こんにちは。
料理研究家の阪下千恵です。

コロナの前までは、ネット界ではちょっと副業ブームでしたよね。
ずっと前からかもしれないけれど、私がツイッターやYouTubeの話題やアカウントで、圧倒的に目にするようになってきたのがここ1、2年でした。

料理研究家やフードコーディネーターって、「主婦からブロガー、企業から依頼されて今では有名に」という方もいるので、もしかしたら「副業」としてどうなの?と思っている方もいるかな?ということで、今日はそのことにちょっとだけ触れてみたいと思います。

たまに、「アシスタントになりたい」という方からメールをもらうことがあります。
ちなみに、現在募集はしていませんが、なぜだかコロナの自粛中にも2件ほど連絡がありました。

「アシスタントになりたい」と言っている方は、「副業」というより、いつか本業にしたい、ときっと思ってですよね。


だから、ちょっとまた違うと思うのですが、ご参考までに。


料理研究家という仕事は、おそらく最初から会社に所属する人は少なくて、フリーランス(個人事業主)→会社にして、というパターンが多い気がしてます。

そう考えると、どこからが本業で、どこからが副業か、これはちょっと線引きが難しい仕事です。


ちなみに、結論から言うと、料理研究家や料理のあれこれをフリーで行う全般を「副業」として行いたい、と、考えている場合、私はコスパが悪くてほとんどの場合は成り立たない、と思ってます。
(当然、いきなり「本業」になるはずもありません・・)


そもそも、勉強して実力をつけて、実績を積んで、、、というのに、たいていの人はある程度の年月がかかるのはどんな仕事でも一緒です。
そんな中でも、「すぐに、または近い未来に仕事や労働対価がお金になる」を副業だとすると、料理系の仕事は、本気で依頼が来る案件以外は、「掲載されるだけでいいよね~」的なものがあふれています。

ちなみに、「企業案件」は、まともな金額では、かなりの実績がない人にぽっとくることは一切ありません!
そうとうなフォロワーがいる人気ブロガーさんは別ですが、普通のちょっとしたブロガー案件は、とてもとても、経費がようやく出た・・で終わってしまうどころか、、、というのも普通によくあると思います。

若くて活躍している方もいますが、きっとすごく努力しているし、実力もあるし、運もある、人から好かれる素質や、もしかしたらコネもある、水面に出ている一握りの人たちなのだと思います。

じゃあ、「料理を仕事にしたい人はやめとけってこと?」って言われると、イエスでもノーでもなく、「副業」としてなら、最高にコスパ悪いよ~、でも、もちろん、本気で「本業」にする気なら、お金は別として、好きなことを仕事にできるのはやっぱり15年かかってみると楽しく幸せかな、って思います。

じゃあ私は?って聞かれると、「副業」という言葉もあまりない時代から、いろいろあってほかの選択肢も考えたことなく、後はたぶん、好きだったり苦しかったりいろいろあっても本当にこれしかなかったんだと思います(笑)

若い頃、もっと賢く考えられたら、違う道を歩いていたかもしれないので、どちらが良かったかはまた別で、今で良かったとも思ってます。

今だから、現在から過去を振り返って、「あ~、こうだったな」とか、「こうすればよかったけど仕方ないか」なんて思いながら自分の道筋をどこか遠くから眺めている自分がいます。

ちなみに、、、。
コロナで会社も好調なところ、不安定なところが出てきているかもしれません。そんな中、生活がかかっているけど、根性でチャレンジ!とかは絶対にすすめません。
根性で何とかなる仕事ではありません・・・。
「運とか、その人の持つ何か」って、くじ引きと一緒で、やってみてからでないとわからないし、結果が出た人しかわからないから、本当によくわからないものだと思う。


すごくざっくりしたまとめですが、ご参考まで。


ちなみに、アシスタントさんなりたい方は、タイミングと、料理家自身との相性かと思ってます。
*私は現在募集してません
*募集をネットで見て応募するときは、掲載年月日みましょう~。(→平気で2年前の記事に応募とかあります^^;)


たいていメールで連絡がきますが、このメールの感じで、人柄が推測できるというか、「会って
みようかな」と思わせるかどうかって秒で判断できるのがほんと不思議。
文章って人柄でるんだな~、っていつも思ってます。

さて、長々書きましたが、コロナの時期が落ち着いたら、この記事は消すかもしれません。
「副業」に惑わされて、「本業」を失ってしまう人がいませんように。

こんな時期は、少しでも心を平穏にして、自分の実力を蓄えていきたいな、と思います。
「平常心」で、のりきりましょう。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2766.HEIC


こんにちは。料理研究家の阪下千恵です。
まだまだ休校が続く東京、たっぷり出た宿題の合間に、気分転換に娘がよくお菓子を作ってくれます。

今日はお気に入りの、『エッグタルト』。
ちょっと難しいのですが、何より本人が一番好きな味のお菓子の一つなので、作るのは3回目くらい。

小5の次女、今回は、私の手助け無しに、一からすべて自分で作りました~。
写真のように、とっても上手においしくできました!

すごい!

レシピは私の、『はじめてのお菓子レッスン』朝日新聞出版より。

この本は娘が愛用してくれていて、作る予定のお菓子、気に入ったものにはポストイットがついてます(笑)。

子供でも作りやすいように、プロセスが丁寧についているのと、子供が作りたそうなお菓子はほぼ網羅?!という充実のラインナップです。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2767.HEIC

ぜひ、週末のお菓子作りにお役立てください。

楽天ブックでは今のところ出荷制限?なのか購入できないようなので、Amazonなどでぜひ見てみてください。

さて、今日は暑い一日になりそう。
アイスコーヒー飲みながら、午後のひと時を過ごしてます。



★お仕事のご依頼は↓からお願いします。

chiesakashita@gmail.com

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください。
企業のレシピ開発、イベント出演、メニュー開発も得意としています。

WTFjnWFRPY.jpg

こんにちは。
料理研究家の阪下千恵です。

今日は嬉しいお知らせです!

↑の『はじめてのごはん』(日東書院)が5000部重版することになりました~。

この本は、子供が初めてお料理をしたい!と、思った時に役立つような、超簡単ごはんレシピから、作ってみたい定番おかずまで、丁寧なプロセス付きで紹介した本です。


qYC91vPiMX.jpg

コロナによる、自宅引きこもり生活の中、きっとたくさんの子供たちがお料理を楽しんでくれたんだな~と思うと、とても嬉しいです。

我が家の小5、高2もこの春休み~臨時休校中の長いお休み期間中、お料理やお菓子をたくさん作ってくれました。

それはもう、楽しみ、という域を超えて、家族のごはんとして役に立っていて、とっても助かっています。

朝ごはん、昼ご飯、どれかだけでも子供が作ってくれたら嬉しいですよね。

最初は、準備、型付け・・・と、親の一助けが必要なことも多いのですが、繰り返しているうちに、子供も道具の場所を覚え、調味料も自分で用意できるようになって、親が手をださなくてもできることが増えてきます。
片付けも、最初は、道具がば~~~ん、っと出っぱなしで力尽きて終了、、、なんてこともありますが、そのうち余裕が出てくると、ちゃんと片付けまでするようになってくるので大丈夫。

まだまだ自宅生活が長くなりそうですので、ぜひ、この機会に子供たちに、お家でお料理する楽しみを見つけてほしいな、と思います!

姉妹本の「おやつ」もよろしくお願いします。










◇◇◇

レシピ開発のご依頼もお待ちしてます!


★お仕事のご依頼は↓からお願いします。

chiesakashita@gmail.com

レシピ作成、企業販促レシピ開発、雑誌、テレビ、ラジオなど。
食に関すること、ご相談ください。
企業のレシピ開発、イベント出演、メニュー開発も得意としています。



↑このページのトップへ