こんにちはカツヲです。

最近東京は寒さも落ち着いて来ていよいよ桜の咲く季節になってきました!

春と言えば先月YouTubeにて発表した新曲「~さらば青春の光~」も好評で既にライブで一緒に歌ってくれる人も居て凄く嬉しいです。

そもそもこの曲は新メンバーのMUTSUMIを迎えるにあたり、皆さんにその報告をする為に作成した楽曲でありミュージックビデオでした。

音と映像を同時に伝えられれば、従来からチェリコを応援してくれている皆さんもよりMUTSUMIを迎え入れ易くなるかなと思い発表いたしました。

なので、具体的なリリースも決めてはいなく、次のアルバムを発表するタイミングで収録しようか位に考えていました。


そんな折、現在皆さんにご協力頂いている「だいちゃんを救う会」のコトを知りました。

ご存知の無い方にご説明しますと、神奈川県大和市在住の迫原大輝(さこはら だいき)君[2014年11月4日産まれ]は2015年7月、生後8カ月で突然重度の心不全に陥り、診断の結果【拡張型心筋症】と診断されました。

「拡張型心筋症」とは心臓の筋肉細胞が線維化、動かない細胞に変化する進行性の病気です。

心臓は大きく伸びきり力が弱くなるため、全身に血液を送ることが困難となり最終的に死に至る難病です。

根本的な治療法は無く「心臓移植」に望みを託す状況です。

国内での心臓移植は実例と時間的リミットを考えても難しい状況にあるため海外での心臓移植手術を望んでおります。

現在アメリカ・コロンビア大学病院の受け入れ許可がおりているものの、健康保険や公的補助は適用されないため全てが実費になります。

その額は3億2千万円です。


この3億2千万円の募金活動を行う団体が「だいちゃんを救う会」です。

なぜ僕らが「だいちゃんを救う会」の活動に参加しているかと言いますと、僕の地元、東京の大田区に「羽田ヴィッキーズ」という女子プロバスケットボールチームがあります。

友人がこのチームの応援団長をしていることや、地元という事もあり選手やチームスタッフの方とも仲良くして頂くようになりました。

ある日、試合観戦後に会場出入り口で募金活動を行っていて、話を聞いたところ「拡張型心筋症」という難病を患っただいちゃんのお母さんは元羽田ヴィッキーズの選手だという事を知りました。



現在世界中には様々な事で困っていて支援を必要としている方々がいます。

もちろん身近なところでも様々な活動を行っている方々がいます。

僕はその全ての活動に参加出来るとは思っていません。

しかし、自分が直接繋がった方の協力位なら覚悟を決めて出来るんじゃないかという想いから、ライブやSNS等で「だいちゃんを救う会」への協力を呼びかけてきました。

羽田ヴィッキーズが所属する日本女子プロバスケットボールリーグ「WJBL」の各チームも敵味方関係なく元羽田ヴィッキーズの選手のお子さんの為に各地で募金活動を行っています。

現在全国規模で様々な分野の方へ拡がりをみせていて、募金金額はもうすぐ1億円に届く位までに集まってきています。

しかし、先にも書いた通り大病を患っているのは1歳4ヶ月の小さな子供です。

命を繋いでいる補助人工心臓装置による待機には感染症や血栓による脳梗塞のリスクがあります。

つまり時間に余裕が無いのです。

「いついつまでに」では無く、一刻も早く、今、3億2千万円が必要な状況です。


SNSやライブで拡める以外に何か出来ることは無いかと考えました。

僕らはバンドです、僕らが集まって一番力を発揮出来るのは音楽です。

手元には作品として出回っていない「~さらば青春の光~」という音源があります。

これを売ってそれを募金にまわせないかと考えました。

新たに曲を作り製品化するという考えもありましたが、とにかく今一番重要なのは最短で募金を集めることだと思っています。

音楽をお金にする時、そこには様々に絡み合う事情や複雑な側面がついてまわります。

しかし、その全てをメンバーや所属事務所は承諾し共に背負う約束をしてくれました。

今は自分達が正しいと思ったことを恐れずにやって行こうと思っています。


販売方法はiTunesです。

配信は3月27日より開始です。

価格は税込¥200で、その売上の全額を寄付させて頂きます。

初の試みですが、THE CHERRY COKE$が今最短で出来ることを考えた結果です。

ご賛同頂けるようでしたら、THE CHERRY COKE$最新曲「~さらば青春の光~」のご購入を宜しくお願い致します。


KAT$UO / THE CHERRY COKE$