こんにちは!千葉ロッテマリーンズオフィシャルライターの長谷川です。このブログでは、ZOZOマリンスタジアムとロッテ浦和球場から、チームのこぼれ話や各種球団情報をお届けしていきます!

オープン戦の開催とともに、ZOZOマリンでは2018年の開幕に向けた準備が着々と進んでいます。こちらは試合時にマリンビジョンで放映する選手別CG映像の撮影風景。朝8時過ぎに集合したチェン投手と成田翔投手は爽やかにピース!
LLD3MFOjVc.jpg
この撮影では戦いに挑む真剣な表情が求められます。チームの顔である涌井秀章投手や鈴木大地選手を筆頭に、とてもかっこよく決めてくれた選手たち。「NGなしで終わらせる!」と有言実行する清田育宏選手と益田直也投手。丁寧に動作の確認をする藤岡貴裕投手と加藤翔平選手。合間にダンスをして場を和ませるオルモス投手。田原大樹通訳に何度も褒められご満悦のペゲーロ選手など、それぞれの性格を垣間見る瞬間がたくさんありました!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0233.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0172.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0234.JPG
そして、笑顔が禁止だからこそNGシーンが出るのは毎年恒例のことで……。
いつも撮影現場のムードメーカーになってくれる香月一也選手は、到着するなり相手をどう笑わせるか企みます。今年のターゲットは宮崎敦次投手と佐々木千隼投手の様子。
qjMJazxLBk.jpg
香月選手が発する声に必死に耐える宮崎投手。
堪えきれずに笑ってしまうと、思惑通りの展開に香月選手は抱腹絶倒!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0235.JPG
G3ayLarY0t.jpg
続く佐々木投手は、香月選手の影が見えるだけで笑いがこみ上げてしまい、視界から外れるように注文。ここは先輩の言うことに素直に従った香月選手でした。
4HwNZ8D5rh.jpg
また、新人選手はCG撮影初体験。緊張気味だった19歳の和田康士朗選手が途中から笑顔になった理由は、視線の先にいた島孝明投手。2人は同級生ですが、プロ年数で1年先輩となる島投手が付き添って緊張を和らげてあげていました。一軍の初舞台を目指す彼らの映像がZOZOマリンに流れた日には、ぜひ大声援で迎えてあげてください!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0238.JPG
X54dxopl9D.jpg
様々なハプニングと笑顔にあふれながら、全選手の決意を乗せた撮影は無事終了!完成形は3月30日のZOZOマリン開幕戦で初披露!マリーンズの戦いとともに、試合を彩るマリンビジョン映像の出来栄えにもご期待ください!