こんにちは‼

THE CHERRY COKE$のヴォーカル、KAT$UO(カツヲ)です。

LINEブログをご覧になって頂きありがとう御座います☆


今回は記念すべき第一回目というコトで初めましての方もいらっしゃると思いますのでTHE CHERRY COKE$とは何ぞやという所を簡単にご説明させて頂きます。

我々の音楽はアイリッシュ及びケルトミュージックやカントリーミュージック等の土着的な音楽にパンクロックを融合させた音楽を奏でるバンドです。

日本ではなかなか馴染みの無い音楽ではあるのですが海外ではこういったジャンルの音楽をFOLK PUNK(フォーク・パンク)やCELTIC PUNK(ケルティック・パンク)、IRSH PUNK(アイリッシュ・パンク)、PADDY BEAT(バディー・ビート)なんて呼び方をします。

THE CHERRY COKE$(通称:チェリコ)の楽器編成はといいますと
ドラム、ギター、ベース、ヴォーカルのベーシックな編成に加え、サックス、ブルースハープ、バンジョー、ブズーキ、ティン・ホイッスル、バウロン、アコーディオンを使用する他、レコーディングや演奏環境によってはバグパイプ、フィドル、スプーン、ウォッシュボード等様々な楽器を使い演奏します。

楽器名を挙げてもピンと来ない方も、もしかしたら映画「タイタニック」の中で3等客室で音楽に合わせてダンスをするシーンと言えば想像がつく方も多いのではないでしょうか?
またはディズニー・ランドのウエスタンランドやクリッターカントリーでも上記した楽器を使った音楽が流れています。

いわゆる酒場の音楽、労働者の音楽であり、反戦歌や移民の歌といったレベルソングから優しい子守歌まで幅広く庶民によって受け継がれてきた音楽です。

アイルランドを取って言えば同じ島国というコトもあり、郷愁を誘うメロディーやお祭りビートは日本人の我々にもスッと入ってくるように思います。

というコトで1回目のLINEブログはこの辺で☆


今後はLINEトークルームやLINE LIVEとも連動して更にチェリコの音楽の秘密や魅力をお伝えしていきたいと思っています。

そして是非お時間があればライブハウスにも遊びにいらして下さい!

スケジュール等の情報はオフィシャルホームページで随時更新していますのでそちらも併せてご覧下さい☆

THE CHERRY COKE$ Officail HOME PAGE



今年1月に発売した7枚目のアルバム「THE CHERRY COKE$」より"RISE AGAIN"という曲を貼っておきますので是非聴いてみて下さい♪

それでは引き続きTHE CHERRY COKE$ LINEブログをヨロシクお願い致します‼


Vo.KAT$UO