こんにちは



なんて書いたらいいか
正直わからなくて



でも、
なんだかたくさんご心配を
いただいているようなので、
書かせていただきたいと思います



まずは、
家族について



地震当日は、
なんとかメールで連絡が取れて、
母とは、一度だけ電話が通じて、
話すことができました



ただ、
携帯電話の充電が切れたのか、
現在は連絡を取れません
ライフラインも
閉ざされているようですし


ただ、
地震当日の連絡によると、
父、母は、
同じ避難所近くにいるようです



弟は、
別のところにいて、
いまは友達の家に
避難しているようです



自分の育ったところが



心配で宮城に帰りたいけれど、
帰る手段もないし、
帰ったところで
何かできるか、と言われると、
正直、わからないし



それでも帰りたい、
というのがいまの本当の
気持ちです。



節電、募金と
よく言われているから、
テレビ以外の電源は抜いたり、
暖房を消したり、
募金は、たくさんありすぎて、
本当に届くものなのか、
よくわからないから、
ぼくはまだできていないけれど、
ぼく自身、3月はイベントを
予定しているので、
何かしらできたら、と思ってる。



東京では、
計画停電の報道がされたり、
街には、どことなく灰色の空気が
流れています。



本当に、
胸にある気持ちを唾をのんで
なんとかやり過ごしています



ここまで、
書いてきましたが、



たぶん、
いまこのブログを
みてくださっているみなさんは、
被害が少ない地域の方が
多いと思います



何かしたい、と思ったり
自分のことのように
心を痛めたり、
ときに、その気持ちが先行する
あまりに、攻撃的になったり
そういう気持ちは、
すごく大切だし、
そういう気持ちが
手助けの第一歩になると思う



ただ、
その気持ちを
どうか持ち続けてください



いまは、
まだ救出されていない方も
たくさんいらっしゃるし、
本当に、目を覆いたくなるほど、
悲惨な状況です



けれど、
まだ先のことなんか
全くといっていいほど
みえないけれど、
これから先、
テレビでも報道される時間が
少なくなって、
風化するときが来るかもしれない
けど、ぼくが育った時間のように
もとに戻るまでには、
たくさんの時間が
かかると思うのです
そのときこそ、
力が必要だと思う



だから、
いまの気持ちを
どうか持ち続けてください



もちろん、
ぼくも同じです



いまできることも
もちろん大切だけど、
これからできることも
大切だと思う



早く、
家族の声が聞きたいです



長々と失礼しました
拙い文章ですが、
いまの気持ちです



なにかできること