昨年に続いてZOZOマリンスタジアムで開催中!
公式ファンクラブ「TEAM26」ジュニア会員を中心に、試合直前のグラウンドで選手と守備位置につく「サブマリーンズ」!

今年は加藤翔平選手に話を聞きました
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4187.JPG
「最初は緊張している子が多いけど、こちらが話せば話してくれます!しゃべらないと、子どもたちの思い出にならないので、なるべく話したいですね!」という加藤選手。

「何歳?」「今日はどの席で見てるの?」「よくZOZOマリンに来るの?」「野球やってるの?」と質問をしたり、「楽しんでいってね!」と声をかけたり、楽しくコミュニケーションをとっているそうです。
また、加藤選手のすごいところは、春休みには「宿題終わった?」、新学期には「新しいクラスどう?」と、時期によって細かく話題を変えているところ。春休み終盤にまだ宿題を終えていないことを報告してくれた子には「頑張れよ〜」とエールを送ったというエピソードも明かしています!

加藤選手が子どもたちとの時間を大切にしているのには理由があります。それは自身がまだ小さかった頃、イベントに当選してプロ野球選手と試合前のベンチ裏で記念撮影をした経験でした。
「選手を見られるのは嬉しかったですし、選手と同じ空間にいるだけでも、すごく貴重で楽しい経験だなと思いました。(ZOZOマリンでは)野球は楽しいなということを少しでも感じてもらえたらと思います!」

今はプロ野球選手として、子どもたちに素敵な時間をプレゼントできるよう、加藤選手をはじめマリーンズの選手たちは日々グラウンドに立っています
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4186.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4180.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4171.JPG_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4172.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4173.JPG

鈴木選手と井上選手が登場した、昨年のサブマリーンズの様子はこちら