月別アーカイブ / 2016年01月

image

【糖質オフ&グルテンフリーのハンバーグ】

本日のランチはハンバーグプレートでした
夜は久しぶりに高校時代の友人とでかけるので、昼に家族にちゃんと食べておいてもらおうかと。
夜は夫プランの夕食なので、昼にママの手作りで食べておくと、いろいろな意味で夫も子供も気楽みたいです^^。

さて、今日のハンバーグはちょっとヘルシーに豆腐ハンバーグ!
糖質オフ!
もちろん=グルテンフリー!

明日から夫、しばらく糖質オフダイエットをしてもらおうかと思っているので、その前夜祭的な(笑)?!
こんな感じでおかず出していきますよー、的な予告おかずでもあります。

私、日清オイリオマヨドレのレシピサイトで、「卵を使わないメニュー」や、「コレステロールゼロレシピ」と、いった制限のあるレシピを長く担当してきているので、何かを制限した状態でおいしいものを作る!ことにちょこっと自信があります

何より、長女(12歳)のアレルギー生活が長かったこともあり、工夫するのがもう骨の髄までしみこんでおります^^;。けがの功名?!的な。

アレルギーだって、コレステロール制限していたって、糖質オフだって、「おいしい食卓」であってほしい。
食べるときはいつだって幸せな気持ちで家族で同じものが食べれるとうれしい。

ハンバーグ、娘(6歳)にはソースだけケチャップ味にしましたが、いたっておいしそうに食べておりました
夫は、「これなら糖質オフ全然平気~」と言っていました。
さて、どうなることか・・・。

ちなみに、、、ハンバーグを作るコツは『火加減』と『時間』です!
テフロンのフライパンで焼く場合、ハンバーグを並べる前はそんなにフライパンを熱くしないほうが絶対に失敗しません。
最初の焦げ目をつけるとき、強火だとすぐに焦げてしまうので、気持ち「中火」でちょっと浅めの色がつくまで焼きます。裏返して同様に。
小さいミニハンバーグは、弱火で5分~8分、大き目ハンバーグは弱火で8分~10分くらいを目安にすると失敗なしです。

料理上手の近道は、とにかく「火加減」だと思うので、真剣に火加減してみてください(笑)。


★レシピブログランキングに参加中です♪
ぽちっと応援お願いしまーす。



レシピはご参考まで↓

材料 4人分

・合いびき肉   350g
・玉ねぎ     1/3個
・木綿豆腐   150g
・塩      小さじ1/3
・こしょう、オールスパイス  各少々
・パセリのみじん切り  大さじ2
・卵      1個

*ソースはお好みで野菜を刻み、しょうゆ+生クリーム少々で和えてます

①玉ねぎはみじん切りにする。豆腐はペーパータオルに包んでぎゅーっと水けをしぼる。

②1とほかの材料を混ぜて良く練り、4等分にする。

③フライパンに油小さじ1を熱し、2を中火で焼き始め、両面に焦げ目を付けたら蓋をして約8分間中に火が通るまで加熱する。

*好みのソースをのせて完成!
*糖質オフにする場合は、ソースやケチャップなど糖質の多いものは要注意です^^。しんぷるに、おろし大根としょうゆとかがおすすめ。

P1040638 (350x238)

そろそろバレンタインが気になる季節になってきました!
我が家ではバレンタインの主役は娘たち^^。
すでに世代交代ですね~。

娘たちもバレンタインとっても「本命チョコ?」とか「義理チョコ?」とかではなくて、もっぱら「友チョコ」。
お姉ちゃんが小1でバレンタイン友チョコデビューして、はや6年目・・・。
友チョコ歴、6年(笑)

さて、この間、あげたり、もらったり、親子で作ったり、私一人で作ったり、娘一人で作ったり・・・・
と経験してきた中で大切な「友チョコポイント」を3つあげてみようかと思います

1、あげるチョコは衛生的に作る!
  無理して作ってこともない手作りチョコはNGで^^;

2、誰にあげるのか?もらうのか?基本事前にお約束。
 
3、友チョコには焼き菓子がおすすめ(クッキーとか、パウンドケーキ類とか)

いかがでしょう?

小学生母なら思い当たることも多いかと思うのですが、ぐちゃぐちゃの手作りチョコ・・・。もらってもちょっと食べられない~、ってありますよね
たとえ友チョコでも、人にプレゼントするもの。
手作りより、衛生的でおいしくて、もらってうれしいもの・・・が最低限のルールかな・・・。
手作りでなくても、ちょっとラッピングしたり、メッセージつければそれも良しだと思います

そんなわけで、、
長女一人に作らせるのも
と、過保護な親っぷりを発揮して?結局自分が作りたくて?
毎年作りました!友チョコ。

10801713_632620570177017_6210088629533786050_n[1]


10363587_637996006306140_4176693006524172338_n[1]


10269355_637996042972803_1443274618891803498_n[1]


1796516_478552738917135_297287032_n[1]


1620671_478552692250473_1648844479_n[2]


1609639_478552798917129_1066354407_n[1]


1604861_478552382250504_475625208_n[1]


774079_326184850820592_118097418_o[1]




65725_336672903105120_1439646691_n[1]


↓チョコレートやグッズは店頭に出始めたらできるだけ早めに買っておきましょう~!
結構良いものはすぐに売り切れちゃいます。
(最近ではイベント物は再入荷なしのお店が多いみたいです)

シリコンモールドで作るチョコはかわいくて簡単だけど、絶対に「テンパリング」はするほうがいいと思います。
テンパリングなしでも。。。というレシピも多いけれど、チョコ単体で作るときはテンパリングなしだと結果はそれなりです
ちょっと面倒だけど、チョコごとの温度がパッケージに親切に書いてあることが多いので、それを参考にすれば意外と簡単


541422_336364329802644_753424861_n[1]


我が家は、今年はクッキーかブラウニーにしようかと思ってます^^。
溶けないし、包みやすい焼き菓子、おすすめでーす。

image

【雑誌 VERY】

先日、NHKの「プロフェッショナル」の編集長、今尾朝子さんの回を見てグッときて翌日思わず購入
おしゃれになりたいけれど、今一つおしゃれになれないままここまで来てますけど
雑誌読みながら、「そうだ、ヒールはくぞ~~~~!!」とちょっとおしゃれ頑張る気分アップしてます

「ファッション」と「料理」、ツールは違うけれど、新しい価値観に言葉や表現をつけて読者の心に響くものを作っていくのは同じなのだと思いました。
うまく言えないけれど、今までのイメージや概念からちょっと踏み出すには、誰かが「言葉」とか「目に見える表現」として打ち出してくれないと、「あ~、私そうだった。私もそうだ」と気が付かないのではと思っています。
言葉があって初めてそれを認識できるというか。

私は正直おしゃれとは言い難く、おしゃれになりたいな~、と思いながらも「そこそこ」で良しとしてきてしまった派です(汗)
でも、ここ数年、仕事と結びついた「おしゃれ」な服装や髪型をしたいと結構頑張ってます

なぜかというと、料理研究家の仕事=打ち合わせ、撮影・・・と結構人と会うシーンもあり、そして、雑誌や本では「プロフィール写真」と称して自分も紙面に載ってしまうことも
テレビなんか、もう~~~~そのまんま映っちゃう(笑)

↓写真は5年前くらいにテレビのロケでの待ち時間に、ホテルのロビーでパチリ。
あー、何着よう~~~、って焦ったの覚えてます(笑)

018


長女を生んだ10年前、娘がアトピーで大変だったこともあり、「服は子供が顔をこすりつけてもざらざらしないもの」「とにかく動きやすい、だっこがいつでもできるもの」・・・と、それはそれはヒドカッタナ・・・。

で、初めてのプロフィール写真に「素敵な、きれいな服がない~~!!」と焦りました

おしゃれフィールドで生活していないと、急に服を買おうと思っても、どこで、何を買えば自分に似合うのか?きれいに見えるのかわからなくて本当に困りました。
いろいろ買って、結局いまいちでほとんど着なかった、な~んて失敗も多々あり。

でも、写真のプロフィール写真や撮影の時の服装は、『基本黒かグレーのパンツ+白シャツ+きれいな色のエプロン』でOKとスタイル確立(笑)。
やっぱり白いブラウスやシャツが明るく清潔に見える気がします。

↓こちらは最近のプロフィール写真。
『とっておきのお持ちよりレシピ』と、『お持ちよりレシピ決定版』で、撮ってもらったもの。
写真はカメラマンの松久幸太郎さんです。
お料理写真が素敵なのはもちろんですが、プロフィール写真もいつも3割増し美人にとってくれます

image

そして、日常の服はというと、おしゃれセンスが人並み、またはそれ以下・・・の私がこぎれいに過ごすために編み出した工夫は。。。。

1、マネキン買い

2、ショップの店員さんに丸ごと選んでもらう

です。
結局、プロに任せましょう^^;?的な・・・?

値段と好みがあうお店で、店員さんに相談に乗ってもらいながら選ぶと、結果として失敗もせず、短時間で選べてとても良いと思っています。
私は身長が167㎝と高めなので、なおさらあう服が難しいのです。。

値段はちょっと高くつきそうですが、組み合わせが難しくって着れない服が増えないという意味でも、無駄がないです。
これは、すべてにおいて合理的な夫からのアドバイスでもあります。。
私は時によっては、服のショップでアクセサリーまでコーディネートしてもらって、「まるごと着ればOK」なんていう風にお願いしたりもします。(アクセサリーもお洋服ショップのは意外と安かったりするのです!)

そんなに服にお金もかけられないので、アウトレットモールに行ったり、セールなんかはもちろん基本ですけど~。定価ではなかなかね^^;。

服は2~3くらいお気に入りのメーカーが今はあり、そこで買うと自分としてははずれがないと思ってます。
幼稚園でも、撮影でも、打ち合わせでもOK・・・という雰囲気のもの。

ちなみに、靴は「ミハマ」のパンプスが最高に足に合って、何足かを常にローテーションでまわしてます。
嘘だ!って言われるけど、スニーカーで歩くより歩きやすい~~。
かかとや靴底が傷んでも、低価格で直してもらえるのも魅力。
これも、一度思い切って、デパートのシューフィッターさんに予約して足のサイズを測ってもらってアドバイスをいただいたことで発見できた靴です。

メイク道具も、仕事で知り合ったメイクアップアーティストの方から聞いたファンデーションを愛用してます。
写真を撮った時に顔色がよく見えるというので^^。

やっぱり「餅は餅や」

私は「料理」の分野で「餅や」、になれるよう、皆様のお役に立てるよう頑張ろう~~。と、思います。

でも、とりあえず、雑誌を読んで、今年は「ヒール」をはく!!と15年ぶりに意気込んでます
目標、8センチヒール

↓ランキングも応援してくださーい^^。

↑このページのトップへ