1936985_759873500785056_3453576871897402598_n[1]
【クリスマスチキン ローストチキン!】

今日はクリスマスイブ
我が家のクリスマスローストチキンの作り方をご紹介します!

★材料 4人分

・鶏もも肉骨付き 4本(切込みを入れる)
・塩、ブラックペッパー  適量(大さじ2/3~1程度)
・A 玉ねぎ  1個
・A セロリ   1本
・A にんにく  1~2片
・A レモン   1個
・A ローズマリー、タイムなど  適量(多めに)
・A 白ワイン 1/3カップ
・A オリーブ油、白ワインビネガー  各大さじ1・1/2

・バター10g 、オリーブ油 大さじ1  

*Aの材料で塩、こしょうをした肉を漬け込みます。

1044555_759873580785048_368400852687151920_n[1]

(作り方)

↑鶏骨付きもも肉に強めに塩、こしょうをして、玉ねぎ、セロリ、レモンの輪切り、にんにくスライス、白ワインと白ワインビネガー、オリーブ油、ローズマリー(タイム)でマリネします。
できれば2時間以上~1晩漬け込みます。

あとは、フライパンにバター+オリーブ油でチキンの表面に中火~強火で焼き色を付けたら、野菜を下に敷いて
チキンを皮目を上にしてのせ、塩をもう一度ぱらぱら。
後はオーブンへ。
オーブン220~230度(中段)で40分ほどでこんがりジューシーなチキンのできあがり!
12376754_759873517451721_2071479638029959948_n[1]


ソースは白ワインとお水、マリネしたつけ汁を煮たて、少量の醤油とマスタードで味を調えます。
ほんのりと水溶き片栗粉ORコーンスターチでとろみをつけたら完成~!
ソースなくてもおいしいですが、ソースがあるとちょっと本格的^^。

美味しく作るコツは、『生ハーブたっぷり!!』
タイム、ローズマリーをぜひのせてくださいね。

詳しいレシピをのせたかったのですが、パソコンの調子が悪くて

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください

10003432_759873600785046_362439472555785212_n[1]


↑こちらは手作りチョコレートケーキ!

家庭で作るケーキならではで、脂肪分の高い美味しい生クリームと、チョコレートをたっぷり。
レシピはまたのちほど~。

いきなり宣伝ですみません
11222252_738359669603106_3775451411674641780_n[1]
12009707_738359709603102_3631231269328130855_n[1]
12187806_738359726269767_3708014068709722961_n[1]
12191651_738359692936437_44250847495779801_n[1]


でも、夏ごろからずっと手塩にかけて大事に作ってきた本なので、もう何度でも宣伝したい気持ち
しばしおつきあいください!

『決定版 お持ちよりレシピ』10月29日発売です。
週末あたりからそろそろ書店さんに並び始めているかと思います。

前作、『とっておきのお持ちよりレシピ』の続編で、前回の本を買っていただいた方にも満足してもらえるよう、レシピも似たものがないよう、お持ち寄りアイデアも更に豊富になっています

難しく、ハイソなイメージのお料理はあまりないかと思いますが、どれも素敵に見えて、おいしくて、普通の家庭の主婦が作りやすいものばかりです。

持ち寄りのお料理は、

作りやすい=失敗しない=いつも作りなれているお料理の延長で

が、ポイントです

そろそろお持ちよりパーティーシーズン。
ぜひぜひよろしくお願いします!


はじめまして、料理研究家の阪下千恵です。
5年間以上ココログのブログを利用していましたが、今回思い切ってラインブログにお引越しすることにしました
みなさま、どうぞよろしくお願いします!

なんでブログを心機一転始めよう!と思ったかというと・・・。
今までのブログでは、日々のなんとなく思ったこととか、なんとなくお料理とか、なんとなく。。。
まあ、そんな感じでなんとなーく書くことが多かったんです。

でも、せっかく書くのだから、ちょっとでも、誰かが「おっ!」と役に立つようなものにしたいな~、と
私、先日お誕生日で、かなりアラフォーになりました。
もう、人生いつまでも「新米で・・」とか、「駆け出しで・・」(←最初のブログのタイトルでした!)とか言っていられない

うーん、そろそろ誰かに何かを残す側だよね。。
って、思ったのです。

なんだかんだ考えて、”赤裸々に生きよう”というのが今のテーマです。

でも、お仕事の宣伝とかもちょっと、いや、かなり、、しちゃいますけど
どうぞよろしくお願いします


↑このページのトップへ