〈1/11 編集更新〉

みなさん お元気にされていますか?

この1年ほど
「気をつける」
「気を引き締める」
「油断しない」
などなど
自然と
心も身体も窮屈になる言葉が
多く飛び交っていますね。

お客様に
コロナ禍で何を感じるか聞いてみると

・コミュニケーション不足
・思う様に動けない不自由感
・この先どうなるのかの不安感
などが一番多く挙げられました。

あとは。。。



「ライブ行きたい‼️」
って。
うんうん。そうねそうね。




私は。




みなさんに大手を振って
「おいでおいで〜‼️」
って
言いにくい事が
とってもはがゆい。
おいでおいで〜


このコロナ禍では
知らず知らずのうちに
「ストレス」が蓄積している様です。

ストレスを抱えている時に出る症状としては

・男性ホルモンの過剰分泌によるニキビ
・自律神経の乱れによる胃腸の不調

ひどくなると、
頭痛や、記憶力の低下など
脳の不調が起こる場合もあります。






でね?
でね? 笑





みなさんは
ストレスに強い?
それとも
弱い?




私は、
『強め』
です。

たぶんね
性格的に、
特に自分の事は
こだわりがなくて、あきらめが早い
からだと思っています。
何か起こっても、
「へー」
とか
「ふーん」
で 終わる事が多いんです。
この1年も、
色々気になることはありますが、
「仕方ない。出来る事をやるだけだ」
としか思いません。



でもね、
若い頃はストレス過多で
身体に異常が出た事もありましたよ。
嫌いな上司が近くにいるとじんましんが出たり。
朝 嗚咽が止まらなかったり。。。。
うむ。強くなったものだ。






でね?




ストレスに強い人と
弱い人の違いは
脳の前頭葉の働きの違い
なんですって。


ストレスに弱い人は脳の左側
ストレスに弱い人は脳の右側
が 
優位に働くんだそう。

つまり
ストレスを感じやすい人は
右脳が活性しているということ。

ちなみに
右脳が活性している脳を
「ストレス脳」
左脳が活性している脳を
「リラックス脳」
と呼ぶそうですが、
「ストレス脳」の人の肌は
「リラックス脳」の人の肌よりも、
皮脂が2倍も過剰に分泌されていて
アクネ菌が多く
ニキビが出来やすいことが
わかっているそうです。



なるほど。




探してやってみた
私は
『どちらかというと左脳タイプ』
でした。




でも。
右優位タイプのストレス脳でも
ストレスが緩和されていくと
左優位の
「リラックス脳」に変わっていくんだそう。
確かにこれはわかります。
私は毎日、
『第3の脳』と言われる皮膚を
触っていますからね。
お客様の気持ちが
ふわっとほぐれる瞬間が
とてもよくわかります。








ピコーン♪







ピコーン♪






今日もよく鳴ります。




「今日からまた勤務体制が変わっちゃって😩」

「今月は行けなくなちゃったよ〜😫」

「勤務先から直帰命令が出てぇ〜😣」

などなど
たくさんのメッセージをいただいています。

制限される事や、
思う様にいかない事のフラストレーションって
じわじわ来ますよね。

ストレスを溜め込まないためには
五感を癒すことが大切です。

視覚
聴覚
嗅覚
味覚
触覚
の五つの感覚。


私はじわじわ来てるなと思ったら
まず美味しい物を食べて🎶


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5243.HEIC

こんなのだって
a3M5pXOdyH.jpg



こんなのだって食べちゃう!
mxqqI8duDt.jpg





🍺もね。




そして
好きな音楽を聴いて、
好きな映画を観て。。



私が思う名画は

『プラダを着た悪魔』

『ローマの休日』

↑  この2つはサロンのモニターで時々流しています。
  女性は特に見てほしい❣️

『ライフ・イズ・ビューティフル』

『ゴッドファーザー』

そして

ダントツ1位は


『ショーシャンクの空に』
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5340.JPG
何度も何度も見ていますが、
また見たいと思う映画。
静かに感動します🥺



そして
好きなアロマをブレンドして焚いて
その香りに包まれて
寝る!

ストレスはすぐに発散します。

あと
やりたくないことは
無理してやらないことです。
コロナ禍では無理せず。




あとね、
みなさん
なんでも話していいんですよ
愚痴や不満は
書くか、
誰かに話す事が一番!
LINEからでも大歓迎。
悩んだら
『CHARIS銀座人生相談』へ!




さて。
当店は、
感染防止策を徹底し
今年も元気に営業中です。

SyQcgeMjOw.jpg


エステティックこそ
非医療のストレスケアです。
みなさん。
辛くなる前にお越しくださいね。



当店の感染拡大防止策等はホームページ
【お知らせ】より是非ご覧ください。