昨年、私の設立したカオスフォレストが出した評論誌『カオスフォレスト遊』は、約50冊おかげさまで売れました。

 今回は、第2弾、『カオスフォレスト想』です!
思想の想、過剰に役に立つ思想を紹介する本になりました!( 今回も赤字値段w )

「5月6日 文学フリマ東京 
流通センター駅 11~17時 ヵ-28」
Screenshot_20190501-165639.jpg
 主なラインナップはこちらっ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・『なぜ批評は必要か』
私の非公開用メモを一部抜粋!
なんで評論なんて読むのさ!をブログ調で解説!モテたい人や金儲けしたい方、必見。
Screenshot_20190501-165819.jpg

・『プラグマティズム実践講義』
日本の大学であまり学べないアメリカ哲学の古典12冊相当を、約50ページに凝縮!私、フル単が3万円ぐらい払って文献を買い、半年かけて要約しました。

 分かりやすく使える、けど大学であまり学べない、実用哲学を日本人に大紹介!
Screenshot_20190501-170343.jpg
Screenshot_20190501-170635.jpg
Screenshot_20190501-170221.jpg
Screenshot_20190501-170313.jpg
Screenshot_20190501-170302.jpg

・『日本経済の生存戦略』『天才対談』
国の借金は増やせ!えーそれで景気がよくなるの?えー金儲けで、アレって嘘なんすか!?

巷のビジネス本じゃ、いかに儲からないかが分かる章。保守論客の門下生、ロルフが、「当たり前の経済」を語ります。

 ソシャゲ脚本家の私と彼の対談も記載。
Screenshot_20190501-165957.jpg
Screenshot_20190501-170027.jpg
Screenshot_20190501-170103.jpg
・『脱自己啓発宣言』

 ビジネス本やセミナーにカネを使いまくり、結局、儲かりもせず、幸せにもならなかったひでゆきが、なぜビジネス本では幸せにならないか?を書いてくれました。

 巷のビジネス本のカラクリがよく分かります。

 他にも、保守主義とは何か?やおすすめ本の紹介も載っています。
あまりに役に立つことが身も蓋もなく書いてあるため、本当に賢い人だけ買ってください。
Screenshot_20190501-170730.jpg
Screenshot_20190501-170739.jpg
Screenshot_20190501-170756.jpg
Screenshot_20190501-170828.jpg
Screenshot_20190501-170909.jpg

 
Screenshot_20181104-010548.jpg
 マスメディアは幻想を与え、
被為政者からオカネを巻き上げます。
 感情労働」は、最近注目されている新しい概念で、社会学者A・R・ホックシールドによる言葉だ!
相手の精神を特別な状態に導くために、自分の感情を誘発、または抑圧することを職務にする、精神と感情の協調が必要な労働のことを言っている。wiki参照。

 簡単に言えば、部活の体育会系の頑張りまくれば幸せという宗教の押し付けが、
ブラック企業や感情労働に結びついている可能性があるのです。

 与えられた「青春」が答えではないし、
正解じゃない❗
閉鎖的な空間で囚われ消費を刺激させる

若者へ届け❗ 君に届け❗

 青春という幻想がお前さんの思考を固くし、困惑させる社会が存在するというのなら、
彼はその幻想をぶち壊す❗

 Twitterの感情論かつ話を聞かない自称インテリたちの悲劇を漫画化していました。
 今回は、そのアニメver。
ホラーかつ風刺かつ幻想的な
今まで見たことのない作品になっています。
 1年前の腐敗した自称インテリらの描写ですが、2018年の現在にも刺さる内容だと思います。
 
 願わくば、インターネット上に、
建設的、感情論を抜いたインテリが
生まれて、いや皆なってほしい。
建設的なインターネットはあなたの心がけから始まっているのです。


↑このページのトップへ