先日のブログで種市篤暉投手のマリンフェスタユニフォームの背ネーム「MISAWA」の由来を紹介しました(青森県三沢市出身)
そのときは、ちょっと変わった名前にしすぎたかもしれないと心配していた種市投手。

そして迎えた4月21日のマリンフェスタ
残念ながら試合は敗れましたが、先発の石川投手の後を継いでマウンドに上がった種市投手は、相手打線を見事2回無失点に抑えました!

当日に「MISAWA」ユニフォームを初めて見たときの感想を「うわぁぁと思いました(笑)」と振り返りながら、鳥越コーチや大塚コーチも地元の名前をつけていることを知って少し安心したとのこと。
試合後は、ユニフォーム姿を見た地元の友人たちから「何してるの?(笑)」とリアクションがあり、「今度試合を観に行く!」とも言ってくれたそうです

「無失点に抑えられたので、地元をアピールできたんじゃないですかね?(背ネームの由来を)知らない人も自分のことを調べてくれたんじゃないかなと思うので、良かったと思います!」と、自らの投球によって地元アピールを大成功させました!

今日からの連戦でも好投を期待してます
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4231.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4234.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4233.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4235.JPG