第7話目の今日はアルバム「THE ANSWER」収録のLionについて書きたいと思います。



この曲の原型はアルバム「BLACK REVENGE」のデモ制作時からありました。よくよく考えると今から7年前の2011年からあったみたいです(驚き!)

インスパイア元はSkid Row。曲は「Slave To The Grind」です。


Skid Row - Slave To The Grind





この路線で作る時に心掛けていたのは

「シンプルでパンチのあるロックであること」

です。

性格的に「凝ろうとしてしまう」クセがあるんですが、それって冷静に考えると曲の良し悪しには関係ないんだよね・・・。

そういった面では今作の曲たちを作っていくうえでとても成長させてもらったなぁと思います。



とまぁ、この路線だけではTHE CHERRY COKE$らしさは無いし、キチンと完成出来ずにしばらく寝かせることになります。



それから5年後のある日。

Megadethを聞いていた時に「コレだ!!!!!!!」というインスピレーションが舞い降りました。

曲は「Poison Was The Cure」。

このようなリフ(動画の1:00から)はロック的には使い古されたものですが、この速さでウチラらしく奏でることによりアイリッシュというより「ケルト」らしくなると考えたんです。


Megadeth - Poison Was The Cure





このMegadethのリフのテイストと同時に、頭には「ベースがゴリゴリで始まりたい」ということだけはうっすらとあったので

「アレ(Skid Row)とアレ(Megadeth)を組み合わせたらいいんじゃねーか!?」

閃いたその組み合わせは絶妙なバランス、絶妙なマッチングで・・・そこからはすぐに今の形になりました。

そこで意識したのは冒頭でも述べた

「シンプルでパンチのあるロックであること」

凝りすぎない・・・凝りすぎない・・・。



この曲の冒頭のギターはRobert Johnsonを始めとするブルースギターのよくあるテンプレを遊びで入れてみた。

メタル色  より  (アメリカン)ハードロック色

を出したかった、というのもあるけれど。



MUTSUMIのアコーディオンとSUZUYOのティンホイッスルのフレージングは曲を印象づけるもので、かなり速くて気持ちいいし、ギターソロもしっかりあって・・・

このリフの感じでしっかりとギターソロがあるバンドはヴァイキングメタル系でも逆にいないんじゃないかな?と思ってる。

ということは世界初のサウンドですね?(大きく出た)



この曲の持つグルーヴの最重要ポイントはやはりTOSHIのドラムとLFのベースが肝!ウチのバンドでこの手のドッシリとしたグルーヴの曲はあまり無いので、ライブでやるのが今から楽しみ!

そういえば、リリース時のインタビューの時に「Lion」は男臭いですねぇ!ってインタビュアーさんによく言われたっけ(笑)

確かにKAT$UOヴォーカルの魅力をこれでもか!これでもかぁぁぁ!というくらい堪能出来る1曲!

男 というより 漢!だね!!!!



この曲。ライブでやったら絶対熱いと思うのよ。むしろ、ライブでこそ真価を発揮するのでは?とさえ思える。

ぜひみんなにサビのコーラスとか覚えてもらってステージとフロアで共に熱くいきたいわ~!

あぁそうそう、ギターソロは?というと、頭に浮かんだものが恒例の「暑苦しい」展開やメロディだったので、導かれるままに作りました.•*¨*•.¸¸♬

Paul Gilbert(Mr.Big)お得意のフレーズが入ってたり、基本こういう展開好きよね、僕は。ふふ。



そして、この曲のラストはGuns N' Rosesへのオマージュ的なキメがあります。


Guns N' Roses - Welcome To The Jungle





もうこうなると色々と詰め込みすぎだろ!って感じですが、こういう遊び心って大好きでやめられません(笑)



今回の「THE ANSWER」の解説ブログでは影響を受けたアーティストや元ネタ、インスパイア元を次々と明かしていますが、僕はやっぱり過去の曲からの影響は素直に公言したいんだよね。

僕の好きな小山田圭吾さんというアーティストは自分の曲の元ネタを明かしたりする人なんですが、潔くて最高なんです。僕が素直に元ネタを公言できているのはその影響もあるかもしれません。

元ネタを探ってまた音楽の楽しみを知る。そしてまたその元ネタの元ネタを探る。終わりのない音楽の旅。

過去の偉大なる先人達がいるからこそ、それに影響を受けた現代の我々がいる。

先人達の作ったものに敬意を払い、我々が「自分たちのオリジナル」を作れる。これほど幸せなことはないよ、ホントに。

今後生まれてくる曲たちはどんなものになるのか!?未知数だけど、これからもバシバシ音の遊びを入れていきたいと思っているので、これからの新曲も楽しみにしてもらえたら嬉しいね~っ!



THE ANSWER tour初日の千葉LOOKワンマンまであと3日!

1532959784838.jpg


真夏の千葉LOOKワンマン。ステージもフロアもガチンコで汗だくでいこうっ!

ぜひ遊びに来るのだ~!

MASAYA