第4話目の今日は「THE ANSWER」収録のインスト曲John Ryan's Polkaについて書きたいと思います!



IMG_20180603_133857_474.jpg



この曲は1stアルバムに収録されて以来、ずっとライブで演奏してきました。チェリコの代名詞的な存在になった曲でもあり、どんな時も僕らに力を与えてくれ、どんな土地でも言葉要らずでフロアを巻き込み、バンドの歴史と共に歩んできたアイルランド民謡です。

僕らを知らないお客さんの前でライブをやることが今もめちゃくちゃ多いですが、昔は今よりもっともーーっと多かった。

「なんだこのバンド?」

と、初めて僕らを見て戸惑っているお客さんの心をも突き動かして、フロアを巻き込んできたこの曲は、僕らにとっての大切な切れ味鋭い懐刀であります。





ライブ会場で僕らのライブを初めて見てくれて、その足で物販コーナーにCDを買いに来てくれるお客さんによく聞かれることがあります。

「どのアルバムがおすすめですか?」

とか、

「ライブでやった〇〇な感じの曲が入っているCDはどれですか!?」

と。

そんな時、この曲が入っているCDはもう廃盤になっていることもあり、物販コーナーに無いことが多かったんです。





1stを出したのもだいぶ前だし・・・今また収録し直しても良いんじゃないかな・・・?

そうしたら新しくチェリコを好きになってくれたお客さんが、この最新作「THE ANSWER」を買えば「これがチェリコか!」って僕らへの理解が間違いなく早いし、また遊びに来てくれる時も自然にライブを楽しめるんじゃないかな?

と思い、再収録することにしました。





再収録するにあたって目指したことは「現代に生きるJohn Ryan's Polkaを録る!」ということです。

むこう50年は聴けるJohn Ryan's Polkaを日本に・・・いや!世界に残すんじゃぁぁぁぁぁ!くらいの気持ちで録りました。





その為にも今1度、過去の偉人たちによるJohn Ryan's Polkaを一通り聴き直したんだけど・・・





マジで全く参考にならねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





アイルランド音楽は「楽譜通りにやらない」ことが多いので「楽譜の無い音楽」とも言われたりします。

なので、海外の演奏家がプレイしているのを見ると生真面目にきっちり毎回同じことをしていないんだよね(笑)

しかも、人によって細かい部分では違うことがとても多い。

「この人はこうやってる、でも、あの人はああやってる」

みたいに。

きっと大筋は知っているうえで人それぞれが各自のやり方で「伝承」していく音楽なんでしょうね!

その「人によって違う」、「毎回違う」アドリブ感みたいなものがアイルランド音楽で好きなところでもあるんですけどね!(笑)

ある意味、超ロックだと思います。



とか真面目に分析している時点で「いかにも日本人」なんだろうなぁ・・・何かすっげー悔しい(笑)

ブルースと同じで「血」でやる音楽だと思っているので細かく考えてはいけませんっ!(笑)



IMG_20180604_185631_246.jpg



録りの時は皆で騒いだり、足踏みをしたり、クラップをしたり…と、さながら港町に寄港した船乗りたちが酒場で騒ぎながら、その場の皆で音楽とお酒を楽しんでいるような、そんな空気を詰め込みました。

あれ?【お酒を楽しんでいるような?】というか実際に録りの時メンバーは飲んでた説もある(笑)グラスにビール入ってたし、空き瓶もあったし(笑)最高かよ!(笑)

そしてゲストプレイヤーの森島玲ちゃんのフィドルもすっごく良い味を出してくれていて、なんだか賑やかなパーティーのような雰囲気になった!

この感じをCDにパッケージ出来たのがとっても嬉しい!






音を聴いて「聴いた人それぞれの頭に、その人それぞれのいろんな光景が浮かぶ」とかマジで最高すぎる。

映画タイタニックのように船の中で踊ってるって思うっていう人もいるかもしれませんし、町の酒場でドンチャン騒ぎしているって思う人もいるかも!?しれません。

これはもう、何をイメージしてもらってもその人の自由ですし、正解不正解はありません。

ホント音楽って目に見えないはずなのにメチャクチャ想像力を掻き立ててくれるよなぁ!と思います。


でね、

チェリコのライブでこの曲をやるときにいっちばんテンションが上がるのは・・・

KAT$UOダンス!!!

です!

これ、間違いない!何度も見てきた身内である僕が何度見てもテンション上がるって相当ですよ(笑)




最後に。

グッズでいつか出したいなぁ!と思うものの1つにコンパクトな「タンバリンなどの打楽器」があります。

そのグッズにはチェリコのロゴが入っていて・・・みんながこの曲に合わせてそれで叩く!みたいな光景が夢です(笑)

コンサート会場の皆がサイリウムを振ってる!みたいな光景が見たいんじゃぁぁぁぁぁっ!

いつかやろっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

つづく  


MASAYA

第3話目はMVにもなったこの曲!Dong Chang Swagです!


この曲はTHE LIVEツアー後に生まれた曲!

ちょうど寒い時期、2017年の11月12月くらいだったかな?アルバムを録ることが決まるかなー?という時期に作り始めた曲。

始まりはKAT$UOさんのこんな一言から。

KAT$UO「マサヤ、イントロの楽器メロとサビの歌メロがあるんだけどさ・・・」





その場でバンジョーのイントロとサビの歌メロをボイスレコーダーに録って持ち帰り、それを元に作り始めました。

イメージは「最初から全速力で飛ばす!」だった。

チェリコは楽器によるイントロで曲の世界観を表すことがめちゃくちゃ多いんだけど、これに限ってそれは「違うかなぁ?」とその時は漠然と思った。

あまり作り慣れていない「最初から飛ばす」は必殺の「※1 ボイスメモ集」を漁ったり、持っている昔のレコードの中でもテンションの高めのレコードを聴き漁ったりして、インスピレーションを得ようとしました。「※2 RED HOT ROCKIN' HOODを聴いたり…etc。

(※1 日常生活の中で浮かんだアイデアを録音しているMy ボイスメモ)
(※2 伝説のジャパニーズサイコビリーバンド)




テンション感的には僕らの超初期の曲「BLUE WORKER」をイメージしていました!(なんとなくイメージが伝わる・・・かな?)

きっとこの時は「チェリコらしさをつくらなきゃ!」っていう余計な概念は頭には無くて、パっ!とできたものをみんなでガッ!と自然と楽しんで今みたいなものがツルっと出来上がった感じ。(←擬音分かりづらいw)



というわけで、「BLUE WORKER」のイメージをどんどん形にしていったんだけど、肝はコーラス(合唱)だろ!となり。

目指したものは曲のスピードとか勢いだけではなく「みんなで歌いたくなる」熱さ。「拳を突き上げたくなる」熱さ。

イントロが鳴った瞬間「駆け出したくなる衝動」。「大騒ぎしている」、「大騒ぎしたくなる」サビの光景。

それらをイメージしてキメなどをアレンジしていきました。

そして「三々七拍子」の案もKAT$UOさんの頭にあってね!いざスタジオで試してみると、バチっ!とハマって「おぉ!めっちゃいいね!」ってみんなでなった!




で、今となって客観的に聴いていて思ったことが1つある。

というのも、僕が20代のころはマイナーな音楽を聴き漁りたい欲が本当に凄かったんですよね。

どれくらい凄かったか極端な例で表現してみますね!



「自分に好意を持っている超いい女と好きなだけデートできる」

そんな、男性にとっては何の苦労も必要無く、またとない状況があるとします。でも、その時の僕はそんなことより

「どこの国のバンドかもわからねぇ、内容が良いのか悪いのかもわからねぇ、果てしなくダサいジャケの、謎なレコードを探して買ってきて家で聴きてぇ」

という気持ちが余裕で勝つぐらいマイナーな音楽漁り欲が凄かったんです。(しかもそういうバンドのレコードはほとんど内容が良くない。ひたすら散財の日々。)

レアな1枚のレコードに3万円とかよく出してたけど、ホントどうかしてるぜ(笑)




・・・え・・・?よくわからない?

マジか・・・、伝わると思ったんだけどなぁ・・・・。

まぁ・・・いっか(笑)



話を戻すね。さっき

「ふと、この曲が完成した後から客観的に聴いて思ったことが1つあって。

って書きました。何を思ったかというと

知らず知らずのうちに聴いてきた音楽の匂いや影響が出てるのかなぁ!?」

ってことなんだよね!

僕が20代のころに聴き漁った音楽の中の1つに「※1 カウパンク」という音楽があります。

(※1 カントリーやブルーグラスなどとパンクロックの融合)

例えばこれ。

Blood On The Saddle - Man With No Name(↓音小さめ)




Blood On The Saddleは「知っている人は知っている」レベルのマイナーなバンド。このバンドはガチャガチャしてて結構好きだったなー。

音源はレコードで持ってるんだけど、このバンドのレコード盤に針を落とした時は想像より全然カッコよくてぶっ飛んだ記憶があるね!

このバンドを出していたドイツのレーベルは当たりが多かった気がする。One Million Dollarってレーベル!

お次のバンドはこれ!

Chicken Coupe Deville - Wild Hog



かぁぁぁぁぁっ(´;ω;`)まず、見た目がくそダセェ!!!たまらねぇ!!!!!!

このバンドはねぇ・・・・「ちょーーーーーーーーーーマイナー」な気がする。

日本でこのバンドのCD持ってる人、何人いるんだ?レベルじゃないかなぁ?多分だけど。

なんせグーグルでこのバンド名を打ち込んで「日本語のサイトを検索」しても情報が全く出てこねぇ!!!!!(笑)

下手したら今書いてるこの記事がこのバンドを紹介してる日本初の記事かもしれませんよ!奥さん!!!!!

この手のバンドのアルバムは1曲「ピンとくる」曲があれば良いほうね(笑)

アルバム1枚通して良いってことはまずないし、1曲も良いのが無いことがほとんどだから(笑)

このバンドはカントリー、ロカビリー、ネオロカビリー好きは聴けるほうかなぁ!?




・・・ってなわけで話を戻すと、なんだかあの頃の「音楽欲」が懐かしく感じてしまいました。

そう考えると、ここ10年くらいはそういった面では貪欲さを失っているなぁと思う。

昔ほどとは言わないけれどまた色々と漁ってみるかなぁ?なんて思ったりもしたねぇ!





今これを読んでくれている方はもうMVをご覧になってくれているとは思いますが

このMV撮影は本当に楽しくて楽しくて(笑)朝から夜までやりましたが、楽しくてあっ!という間でした!

企画、脚本、監督、撮影、全てのスタッフの皆さん、忙しい中エキストラ出演してくれた皆さんには本当に感謝しています!素晴らしいMVを一緒に作ってくださりありがとうございました!

この曲の良さをみんなの力でさらに良くしてもらえたと思っています。これはマジで。

ストーリーもいい!映像もいい!曲の世界観が視覚的にも入ってくる!

最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ハァハァ・・・・・アラブってしまった・・・ん?変換がおかしいぞ(笑)やりなおし。

ハァハァ・・・・・荒ぶってしまった・・・。

では、気を取り直して。




僕にはこの曲で好きな歌詞の1文があります。それは

「幾つもの涙を越えて 巡り会えた友よ 答えのない悲しみもある そんな夜のために歌う」

という部分なんですが、

【答えのない悲しみもある】というワードがとても好きで。

現実の世の中には計算式なんかでは割り切れないことがとっても多いじゃないですか?

それに必ずしも「正論」や「正解」が幸せや喜びをもたらしてくれるか?というと決してそうではありません。

時に「正論」は人を傷つけることだってあります。

僕自身もそうだし、人は生きていくうえで【答えのない悲しみ】に何度もぶつかります。

どうしたって解決できないこと、たくさんあります。どうしようもないこと、たくさんあります。

この「どうしようもない」ところに僕はとても「奥行き」や「人生の苦味」を感じて、とても好きなんですね。



僕の大好きなスガシカオさんの「光の川」という曲で「すべての祈りが 輝きはしないけれど」という一文があります。

この一文が「必ずしもハッピーエンドばかりではない」というニュアンスで最高に好きなんですけど、これを聴いた時と同じくらいキュンとしました。

スガシカオさんの「光の川」。とっても儚い曲なのですが美しい曲ですので機会があればぜひ聴いてみてくださいね!

僕の言っている「キュン!」がさらに伝わると思います。




今回のアルバムは

落ち込んでるとき、疲れているとき→元気になれる

楽しい時、嬉しい時→もっともっと元気になれる

みたいに言ってくれたお客さんがいたんですが、この曲がそれを象徴している気がします。




辛い時があるから楽しい時があるし、悲しい時があるから嬉しい時がある。

涙の後に笑いあり。大丈夫、人生に無駄なことなんてきっと1つもない。

少しずつでも前へ。もし、つらいことがあったり元気が欲しかったらいつでもライブに来るのだ!

いつだってチェリコはライブ会場でみんなが来るのを待っているよ!

いつだってwelcome!

の曲でみんなの毎日を、人生を鼓舞する準備は出来ているぞっっっ!





そしてKAT$UOさんならきっとこう言うと思うよ!

「ヤッチマオウゼ!!!」




つづく

MASAYA

最新作「THE ANSWER」収録曲についての第2話目の今日はLilacについて書きたいと思います。



この曲は前作のアルバム「THE CHERRY COKE$」のデモ出しの時からあった曲になります。なので、もう4年以上前からあったことになります。

この頃は自宅で作曲するにしても「※1 MTR」という機械を使ってて。

(※1 マルチトラックレコーダー→多重録音機。複数のトラックを録音再生できる録音機器)

持っているパソコンのスペックも低い&「※2 DAWソフト」をまだ持っていなくて今思えば非常に不便でした(笑) 

(※2 デジタルオーディオワークステーション→パソコンで音楽を作るためのソフト)

そんなわけで、デモの歌入れなどはMTRをリハーサルスタジオに持ち込み、その都度スタジオに通って歌入れなどをし、スタジオの機械を使ってCDに焼いていたりしました。



ちょうどそのころ個人的に使っていたスタジオが埼玉県の戸田にありまして。

今でも思い出せますが、そのスタジオは規模的に結構広くて大きいんですが深夜に自分しか使っていないなんてこともざらで。

煮詰まった時は超広いロビーでボケーっと缶コーヒーを飲んだりして休憩していました。

今でもあの深夜の寂しいロビーでポツンと佇んでいた自分を鮮明に思い出せるくらい、あのスタジオは愛着がありました。



そんな時にふと。

やらなきゃいけない作業があるにもかかわらず(前作収録の「Good Luck Johnny」か何かを作ってた時)、浮かんだメロディがありました。

忘れないうちにコード付けをしてメモをし、ドラムもベースもない状態でギターでバッキングを録り、そして鼻歌も入れて、一気にサビまで録っておきました

俗にいう「引き語り」のような感じで、Guns N' Rosesの「Patience」をイメージした口笛を適当にイントロに入れました。




でも、その時の「Lilacのデモ」はなんか古臭く感じて。いかにも一昔前のフォークソングのような匂いで。

「あぁ、こんなの使えるわけねぇなー」

なんて思って。



結果、前作には使われずにしばらくこの曲は「眠る」ことになるわけですが、ある時にKAT$UOさんに「あの曲やらない?」って言われて。

(おぉ、あれか・・・)

なんて驚いたんだけど。

いざ着手してみるとやっぱり「何か」が足りない気がして。

その「何か」はその時は分からなくて埋められませんでした。



そんな日々を過ごす中で二子玉川でのチェリコのBBQライブ用だったか?アイリッシュパブでのライブ用だったか?で僕らの曲「Rainy Night & Whiskey」のアコースティックアレンジを考える時がありました。

あれ?いつかの12月のライブで配布した「Snows In The Town」のCDには

Fiesta
Rainy Night & Whiskey
Johnny Come Lately(←これ入ってたっけ???)

のアコースティックアレンジが収録されているけれど、そのアレンジを考える時だったかしら?



・・・・・。まぁいいか(笑)思い出せないや。

そのアコースティックアレンジを考えているときにふと、丸ちゃん(MUTSUMI)が弾いたものがThe Eaglesの「Desperado」風だったの。

それを聞いて「ピン!」と来て。「これはあの曲に使えそうだな・・・・!」と。

このDesperado風のイントロの感じは、言ってしまえば今や「スタンダード」と呼んでもいいコード進行でもあります。




後日、スタジオでこの曲をみんなで作っていく中で「丸ちゃん、あの時のやつ弾ける?」となり、そこからちょっと手を加えただけでいきなり良い感じになってきた。

そうなるとイントロにギターが欲しいな・・・となり、ピアノとギターのイントロの今の形になりました。

すると、たちまち曲自体にブルージーなフィーリングが生まれたんです。

冒頭のあのピアノで僕はご飯4杯は食べれる自信があります(笑)



「あぁ・・・あの時に埋められなかったのはこれなのかな・・・」

その後はみちがえるようにサクサクと制作も進み、ギターソロの構想も一気にできた。



ギターソロでインスパイアされたのはGary Mooreの「Parisienne Walkways 」、邦題「パリの散歩道」です。この「パリの散歩道」という曲ではGaryが途中でチョーキングしたまま延々と伸ばすところがあるんですが、それに憧れて弾いています。(動画の3:08のところ)




あと、これは誰にも言ったことないんですがライブではSantanaになったつもりで弾いています(照れ)Santana最高です。

そしてちょっと話はそれますがこのアルバムの楽曲群を作るときにGaryの作った名盤「 Wild Frontier 」をよく聴いてました。(名盤なので機会があれば聴いてみてくださいね!)

あぁ・・・自分をさらけ出しているようでなんだか照れ臭い(笑)



オタク的見地から言わせてもらうと、この曲はライブでの「生の」TOSHIのドラム、LFのベース、そしてKAT$UOのヴォーカル。これが格別です。

何度やっても全く同じグルーヴの日はないですし、ライブで聴く際にはそこらへんの「間」とか「うねり」を楽しんでもらえたら嬉しいです。

やっぱり生の人間が奏で合うブルースは最高にしびれます。これはどれだけテクノロジーが発展しようが、いつまでたっても機械には超えられないと思っています。




ブルージー

その最後の味付けはSUZUYOの奏でるブルースハープとサックス。

これがあると無いとでは「雲泥の差」になります。

乾いた空気を吹き込むSUZUちゃんのプレイにもぜひ耳を傾けてみてください。

哀愁とは何か、感じることができるかもしれません。





そして、この曲で僕の好きな歌詞は「嗚呼、僕は・・・」です。

初めて聴いた時から理由は分からないけれど、とっても好き。「僕は・・・」の後の余韻というか、「間」を生んでいてとっても好きです。





最後に

冒頭の話を思い出してみてください。

この曲が生まれたのは、前作のアルバム「THE CHERRY COKE$」制作時で、メンバー脱退後のバンドの再起をかけていた時期だったということを。

あの時期、もうバンドをみんなでおしまいにすることも可能だったかもしれない。

でも、やり残したことがありすぎて。THE CHERRY COKE$をとても諦めきれなかったあの頃。

「今 あなたに聴いて欲しくて 書き綴る唄があって まだ捨てられぬ夢の欠片を 拾い集める夜がある」 

あの深夜の戸田のスタジオで、偶然生まれたこの曲のことや当時の状況のことを言っているようで、この歌詞を初めて見た時はなんだか泣けてきて、勇気づけられました。






よし!

まだまだ行こうぜ!!!!!!!!!!!!!!!



つづく

MASAYA

↑このページのトップへ