月別アーカイブ / 2019年01月



今日は、1年半ぶりに、昔からずーっとお世話になっている、品川の秦真治先生の元へ向かいました(╹◡╹)


今日は、涙袋と鼻筋のヒアルロン酸を足しました◎



めっっちゃ良い感じで、一気に人生にやる気が満ち溢れてキタ!!!
今ネイルもマツエクも可愛いし、あとはダイエット大作戦に突入して、髪も縮毛かけたら完璧だ(╹◡╹)


秦先生、いつも本当にありがとうございます!


T_G2C4fzto.jpg



仕上がりはこんな感じです!

ヒアルロン酸を極細で痛くないカニューレで入れてもらってるので普通にそのあとからメイクして盛れます(╹◡╹)最強!

ただ、アイライナーが出なくなっちゃってて、肝心なときにアイシャドウだけだけど、

明日からのメイクも楽しみすぎて幸せだ、、、





ちなみに、ずっと品川で鼻筋のヒアルロン酸やってるけど、日進月歩進化していて、今のは鼻筋も綺麗に作れるのでとてもお気に入りです
今の感じでここ3年かなり安定してる。

バンもん!のMVで言うと、NaMiDaくらいから1年半〜2年に1回でちょうどよい◎


よく、どこの病院でやりましたか?と
聞かれるけど、私はどこってこと以上に、
もも◎が信頼してる方にお願いしたい気持ちが強くて秦先生のいるクリニックに行くようにしてるので、ずっと品川スキンクリニックか、品川美容外科のどちらかです(╹◡╹)



昔のもも◎は、かなり整形顔に憧れがあったのですが、、、
長年、親身に秦先生が相談に乗ってくれて、やり過ぎそうなときは絶対止めてくれたこともあったり、率直な意見をくれたおかげで、いつのまにか我慢ではなく自分の意思でナチュラル志向になっていて、感覚が保てて本当に良かったです。


そして年々、自分のポテンシャルの範囲内で目指してる顔に限りなく近く安定してきてて、超幸せです。






整形しても美少女にはなれないし、周りは何も変わらないけど

昨日より自分を好きになれる。

自分の顔へのコンプレックスを乗り越えるのは、そんな毎日の積み重ねが大事だと思います。

人と比べないこと、

目標は"あの子より可愛くなること" じゃなくて、
"自分史上最高の美女"
になること!

最近の自撮りは昔から応援してくれてる人たちすら、ちゃんもも◎史上一番可愛いと言ってくれてて、日々の研究や心から溢れる可愛さや笑顔が大事だと感じる日々です◎


若い頃より今の方が可愛いし満足してるし男女問わず今の方がモテる(╹◡╹)笑



自分を好きになることは、もも◎の人生のテーマです。


アイドル なのに整形なんて!と思う方もいると思うし、もちろんその通りだけど、

私はどんな環境でも絶対に花を咲かせるよ
だからずっと見ていてね。



私はみんなの憧れるような、みんなが手を伸ばしても届かない、 高嶺の花 のようなアイドルにはなれないかもしれないけど、

コンクリートの上に力強く、ブリンブリンにゴージャスな大輪の花を咲かせて、下を向いて歩いていた通りすがりの誰かだってめちゃくちゃ元気にできる最高のアイドルになるんだから!!!




いつもありがとう!!

今夜は雪になるみたいだから気をつけてね☃️

もも◎は、ポンとアルバム全曲歌入れ完了記念に、2人で久々に少し打ち上げしてきます♡


ほなまた(╹◡╹)



タイ以降絶好調感のある2019年の大桃子さん。

メジャーデビューした2016年ぶりに盛れてる。

爆盛れしてツイッターで花ひらいたのが2013年だから、

3 6 9の法則が適用されている、、、!



タイ桃子🇹🇭

3wRBEz4Xjb.jpg
pitMtIk0iZ.jpg





明日は1年半ぶりのメンテナンスでヒアルとレーザーしてきます(╹◡╹)

なのでバージョンは据え置きです◎

お楽しみに✨


そのあとはアルバムのレコーディング◎

ゴッサマで色々考えて、とある方に発注したメロウでキラキラが溶けてくみたいな入りからの女の子らしさも盛り込まれた胸の奥に引っかかるような一曲

考えた歌割りにみんなの声が入るのも、仕上がりもとても楽しみ◎

どなたにお願いしたかも、

お楽しみにです(╹◡╹)


ほなまた✨

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8851.HEIC


お昼からブルーツインズの打ち合わせをしてポニキャン本社でバンもん!のアルバムの打ち合わせして、今はブルーツインズのレコーディング中!

レコーディング終わったらまた別のリリックを制作する作業して、まだまだ今夜もかかるのです。


タイのことも書きたいし、楽曲大賞もまだだし、細々と更新していかねば(╹◡╹)


今日もも◎が撮った写真(╹◡╹)
xEl0IVQtEY.jpg
8kEpjAxPEt.jpg
FxRbFRZCZP.jpg

↑このページのトップへ