千葉ロッテマリーンズの本拠地勝利を象徴する「WeAre!」
2019年は全37回の喜びのシーンがありました!
メガホンを担当した24選手の中から、回数が多かったベスト3を調べてみました。

みなさんは誰が1位だと思いますか?
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5634.JPG

 第3位  鈴木大地選手(3回)
WeAre!は鈴木選手がいないと始まりません!いつも周りの選手を率いて盛り上げながら、自らメガホンを担当したのは劇的サヨナラ打を放った3試合でした!
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5661.JPG

 第2位  井上晴哉選手(4回)
お立ち台にもたくさん登場した井上選手は、勝負を決める一打を放ってメガホンを握る回数を増やしました!普段から軽快なトークをする井上選手らしい安定感あるWeAre!です。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5648.JPG

 第1位  種市篤暉投手(5回)
先発投手のWeAre!は、ZOZOマリンで好投し勝利したことを意味します。今季は石川投手に並ぶチームトップの8勝。135奪三振を記録しました!マウンドで見せてくれた姿を考えると、ここでの1位も納得の結果です!
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5663.JPG
ちなみにこちらは初々しかった1回目の様子
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5664.JPG

 番外編  福浦和也選手
チームの今季最後のWeAre!を飾ったのは福浦選手でした!引退試合の最終回、ファーストライナーの好捕に沸いた余韻が残るグラウンドで、全員が喜びを爆発!参加人数も過去最多です。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5643.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5644.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5645.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5646.JPG

他にもWeAre!の数だけ喜びがありました
せっかくなので、今季メガホンを担当した全選手を写真で振り返ります。みなさまにとって思い出深い場面もあるのではないでしょうか?
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5702.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5701.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5699.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5703.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5698.JPG

そして、WeAre!といえば、恒例の鈴木選手・益田投手・三木選手によるタッチ
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5691.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5692.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5693.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5694.JPG
からの高いジャンプ
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5678.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5685.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5683.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5684.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5696.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5697.JPG

カメラ目線の選手たちもいました
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5635.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5636.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5637.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5638.JPG

2019年、最終戦はとても悔しい結果になりましたが、改めて1年を振り返ると、今後につながる希望が随所にあったことも事実。
肩を組んで励まし合い、全力で勝利を掴む姿はたくさんの名場面を生んでくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5667.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5668.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5669.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5670.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5671.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5672.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5674.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5673.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5688.JPG

そんな選手たちの姿をしばらく見られなくなるのは悔しくて寂しいですが、この続きはまた来年。
マリーンズにとって、選手一人ひとりにとって、ファンのみなさまにとって、さらに多くの勝利と歓喜が訪れますように
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5689.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5677.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5690.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5676.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5687.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5686.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5675.JPG

WeAre!特集が2019年公式戦最後の投稿となりました。
今季もブログをご覧いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

オフの期間中も更新するので、是非また見にきてください