突然ですが、超難問クイズです!
仲良し同期、鈴木選手と益田投手がグラウンドで見せる定番のポーズ。
何を意味しているでしょうか?
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4726.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4803.JPG
鈴木選手に聞いてみると、話は2人が一軍で活躍し始めた若手時代に遡りました。
「直(益田投手)は、ファーストゴロでベースカバーにいくとき、なぜか絶対に腕が上がるんです。それを出始めの頃に2人で言っていて、試合で投げる前にたまたま目が合ってやったのが最初です!」
ということで正解は、ベースカバーのポーズ

「全然たいした話じゃないですけどね」と鈴木選手は笑っていましたが、プロ8年目の今も当時のやりとりを続ける2人の絆を感じるエピソードでした!グラウンドに鈴木選手と益田投手がそろったときは注目してみてください
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4724.JPG

昨日の交流戦初戦から発売となった「マリーンズマガジン」6月号
私が担当した益田投手の巻頭コラムでは、クローザーとしての決意や葛藤、厚い信頼を寄せる存在など、たくさんの力強い言葉を紹介させていただきました。
他にも、一問一答形式の小島投手インタビューや、交流戦をテーマに選手を描いた漫画、三木選手のスパイクが当たるプレゼント応募券など盛りだくさん!「マリーンズマガジン」はマリーンズストアにて販売中です(税込100円)!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4779.JPG

6月2日の埼玉西武戦のイニング間の出来事。
好投を続け、ベンチ前で迎える仲間とグラブタッチをする石川投手は、なぜか香月一選手の前でスッと手を引っ込めます。
後日石川投手に真相を聞くと、「仲良いので(イタズラです)」とニヤリ。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4800.JPG
おーい!石川さーん!という表情でリアクションをとる香月一選手。さすが若手ムードメーカーです。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4799.JPG
仲良しゆえのこととはわかっていても、どうしてもタッチをしたい香月一選手!別のイニング間には、誰よりも早く待ち受けるアピール作戦
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4795.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4794.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4797.JPG
そんなやりとりが続いた結果、代わりに手を差し出す優しい平沢選手が登場したのでした
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4793.JPG

先輩からも後輩からも人気の香月一選手。
根元コーチ指導の早出特守のあとは、左投げのキャッチボールで感覚を調整。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4802.JPG
するといきなり、「この髪型どうですか?」とこちらに質問!
新しい髪型の評判が気になるようです
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4801.JPG

前回のこぼれ話で紹介した、菅野選手の円陣の続編です。
角中選手の誕生日に続き、大村コーチの誕生日、さらに清田選手のお母様の誕生日にも掛け声を担当。
「バースデーケーキと打線に火をつけちゃいましょうよ!」のセリフも浸透しています
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4754.JPG
実は菅野選手、この好評のフレーズは今回が初めてではありません。
「去年のファームで今岡監督の誕生日にもやりました!真面目なことを言うのもいいですけど、思いついたら、その日に合った内容を言っています。ほとんど即興ですね!」と、場の雰囲気により言葉を選んでベンチを盛り上げているようです!

交流戦も元気に、打線に火をつけてください
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4756.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4757.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4758.JPG

2019マリーンズこぼれ話シリーズ