月別アーカイブ / 2018年12月

12月23日にイオンモール幕張新都心にて、2019年「M☆Splash!!」新メンバー公開オーディションが開催されました
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2610.JPG
最終審査の舞台に挑んだのは33名。
まずは全員共通課題となる『We Love Marines』のグループダンス。審査員と多くの観客が見守る中、緊張を感じさせない明るい笑顔で個性を発揮させます。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2603.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2601.JPG
続くフリー演技では、全員がダンスを軸にした1分間のパフォーマンスを披露!
元気をアピールしたり、曲の歌詞を全身で表現したり、バトンやリボン、歌やMC、バレエやアクロバットなど、特技を織り交ぜて自分自身を表現しました。
ダンス部分以外にも、様々なデザインのマリーンズのユニフォームや、クリスマスをテーマに白や赤い衣装で踊るなど、工夫を凝らしていたのが印象的でした!
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2602.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2604.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2607.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2606.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2609.JPG
最後は、M☆Splash!!への思いを語る1分間のPRタイム
歴代メンバーへの憧れや、マリーンズ愛はもちろん、地元千葉を盛り上げたい気持ちや、MDA(マリーンズ・ダンスアカデミー)で学んだこと、ZOZOマリンでのアルバイトやボランティア経験のエピソード、過去のオーディション落選以降も諦めず努力を重ねてきた熱い気持ちなどを、自分たちの言葉でしっかり話してくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2605.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2608.JPG
白熱した審査の結果、選ばれたのは7人の新メンバー
YUKIさんは「ずっと球場で踊ることを夢見て練習してきました。今日その夢が叶って嬉しいです!」
KANAさんは「これからM☆Splash!!の一員として責任をもって頑張っていきます!」
HONAMIさんは「本当にここまで頑張ってきてよかったです。これからも頑張ります!」
YUNAさんは「夢みたいです。これからはM☆Splash!!として、ファンじゃない皆さんのこともファンにしていく気持ちで頑張ります!」
MINAMIさんは「この舞台に立つために努力したので嬉しいです。選んでいただいたからには、期待に応えるパフォーマンスを必ずします!」
KANAKOさんは「M☆Splash!!の太陽になれるように全力で頑張っていきます!」
MOEKOさんは「とにかく全力で、どんなときも笑顔を忘れず頑張ります!」と喜びを語りました。

笑顔と歓喜の涙にあふれたステージで、オーディションは無事終了。今回合格したメンバーだけでなく、参加者全員が全力パフォーマンスで熱い気持ちをぶつけてくれました!
2019年M☆Splash!!の今後にご期待ください

小学5・6年生による「NPB12球団ジュニアトーナメント2018」が、12月27日から札幌ドームで開幕! 
大会目前のマリーンズ・ジュニアの様子をお届けします

夏に開催した選考会には県内外から約600人が参加。身体能力の高さが目立つハイレベルな選考となり、16人が選出されました。 指揮を執るのは、ジュニアコーチを3年間務めた後に初就任した塀内久雄監督。 小林宏之コーチと小林茂生コーチも熱心に指導を務めます。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2570.JPG
選手と近い距離でコミュニケーションをとる塀内監督は「本当に楽しみですね。優勝を目標にやっていますし、選手も手ごたえを感じてくれていると思います。最初は声も出ていなかったですが、試合を重ねて皆で出し合うことで、チーム内の競争にも良い影響を与えて全体のレベルが上がりました。3か月半で別人のようになりましたし、チームとしてのまとまりができてきたと思います」と成長ぶりを語ります。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2580.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2571.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2569.JPG
選考会から重視されてきた「元気に声を出す」という基本は、チーム結成後もキャプテンの片岡選手を中心に徹底されています。 取材をしたこの日はウォーミングアップ、キャッチボール、ペッパー、ボール回し、シートノック、守備練習、体幹トレーニング、シャトルラン。 ロッテチーム対マリーンズチームの試合形式の練習では「点を取られたら取り返せばいい!」「まだまだ同点!」「この回3点ほしい!」「もっとほしい!」とベンチからポジティブな言葉が飛び交い、選手全員が多様な声掛けでグラウンドを盛り上げました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2572.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2574.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2573.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2577.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2575.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2581.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2576.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2578.JPG
厳しい寒さに負けることなく練習に励んだ後は、みんなで集合写真(残念ながら全員ではありませんが)。
ちなみに、背番号を決めるときも選手たちの希望が取り入れられたそうで、投手陣に人気だったのは背番号「1」。野手は自分のポジションの数字(一塁手は「3」など)を希望する選手が多く、重複したときには公平にじゃんけんで決められました
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2579.JPG
最高の結果を目指しながら、塀内監督の心の根底にあるのは「楽しく野球をして、この経験を選手たちの今後に生かしてほしい。今後も野球を続けてほしいです」という強い思い。
選手ひとりひとりの野球人生につながるチーム作りをしているマリーンズ・ジュニア。決戦がまもなく始まります! 
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2568.JPG
選考会の様子から最新情報まで、球団公式サイトでは中沢マネージャーのレポートを随時配信中です!

↑このページのトップへ