私はフロンターレサポになって10年余り。
以前は違うチームのサポーターでした。そのチームも15年位応援してた。

そのチームが選手もフロントも変わりまくって、
なにより、前から違和感のあった「サポーター」に対して、応援してるチームが変わった事で、ますます違和感が目立った。

そんな時に、SNSで知り合った人から、フロンターレ試合に来て下さいと言われた。

当時、私は、テレビでフロンターレの試合をよくみて、「今一番面白いと思うのはフロンターレなんだけど、知り合いしないから行きにくい」とおもってた。そんな時に声をかけてくれた。

そして、知る。
なんと温かいんだろうか!!
サポーター→選手
選手→サポーター
サポーター→サポーター
フロント→サポーター
どれも温かい。

中でも一番好きなのは、排他的ではないサポーター達。

そして、移籍後の選手や川崎にゆかりのある選手のコールに拍手をするところ。

前のチームから考えたら、
全てが衝撃的だったし、
一目惚れ的な惹きこまれかたをしたのがフロンターレだった。

フロンターレのサポーターをしてると、
普段の考え方もマイルドになるんだ。

そんなこんなで10年経って、
やっぱり、選手や他チームにいつまでもブーブーいってるチームのサポはなんとも不快な気持ちになる。

昨日、某チームサポから、
「大島僚太代表に不満だ」
と言われた。私がフロサポと知っての発言。
「代表ではあまり爪痕残せてないからそう思う人いるかもですが、とっても上手い選手ですよ。」
と交わした。が、
「大島のリーグの活躍は知ってる。ただ代表では期待してない。」
と。(言わなくても良いことを言ってるけど…けんかうってるかな?)
「あは、そうか。全ての人から期待されるってのは難しいと思いますよ。でも、フロンターレサポいがいにも大島僚太を応援したり期待してる人は私の周りには結構居ます」
と。交わした。と思いたかった。
「全てのサポーターに期待されないような選手は代表に居なくていい。」
とまで言ってきた。
(そんなこと言ったら今の23人中、何人残れるんだい?笑)
「フロンターレサポは大島だけ応援してるんだよ。わかってないね。」
とか言ってきた。(おぉ、拳みえるぞ!)でも乗らないってのがフロサポの誇り。
「色んな考え方がありますよね。でも大島の壮行会は2000人来たんですよ!フロサポ以外もいたはず」
「だからフロンターレだけだって!」
(こいつはどこに着地させたら気持ちいいんだ?)

(そういえば、前に、こんなことを言ってた。)
「俺と俺の息子は、齋藤学を一生許す気は無い」って。

すごいですね。
許すとか許さないとか。


私はJリーグのサポーターとして応援してるチームが違えど、こんな感覚で選手に制裁をって考えながらスタジアムに来てる人がいる事を不快に感じます。

そして、「息子が…」とよく言うその人は、そのチームのサポーターカラーに染まってるのか?
息子さんにプロの選手をそこまでディスる教育をしてるのが、スポーツから何を学ばせてるのか…もったいないな…と感じた。


色んな応援の仕方があっていい。

川崎だってブーイングする人、しない人分かれる。

ただ、選手に対しての拍手は、
とにかくほんとうに愛があるんだ。

こんなチームのサポーターになると、
それをしてないチームサポが嫌な感じにみえるもので。否定はしないけど、なんだよぉ応援しようよって思っちゃう。


川崎フロンターレサポだから贔屓目ですよ、そりゃ。
でも、大島僚太を応援するし期待してるんです。
ついでに、齋藤学も応援してるし期待してます。

そちらが許せないと思おうが、
学が川崎フロンターレにとって欠かせない選手になってくれるのを夢見て応援してます。

大島僚太が怪我をせず、チームの戦術にフィットし活躍することを、日々願ってます。