_0199


IMG_0195


IMG_0193


IMG_0189


IMG_0175


IMG_0165


IMG_0088


IMG_0085


IMG_0078


P1030101


P1030095 (350x251)


P1030091

↑忙しいママにおすすめ



↑幼稚園弁当におすすめ♪

IMG_0802
【幼稚園のお弁当】

IMG_0801

我が家の次女(年長)の幼稚園では本日始業式。
来週の火曜日からようやく?お弁当スタートです

正直、冬休みが長くって、お弁当を20日近くも作っていないと、なんか感が鈍っちゃう気がして来週から朝起きられるかやや心配です

とはいえ、幼稚園弁当生活もあと2か月でおしまい!
さみしい~~

そろそろ来年入園のお母さんたちもお弁当箱の準備、グッズの準備など気にかかってくるじきでしょうか
最初にそろえたいお弁当グッズ、お弁当箱の選び方など簡単にまとめてみました。

↓記事の続きはこちらから。
おすすめグッズなどご紹介~。

>image



まず、当たり前ながら一番最初はお弁当箱。
写真は我が家の日常一番使うお弁当箱です。
上の大きいディズニーはお姉ちゃん(小6用)。
隣の小さいルルロロお弁当箱は270mlの年少さん~小食さんにおすすめ。
やや年代を感じるプリキュアは、いちばんヘビロテしている350~370mlのお弁当箱です。
小食さん以外は、この350mlが一番サイズ的に使えるかな、と思います。

アルミのお弁当箱は、引っ越した後の今の園での冬季保温用お弁当箱。
年長になってから買ったので、ちょっと大き目370mlです。

小さいパックはデザート用。
デザート用パックはいっぱいあるのですが、結局このサイズが一番重宝で、毎日結局使ってます
イオンやヨーカドーといった大手スーパーの食品・雑貨コーナーなんかに普通によく置いてあるものです。
(黄色の小と2個入り)

お弁当箱は子供の好きなデザインやキャラであることも大切ですが、選ぶポイントは

①入園する幼稚園の基準確認(指定がある場合も)

②子供が気にいること

③食器洗浄機OK、パッキンが使いやすい、耐久性など使いやすいか

④色は明るいピンク、黄色、白系がダントツつめやすく、次は不透明の水色や赤、オレンジなどでしょうか。
 お弁当撮影で圧倒的に支持される美味しそうに見えるお弁当箱は、やっぱり白系!

⑤深すぎると詰めずらいので、やや浅めのほうが幼稚園弁当にはおすすめ

image


写真は私のお弁当ピック保存ボックス。
仕事で使うので、ついつい種類が増えました・・・

でも、普通はまずは1~2種類あれば十分!

おすすめは、おかずをさせること、そしておかずが取れない先がしっかりと三角になっているもの!
そしてあとはデザインですが、何にさしても見栄えがいいものってあるので、お好みを探してみてくださいね。
私のお気に入りは、
image

↑はっぱピック
ミニトマトとか、おかずにさすとかわいい。しかも刺しやすく取れない。

image

↑子供が「おかずが抜けなくて食べやすい」と言っています。

image

↑シンプル、定番ですがなんにでもあうのと、枝豆など割れやすいものでもさせる細さがいいです。

image


↑♪ピック
かわいい!使いやすい。

image

↑ミツバチセット。
とにかく使い勝手抜群

お弁当に最低限必要なのは、お弁当箱と、ピック一種類くらいと、紙のおかずカップ大小1~2種類。
あと、ちょっとかわいくしたいな~、って時にすごくおすすめなのが『海苔パンチ』
これは手ではカットできないので

image


↑のりぱんち。このほかにもいろいろな種類があります。
ご参考になるとうれしいです。

↓詳しくは、ぜひお弁当本もよろしくお願いします











image

【スピード・ハッシュドビーフ】

我が家の定番スピードハッシュドビーフです

子供たちも大好き、手軽なのにごちそう感があるのでお気に入りの一品。
牛肉が安い時にぜひ作ってみてください



★ハッシュドビーフレシピ

材料 4人分
・牛切り落とし肉   400g(400~500g)
・玉ねぎ    1・1/2個
・バター    15g
・赤ワイン   150ml
・トマト水煮   120ml(だいたい缶の1/3~半分くらい)
・デミグラスソース(缶)  1缶(290g)
・しょうゆ、ウスターソース、砂糖   各小さじ2
・塩、こしょう   各少々

①玉ねぎは薄切りにし、牛肉も大きいようであれば4センチ程度に切っておく。(ざっくりでOK)

②鍋にバターを温め、①の玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら肉を加えて軽く炒める。赤ワイン、トマト水煮を加えて沸騰させ、3~4分中火で煮る。

③デミグラスソース缶を加えて蓋を開けたまま(アルコールを飛ばす)中火~弱火で焦がさないよう10~15分にて、調味料を入れて味を調える。

【ワンポイント】
・お肉は国産がやっぱりおいしいです!
・あればセロリのみじん切り、ローリエ、タイムなどを入れるとおいしさアップ。
・仕上げに盛り付けた後に溶けるチーズをのせると子供が喜びます

作り置きもできるので、忙しい時にお試しください



↑このページのトップへ