6月7日の東京ドームの巨人戦のこと。二木投手は第1打席で四球を選び出塁すると、荻野貴選手の安打で二塁へ。続く鈴木選手の安打で三塁へ。最後は押し出し四球によってホームイン!
交流戦限定の姿をドキドキしながら見守った方も多かったのではないでしょうか?
後日、このときの塁上の心境を二木投手は「こわかったです!塁に出たのがめちゃくちゃ久しぶりだったので、見える風景が新鮮でした。一塁と三塁はコーチがいるのでまだ良かったんですけど、二塁は完全にひとりだったのでこわかったですね。立ってるだけでしたけど、なんとか(ホームを踏めました)」と、緊張とはまた違うドキドキがあったと振り返っていました!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4908.JPG

昨日の全体練習前、早出特打の野手が多く見られるグラウンドにいたのはチェン投手!
先日の試合で悔しいプレーがあったことで、吉井コーチと川越コーチ指導のフィールディング。当時と同じ状況を想定した練習が続きました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4898.JPG
何度も反復したあと、最後に何本やるかを聞かれたチェン投手は「10本お願いします」とまだまだやる気いっぱい!予想外の多さに「10本!?」と驚いたコーチたちは、チェン投手の心意気をしっかり受け止めた上で、適切な本数を指示していました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4897.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4902.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4901.JPG
練習後はコーチと3人で片付け。
勝利のバトンをつなぐため、様々な局面に備えるリリーフ投手陣には結束力があります。そして、常に進化しようと努力を積み重ねる個々の姿が存在しています。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4904.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4905.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4907.JPG

6月12日に本塁打を放った井上選手
最近よく見るのは、乳酸菌ショコラを中継カメラにアピールしたあと、ベンチに戻りながらパッケージだけをカメラに向けるバックショット。
「カメラアングルを見ていたら、ベンチの中を長く撮ってることが結構あったので!」とバッチリ計算済みのようです

いつもより大きな乳酸菌ショコラで再現
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4915.JPG
また、先日は清田選手と並んで乳酸菌ショコラをアピールする一幕もあった井上選手は「清田さんああいう(明るい)人なんで、テンション上がったんじゃないですかね?」とサービス精神旺盛なツーショットを振り返っていました!

まだまだバリエーションが増えそうなパフォーマンス!勝利の本塁打量産とともに今度も期待しています!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4914.JPG

そして、同じく6月12日に本塁打を放ったレアード選手
何度もブログで紹介している幕張寿司は18度目の開店となりました!グラウンドでは三遊間を組んだ三木選手とレアード選手ですが、お寿司を握るときだけ大将と常連客の関係になるのはさすがです!4コマ漫画のような三木選手の秀逸な表情に注目です
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4909.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4910.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4911.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4913.JPG