17箇所15公演のバンド史上最大のロングツアーが終わりました


良い意味で凄く長くて短くて不思議なツアーやったなー


色んな事が思い出になって色んなタイミングで思い出せます



ステージの上でも話した事やけど今のこの時代バンドはツアーをする事が当たり前になっていて

それがどの規模感でやるのかとかはバンドによって違うけど、名阪は絶対行くっていう謎の風習にちょっと疑問を抱き始めて 


自分の地元でライブをするのを待ってくれてる子がいるのはどの地域も同じやのにって

 今のおしゃんの規模感ではちょっと無理してる感はあるけど自分達の気持ち優先でこのワンマンツアーを組みました

でも無理なんてしてないけどね
行きたいから行ってる、そこで沢山自信をもらいました


やるまで気付けなかった当たり前なことが沢山あるんです


東京でライブをしたら東京外の地域から来てくれる子が沢山居て
地方に出たらそこには待ってくれてる子が居て、そしてついて来てくれる子が居て
別の地域に行ってもそれは同じで
東京に帰って来たらおかえりって言ってくれる子が居て
またツアーに出るって言ったらいってらっしゃいって皆が言ってくれて 、待ってましたって言ってくれる子が居て


これは当たり前にしてはいけないって、 皆がいるからツアーが出来るんです、会いに行けるんです

いつだって主役は待ってくれてる子なんです


TFMホールってめっちゃおしゃんに合うと思わない??

めっちゃ音が伸びておしゃんの音楽に凄く合うと思うねん!

芥さんの声が凄く伸びて

天井の高さがうおーってなって

ホールがもっともっと似合うバンドになりたいな

でもライブハウスも似合うバンドでおりたい

って欲張りか!

セットリストは少しだけ長めのストーリー

終わりの始まりが今までとは全然違う位置に入ってるの

頭とか終わりの方に入る事が多かったのにTFMでは13曲目のど真ん中

急展開なストーリーで主人公大変

強い意志を持って飛び出して結果幸せになれたはず

なんて考えて演奏してたよー!

芥さんの考える物語は凄いよね
二転三転する



初めて芥さんの事をステージでお祝い出来てよかったよ!!


 皆も絶対そう思ってたはず!

どこでサプライズをしようかめっちゃ考えて

ひどいかお2の頭でサプライズしたら流れ変わってしまって芥さん怒らないかな?とか無駄な心配してました

それだけ流れにこだわりのある男やからね

でも喜んでくれて嬉しかった

最後の赤い糸終わった後の皆の大きい声で本当に泣きそうになった目に涙めっちゃ浮かんでしまってしかめっ面になった

悲しい事じゃなくて嬉しい事でそうなれるって凄く幸せ

皆本当にありがとうございました


発表事沢山ありました!


その1 Chantyワンマンツアー「ゆらゆら揺れる月明かり水面に映るキミとボク」決定!


その2 Chanty 1st Mini album
「タイトル未定」
2016年9月14日(水)発売決定!
※本当にまだタイトル未定です


その3 2016.9.16(金)TSUTAYA O-WEST Chanty3周年ワンマン  「Chantyの世界へようこそ」決定!



いつも映像なんかを使っておしゃれに発表してたけど今回は手作りの横断幕


色々考えたの!

考えた結果今のおしゃんに一番ぴったりな発表方法はこれしかないかなって

カッコつけるのが得意じゃないからさ

今までの自家製も手作り感満載でやってきた、それがおしゃんやからこの5人で出来る事で発表したくて


結果TFMホールのワンマンは本当に5人の力以外には何も加わってないよ

ただ5人を支えてくれてた人たちは沢山いるのね

制作の方、運営の方、照明さんにPAさん、テックさん、カメラさん、本当に沢山いるんです


ステージにいるのは5人やけど5人だけじゃない何十人もの人たちも一緒に作ってくれてたことに感謝しきれないです



同じチームできっと9月16日の3周年ウエストワンマンを迎えると思います

去年のワンマンの時より仲間が増えました

心強いぞ!

周年イベントは本当に大事にしたくて

メンバーの誕生日と同じくらい大事だっておしゃんの誕生日やもんね

周年限定グッズとかも今年は出すぞ!


もう3回目のウエストワンマン

3度目の正直でウエストをソールドさせたいっていう気持ちはメンバー一致してる

絶対ソールドさせる

弱い5人の強い意志です

おしゃん5人と皆でソールドさせたい

来てほしいです

おしゃんモバイルHPで先行受付やってるからね



 ダラダラと長く書いてしまって読み辛いと思うけど読んでくれてありがとう



桜はもう散ってしまったけど木の下で沢山の君に会えました

新しい物語は始まりました

これからも宜しくね