「THE ANSWER」収録曲についてのお話、第10話目の今日はA-Yoについて書こうと思います。

全12話を予定しているので、もう間もなく終わりを迎えます。

それではどうぞ。



この曲は作っている最中の呼び名は「新曲X」と呼ばれていました

「新曲X」のことは以前このブログで少し語ったことがありますが↓↓↓




「新曲X」はこのアルバムの曲の中で最も悩み苦しんだ曲であります。



あまりにもうまく完成できなくて

「あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!もうイヤだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!無理だァァァァァァ!!!!!!」

って本気でなりました(笑)逃げ出せるものなら逃げ出したくなるレベルで。

「頭を抱える」ってよく言いますが本当に部屋の片隅で「両手で頭を抱えて」いました(笑)



この曲はTHE LIVEツアー以降に作った曲で、「カントリー音楽/アイリッシュ音楽」の影響を強く押し出して作ったので、今作ではイントロも歌メロも最もカントリー/アイリッシュ音楽の色が強い曲です。

歌メロでここまでカントリーやアイリッシュなメロディーのものはチェリコ史上でも今まで無かったので、「歌詞を乗せて歌うのが中々難しいよねー!」なんてKAT$UOさんとも話してました。

確かに、この曲のAメロやサビの歌メロは楽器特有のメロディー感ではありますよね💦



あとは・・・この曲はロックだパンクだ~云々はひとまず置いておいて、Flogging MollyやDropkick MurphysよりThe Poguesの路線に近い方向性を目指したような気もします

今作の収録曲でいえば「Lion」で求めたロック的なパンチとは真逆のベクトルですね、きっと。




では、この曲は何が苦労したのか?

それは俗にいう「Cメロ」と呼ばれる箇所です。

今まではCメロを作ることであまり悩んだことがありませんでした。

Cメロっていうのは「起承転結」でいうところの「転」だと思っていて。

今までの流れを引き継ぎつつ、場面転換な箇所でもあり、ラストに向かう重要な繋ぎの箇所ではあります。




Cメロは前後の流れで自然に浮かんでくる・・・そんなイメージで今までやってきましたが、この新曲Xだけはどうにも浮かばなかったんです。

候補はいくつか浮かびましたが、そのどれも「なんか違う」とか「普通すぎる、つまらない」といった感じで納得がいかなかったんです。

その他にもイントロの長さとか、間奏への入り方とか・・・アレンジの細かい部分でも本気で煮詰まりました。




この曲は締め切りにも間に合っていないようなもので、プリプロも他の曲に比べるとキチンと出来なかったので、本番のレコーディングでも完成まで本当に目が離せませんでした。




第5話目で「Fight For The Pride」と「A-Yo」は苦労した、と書きましたが。今考えてみると「恐怖」を感じたのかもしれません。

何が怖いのか?というと、

「自分の判断に全く自信を持てなくなった」

ということなんです。

「うーん・・・これでいいのかな・・・?いや、なんか違うよなぁ・・・」

なんか違う、と思ってもその解決策で良いものが出てこないから前に進めない。

これは正直今でも引きずっていて、新しい曲を作ろうとしても色々な部分で自信を持てなくなっているんです。

大好きな音楽のはずなのに、想い描いたものに自信を持てない。



一番直近だとamiinAという女性アイドルユニットに提供した楽曲「Caravan」なんかも素直には完成しなかった。

「これだ!」と決めきるまでに時間がかかりました(汗)




「この先、大丈夫かな・・・こんな調子じゃ自信ないや・・・」

とアルバム完成後は落ち込みましたが、今ではそれをあまり気にするのは止めにしました。

人生と一緒できっとそんな時もあるでしょうし、何かを生む時には避けては通れないんだろうと割り切ることにしたんです。

苦しい時は苦しめばいい。その先に必ず新しい何かが待っているはずだから。

今はそう思えるようになりました。



ちなみに、この曲で一番好きな部分は苦労したからだと思いますがCメロが好きです。

「チェリコらしくなきゃ!」

「チェリコはこうでなきゃ!」

という呪縛から最も離れられた気がするから好きなんだと思います。純粋に「良い曲にしたい!」という一心で作れたから。



歌詞と歌とアコーディオンの描く風景がなんだかとても温かくて懐かしくも感じる、体温を感じるパートになりました。

この曲が完成してイヤホンで聴いた時。

何故か涙が出たんですよね。2番のサビの後に来る間奏で。ブワーーーーッ!と。

これもまた今のチェリーコークスが奏でる風景なんだな、と。

勢いだけでやっていた昔ではできなかったことかもしれない。

今の6人のチェリーコークスはとても素晴らしいなぁ、と改めて思える。

不可能なんて無いように思える。何でもできる気がする。



来年でこのバンドも20年。

Lilacもそうだし、ようやくこういうものが自然とできるようになったんだなぁとしみじみ思います。



あぁ!そうそう!

この曲で僕はとんでもないミスをしてしまいまして(笑)

レコーディング時、ギター録りもとっくに終えている時に気づいて冷や汗をかきまくったんですが・・・ド頭のイントロのバックにアコースティックギターを入れ忘れたんです。

レコーディングの期日も差し迫っていましたし、もう1度ギター録りをすると時間のロスになるのは明白でした。

そこでふと思い出したのがSteve Earleのこの曲。 



Steve Earle - Galway Girl





「あっ!アコギを入れ忘れた部分にスティーヴ・アールみたいにマンドリンでバッキングしよう!」

本来アコギでコードを弾くところをマンドリンで弾くことにしました。元々はミスを埋めるための策でしたがこれがまためっちゃイイ!

不幸中の幸い?でしたが、物凄く良い感じのイントロになった!(安堵)

とにかくティンホイッスルとアコーディオンとフィドルの音色が気持ち良すぎるんだぁぁぁ!

マジでスティーヴ・アール先生、素敵なアイデアをくれてありがとうっ!(´;ω;`)



・・・めでたしめでたし?(*´ω`*)ノ




明日、明後日はTHE ANSWERツアーの金沢編&長野編です!

1532959792114.jpg
1532959797882.jpg



ぜひ遊びにいらしてくださいね!´ ³`°) ♬︎*.:*

MASAYA

第9話目の今日は最近MVを発表させてもらったGypsy Moonについて書こうと思います。



この曲ができたきっかけは数年前に米津玄師さんが「ハチ」名義で、ボーカロイドで作った曲を聞いたことに始まります。(「ハチ」さんが米津さんだと後に知った時の衝撃といったらマジでハンパじゃなかった!「マジか!この人天才か!凄すぎだろ~!」と)

ボーカロイドというのは初音ミクといえば知っている人も多いかと思いますが俗にいうボカロって呼ばれてるものです。

今ではボカロ曲に「オタクっぽい~」みたいな偏見はそんなに無いかもしれませんが、ボカロ曲って良い曲多いんですよね!



その天才的なキラメキが炸裂している楽曲に一発でノックアウトさせられてしまい、非常に興奮したことを今でも覚えています。


ハチ - マトリョシカ




あぁ・・・今聴いても超イイこの曲!(°Д°)m9!!

この曲を知ることになったキッカケは僕がやっているオンラインゲームの中での「※1 ロビーチャット」でした。(※1 そのゲームに今ログインしているみんなが自由に意見を言える広場みたいなもの)

俗にいう「ロビチャ勢」の人たちはネット上の流行などにとても敏感です。この曲の歌詞をチャットで打ち込んでいる人がいて、「それなぁに?」って聞いたら「マトリョシカって曲の歌詞だよ!」って当時教えてもらい、

すぐに調べてこの曲を聞いたんです。ロビチャ勢のみんなはいつでも僕の好奇心をそそるワードやネット上の流行、最新のネタを教えてくれます(笑)



マトリョシカのおかげで制作意欲が過去最高!?というくらいにメチャクチャ湧いたけどイメージをまとめる「手法」を見い出せず、今の形になるまでかなりのパターンを試し、かなりの時間を要しました( ̄▽ ̄;)

カッコイイ曲になる自信はあるが、その小さなアイデアを膨らます為の、気持ちいいツボを刺激する「糸口」は一向に見つからなかったので中々苦しみました・・・。

完成系は見えているけれどその手順や手法がちょっとわからない「創作料理」みたいな感じ。



でも頭には確実に鳴っている楽器がありました。「アコーディオン」です。

そう。絶対条件は「MUTSUMIのキレのいいアコーディオンで始まりたい」ということだった。

MUTSUMIのアコーディオンで出す「緊張感」。間違いなくアコーディオンを主役にしたかった。



そして次の瞬間、頭の中のイメージではソプラノサックスの音が鳴っていました・・・

SUZUYOはアルトサックスを吹いていますが、「ソプラノサックスいける?」と聞くと

「やってみますね!」

と頼もしい返事が・・・!アルトサックスとソプラノサックスは勝手が違うであろうに・・・

SUZUちゃんのこういう「何でも挑戦する」というところは本当に素晴らしく、「見習わないといけないな・・・!」といつも思わされます。

今までのチェリコの歴史を知っている皆さんならSUZUちゃんがこれまでに乗り越えてきたモノが分かってもらえていると思います

その努力、みんな分かってるぜぇぇぇ!(*´ω`*)






それでは、曲に関して書こうと思います。

この曲を語るうえで大きな要素として圧倒的に君臨するものがあります。それは

「ロシア民謡」

です。

Bメロでの合唱のイメージや間奏に登場するロシア民謡「ポーリシュカ・ポーレ(ロシア語: Полюшко-поле)」。


【ロシア音楽】ポーリュシカ・ポーレ (Полюшко-поле) (日本語字幕)





この辺のロシアンなイメージはLeningrad Cowboys(レニングラード・カウボーイズ)というバンドからもインスピレーションをもらっています。

僕がLeningrad Cowboysを知ったのも、18歳の時に出会った「ある人」がキッカケで、僕はその「ある人」に【ロカビリー/サイコビリー】のスパルタ教育!?を受けたのです




今は亡きパンクな雑誌「DOLL」でメンバー募集とかのコーナーがあったんです。そこに「一際」異彩を放つ書き込みがありまして(笑)

どんなんだったかな・・・

「ヘイ!ロカビリーキャッツ!合言葉は〇〇!!!!〇〇基地よりテイクオフ!!!!」

みたいな書き込みが雑誌に載っていたんです、確か。冷静に考えるとかなりヤバめな人だよね、その文章(笑)

しかし、The Blankey Jet City(ブランキージェットシティ)が大好きで、ブランキーの影響で「ロカビリーとはなんぞや」というものを本気で知りたかったMASAYA青年は、その一風変わった書き込みの主に勢いで連絡をしました。(今なら連絡しないなwなんか怖いもんw)

その方との待ち合わせ場所に行くと髪型はもちろんリーゼントな完全にロカビリアンな男性が立っていました。

そしてその方に「お前はまずはこれを聞け!」と、色んな曲が入っているカセットテープをもらいまして。

その中の一曲にLeningrad Cowboysのこの曲が入っていました。


Leningrad Cowboys - Space Tractor




当時はロカビリー/サイコビリー大好き青年でしたので「なんじゃこりゃ?ヘンテコなロシアンパンクだなぁ!?」と思い聴いていました(笑)

だがしかし、このバンドはフィンランド出身なのにWe Cum From Brooklyn(邦題 俺たちゃブルックリン生まれ!?」)アル出してたり、ルックスもかなりヤバかったり・・・と、色々メチャクチャなバンドです(笑)

肝心の音楽の中身は最高!ちょっと田舎臭い部分もあるけれど、この人たちは色々なジャンルの音楽的要素が間違いなく好きで「音楽を知っているなぁ」という印象が非常に強いバンドです。

ちょっとひねくれたものがお好きな方はぜひ聞いてみてください(笑)



本当に何がキッカケで曲が生まれるか?っていうのは分からないものです。

人との出会いだったり音楽との出会いだったり。

様々な事象に常にアンテナを張っているとたまに面白いことになりますね!

それらを踏まえた上で生まれた曲がこれです↓↓↓


THE CHERRY COKE$「Gypsy Moon」




このMVはお台場で開催されている「キメラゲームス」


のメインステージを使わせていただいて、会場のスタッフさん、照明さんや舞台さん、カメラクルーや映像編集の方々、そしてキメラゲームス運営の方々、沢山の人のお力をお借りして撮っていただき、完成したMVなんです!

夜の撮影だったのですが、朝から作業していた設営が終わった後にも関わらず遅くまで本当にありがとうございました!!!!!!!!

9月のキメラゲームスには僕らも出演させていただくので是非遊びに来てくださいね!


そして明日は!EAT THE ROCKに出演します!


久しぶりにイートザロックに出れるので気合いたっぷり!!!!うおおおおお!やるぜぇぇぇ!!!!

そして明後日はTHE ANSWERツアーで、SECRET 7 LINEとの合同レコ発になります!

1532959788769.jpg


この週末、是非遊びにきてくださいね!•*¨*•.¸¸☆*・゚(*´ω`*)ノ

MASAYA

第8話目の今日はアルバム「THE ANSWER」収録のSnows In The Townについて書こうと思います。



この曲は特にリリースすることを考えずにレコーディングからMVまでを1度は自分たちで作り上げた曲!      

クリスマスの日に発表したので、作っている時期は夏だったかな!?THE LIVEツアーよりも前の出来事。

その時に何を考えて作ったか?思い出してみると「チェリコらしさ」を追及した曲だったような気がします。

個人的に思うチェリコらしさとは

口ずさめるイントロ
歌えるサビ
ポップなアイリッシュ感

なんですが、それを自分たちなりに昇華しようと試みました。



思い返してみればこの時期、チェリコは決して楽な時期ではありませんでした。

丸ちゃん(MUTSUMI)が加入して、もう1度新生チェリーコークスを作り上げる時期だったと記憶しています。

新作のメドでもあればモチベーションも違ったと思いますが(モチベが高い低い、という話ではなく)、そのような話も特に無く、とにかくバンドのグルーヴを1から作り直すことに専念する時期でした。

とにかく目の前のことで必死な1年だった。 

そんな中この年で忘れられないのが、毎月チェリコが開催していた2マンシリーズで「対バン同士で曲をカヴァーしあう」という企画です。



なんで忘れられないか?それはこの曲のド頭のイントロを作っているときにふと感じたことがあるからです。大好きな仲間のバンド「HOTSQUALL(ホスコ)」の影響が出ているんじゃないか?と

そう、この2マンシリーズは仲間の力添えがあって成り立っていた企画でホスコも出演してくれていました。

このイントロの楽器のメロディーの温かさがホスコの曲をカヴァーしていた影響が出ている気がしているんです。

ご本人たちには伝えたことがないのですが・・・!

このブログを書くことによって、冷静に過去の記憶を思い出そうとしているときにふと思い出しました。



そしてもう1つ、実はあるんです。僕らの曲、

「Kiss In The Green」

への僕なりの勝手なアンサーソング?であるということ。

あの曲への憧れや敬意は間違いなくこの曲に注がれています。



というわけで・・・このアルバム解説シリーズの記事、僕としては「後世のこの手の音楽家がいつかこの記事に出会った時のためにも書いている」つもりなのでほんのちょっとだけ真面目な話をさせてもらいます。

楽曲構成的にサビまでの道のりは「Kiss In The Green」のように段階を踏んで上り詰めていく試みをしてみました。

「飽きずに」「展開が進んでいく」ということが非常に大事で、中だるみをしてしまうとせっかくたどり着いた先のサビのインパクトや瞬発力が台無しになってしまいます。

「歌えるキャッチーサビ」にしたかったために、そこにいくまでは逆にコード進行やハーモニーがちょっと手が込んでいたりします。

その方がシンプルなサビで一気にひらけるんですね。

ずーっと溜めてから~サビでバァーン!と一気にひらける・・・というか



僕の大好きなバンドThe Blankey Jet Cityのアルバム「C.B.Jim」のバンドスコアを見たことがあるんですが、「死神のサングラス」という曲についてメンバーからの解説が凄かったのを思い出しました。

「我慢して我慢して我慢して・・・サビでバァーン!!!!!」

って書いてあって当時はブランキーのメンバーがふざけてコメントしているのかと思ったんですが、今となっては言いたかったことが凄くわかります(笑)

「我慢して我慢して我慢して・・・サビでバァーン!!!!!」 

最高かよ!(笑)



ふふ。



チェリコっぽい

このワードを素直に出来るようになったのもたくさんの経験があったからこそたどり着けたよなぁ、と。

昔は同じことをやりたくなくてひねくれてばかりいたもん。なんてことも思ったりもする今日この頃。



昔メンバーで話していた時にKAT$UOさんから「四季」をテーマにしたミニアルバムとかどう?

って話が出たりしたんですが、もしその作品にこの曲が収録されてたら間違いなく「クリスマス(冬)」ですね!

春は「さらば青春の光」だとすると・・・夏は「Dong Chang Swag」!

となると四季系の曲は残すところ「秋」のみか(笑)

そしたら、飲み物シリーズとか楽しそうじゃない?「ビール」「テキーラ」「ウォッカ」!あぁ、これはフィンランドのバンドKorpiklaaniがもうやってるな(笑)

もしくはカクテルシリーズ!「マティーニ」「ダイキリ」「モヒート」!



・・・カクテルシリーズはなんか無しだな(笑)



そういえば!この曲のイントロでもやっていますけど、シャンシャンシャン♪って鈴の音あるじゃないですか?あの音を聞くだけで「クリスマスっぽい!」ってなるの、よく考えたらすげぇな!と思いませんか?(笑)

なんでそう思うんでしょうね・・・!?サンタがソリに乗ってくるイメージというか。あれを最初にやった人は誰なんだろうか?知っている方いましたらぜひ教えてください(笑)

絶対に特許取った方がいいと思いますよね(笑) 



アイリッシュパンクでクリスマスというとThe Poguesの「Fairytale Of New York」という超超超~名曲があります。

その名曲とは毛色の違う「僕ららしさ」のある騒がしいクリスマスソングになったことはとても嬉しい!

特に歌詞においてKAT$UOさんの表現の仕方とか描写、ニュアンスとかがとっても好きですね!是非そのあたりは歌詞カードを文字で読んでみて欲しいな!と思います。


The Pogues Featuring Kirsty MacColl - Fairytale Of New York





うーむ、いつ聴いても名曲だ・・・!イギリスではこの曲がクリスマスに定番として流れるって聞いたけどすごい国だよなあ。


話が色々と飛びましたが・・・最後に。

冒頭でこの曲は自分たちでレコーディングしてMVも自分たちで撮って・・・と書きましたが、本当に完全なDIYでYoutubeにアップしました。

なぜ自分たちで全部挑戦したのか?

「今一度バンドを立て直し、1からのスタートというものが口だけではなく、自分たちでできることの限界に挑戦する」だったり

「活動のペースが落ちざるをえなかったあの時、世間から忘れられたくなくて何かしらアクションを起こしたかった

というガムシャラな気持ちが僕らを突き動かしていたんじゃないかな?と今では思うんです。

あの頃は「まだ終われねぇ・・・もっともっとかっこいい曲を俺たちはやれるんだ!もっともっと素敵な曲をこれからも世に出せるはずなんだ!俺たちはまだまだこんなもんじゃねぇからな!!!」と、ずっと心に秘めていました。

だから、こうやって新しいアルバムについてブログを書けることが本当にありがたく、幸せに思っています。



それもこれも、どんな時でもチェリコを応援してくれるみんながいてくれたから。

今これを読んでくれているあなたがいてくれるから。

僕らのやること、僕らの出す曲に常に興味を持ってくれる人たちがいてくれたから

僕らは「THE ANSWER」というアルバムを出すことができたんだと思います。

本当にいつもありがとう。

.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.1人でも多くの人にこの作品を聴いてもらえますように・・・.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.。.:*・°.*・゚ .゚・*..☆.





「THE ANSWER」tour初日の千葉LOOKまであと1日!


1532959784838.jpg


セットリストもバッチリ!やるぞ!!!


MASAYA

↑このページのトップへ