春まで大会がない。
なんて退屈。
寒さと雪と凍結で練習も満足にできない。

それに私はトレッドミルを走るのが苦手。
外を走るよりしんどい気がするし
何より飽きる(笑)
機械の上を走っても
当然ながら空は見えないし景色は変わらない。

『モチベーションの維持』
…それが冬場の最大の課題。

それでも12月は雪もなく
それなりに外を走っていた。
元旦ランもした。
DSC_0045.JPG
この頃の練習愛用シューズ
『GT2000ニューヨーク』
DSC_0041.JPG
…と海沿いの夕景。

景色が綺麗だったので
つい止まって写メを撮ったら
体が冷えて風邪をひいた(^_^;)

この頃はもう
仕事をしていた
+介護福祉士の国家試験勉強もあり

2月の練習量がとんでもないことに…💧
↓↓↓12月と2月の比較
collage-1550358406789.jpg
ほとんど走ってないやんΣ\(゚Д゚;)
春の私大丈夫か?!

ジムにマラソン大会のポスターが
また貼り出された。

ネットでは聞いたことのない大会名。
種目は2km、4km、10km
しかも計測なしだという。

ってことは
自分で計測しろってことね。
順位や表彰式もないのね。

ご当地のマイナーな大会なのだろう。
近くだし気軽に参加してみようかな。
でも『4km』って距離が中途半端!

…で
10kmにエントリー決定!笑

『10kmデビューはうみねこマラソン』
と決めていたのだが
公式じゃない大会で
10kmを経験してみるのもいいかな…と思った。

言わば『うみねこマラソン前哨戦』だ!笑

でもその時点での10kmのタイムは
60分をやっと切るくらい。
前哨戦までにもう少しタイムを縮めたいけど
できるかな💦

…と思いつつその日も10km練習に出た。
走り終わって記録を見ると
『53分○秒』
思わず目を疑う。
計測間違いじゃね?笑

ところが次の練習もその次もずっと
調子が悪くても
55分から遅くなることはなかった。

なんでいきなりこんな早くなった?!
思い当たるのは
『リレーマラソンのための短距離練習』

それが知らないうちに
『スピード練習』になっていた
…ってことだろう。

加えてご当地大会の前日
例のイントラさんが
応援してます!って言ってくれて
テンションがめっちゃ上がったその結果。

『49分53秒』
…自分でも信じられないことに
10km50分を切ってしまったのだったΣ(゚ω゚ノ)ノ

苦しい短距離の練習を何度しても
1kmのタイムはなかなか伸びなかった。

それでもチームには
私のような初心者もたくさんいて
『楽しんでいきましょー』的なノリだったので
とりあえず安心ε(‘∞’*)

大会当日は10月半ば。
まだまだ寒くはないだろうと思ったら
風が強くてみんなで震えていた:;((•﹏•๑)));:

前の走者が入ってきたら
トラックに出て待ち構える。
見えるくらい近くに来たら
手を振って『もう少し!ガンバ!』
声を掛けながら小走りで前に出る。
タスキを受け取ったら

全力疾走٩(•̀ω•́٩)≡3

1.6kmのコースはアップダウンもあって
しかもラストが上り⤴︎︎⤴︎︎
息が上がる…キツイ…もうダメだ🌀

ヘロヘロになりながらトラックに入ると
仲間が手を振っているのが見える。
口々に聞こえる『ガンバレー!』の声。
それに元気づけられ
残る僅かな力を振り絞って
ラストスパート!

無事にタスキを渡すと
迎えてくれる『おつかれさま!』の言葉と
仲間の笑顔。

最後の1周は
アンカーが入ってくるのを
みんなで待ち構えて
チーム全員でゴール!

いやぁ…
タスキを繋ぐのって…楽しい♡
仲間がいてこその楽しさは
個人で参加する大会では味わえない。

走ることに関しては本当に
何もかもが初めてで
何もかもが新鮮で
そして何もかも楽しく思える自分だった☺

『短距離の練習は身にならなかったけど
来年はもう少し早くなって
チームに貢献したいなぁ✨』

…しかし翌週の練習で
『短距離練習が身になっていた』ことを
実感することになる。

↑このページのトップへ